企業イメージ戦略!プロデュースから教育まで

~企業のイメージが人の心を動かす!~
クリニック・サロン・店舗など人が集まるところには
心を動かせるハードとソフトのイメージが必要です。
「イメージづくり」からそこで働く人のイメージに相応しい「教育」を致します。


テーマ:

今月はクーロズドのセミナーで
「パーソナルブランディングセミナー」21日と24日に開催致しました。

どのような方々に受講頂いたかと言いますと

私が勝手にこの方のビジネスは「パーソナリティ」も商品にして
ビジネス構築されたほうがいいと思っている方々にお声掛けし

皆さん、やはり必要性を感じていらっしゃる方ばかりで
お声掛けし100%ご参加くださいました。

さて内容は・・・・・といいますと
かなり戦略的なブランディングの話です。


先ずはご自身がどうなりたいのか?
そこのゴールを決めていただきます。
それはビジネスだけでなく人としても・・・


ビジネスとしては「売上、規模、期間など」を元に数値にして考えて行くことが必要です。

漠然としているものは形になりません。

そして人としては「どういう人でありたいか?」

そこがパーソナルブランディングでは重要です。
いくら売上が上がっても規模が大きくなっても
自分の生き方と人としてどうありたいかとビジネスとしてどうありたいかが
かけ離れた「パーソナルブランディング」はあり得ません。

ご自身のビジネスと人としてのビジョンを見える化します。
そこがないとコンサルとしてもアドバイスは出来ません。
何故なら、「こうありたい!」と感じるのは私ではなくあなた自身だからです。

かつてイメージコンサルタントをしていた際も
私は「どうありたいか?」そこを聴きだすことにかなり時間を割きました。

今回もそこは重要です。
そして時が経てばまたその目標値は変わるかもしれません。
特に人としては変わらなくてもビジネスとしては変わりますよね。

「パーソナルブランディング」を活かしてご自身のビジネスに反映したいと
お考えの方へ
先ずはご自身のビジネスのビジョンと人としてのビジョンを明確にしましょう。

 

次は自分自身とビジネスを見える化する内容です。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今朝の中日新聞の「中日教えてナビ」に
ブランディングの専門家として掲載されました。


こちらは各分野の専門家が掲載されているサイトですが
企業ブラディング及びパーソナルブランディングに関して

様々なお悩みに専門家としてお答えいたします。
 

サイトよりお気軽にご質問などもうけたまわっておりますので
宜しくお願いします。

 

「中日教えてナビ」
http://oshiete.chunichi.co.jp/keyword/pro/?keyword=%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0&area=tokai&x=0&y=0

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

弊社が強みとしているオンリーワンの研修として

「ビジネスファッション研修」がございます。


「ビジネスとファッション?」数年前までは男性のスーツスタイルは

まだまだビジネスとリンクするイメージがなかったですが
ここ3年ぐらいで時代は一気に変わりました。


「ビジネスが出来る人」=自身の魅せ方も得意で印象をマネジメントできる人

そんな定義になって来ております。

それを物語るように私が2011年に「仕事ができる`キラリーマン’」を

出版させていただいた頃は重版がかかるようなジャンルではなかった分野が

今やコーナー取りまでされてます。

そして弊社が9年前にスタートしていた「ビジネスファッション研修」は

当時はご参加くださる方もご自身の見た目に
「何か言われるのか?」
「オシャレについてでしょ?」のスタンスで参加される方が多かったですが
最近では全くといっていいほど参加される方の取り組まれ方が違います。


ビジネスファッションを営業戦略と考えられ
その視点があればマーケティングにも長けているし

感度もいいというように捉えられていらっしゃいます。

さて「ビジネスファッション研修」は
先ずは必要性と効果を知り

その次にビジネスファッションのルールを知ります。


そしてその企業のブランディングとリンクするように演出する方法を

体験型で実施していきます。

単にオシャレ講座ではございません!


ビジネス効果を生むのが目的です。

 

企業のブランディングにおいて会社として考えられるブランディングと

ひとり一人に落とし込まなければならないブランディングがあります。

ひとり一人に落とし込むブランディングとして

「パーソナルブランでイング」があります。


それは見た目や日々のスピーチ、会話も含むアウトプットのブランディング、

もう1つが一人一人の価値観やモノの捉え方、思考クセなどを
意識したインナーブランディングです。

 

人はそれぞれ価値観も違いますし環境も違います。

それにより色々思考の差も生まれます。
但し、企業においては経営理念、ビジョンをもとに

デキる限り、同じベクトルの方がいらっしゃると統制が取れやすいです。

 

人口が減少している日本にとって
ひとり一人の社員のインナーブランディングを見える化して
そこを認めつつ、ベクトルを揃えることを企業の中の人財ブランディングとして

意識し人財育成という文化が根付くことも必要です。

先ずはブランディングの意識を社員ひとり一人に持って頂く為に

「ビジネスふぁっション研修」はおススメです。

詳細はこちらのHPに
http://ys-effect.co.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)