企業イメージ戦略!プロデュースから教育まで

~企業のイメージが人の心を動かす!~
クリニック・サロン・店舗など人が集まるところには
心を動かせるハードとソフトのイメージが必要です。
「イメージづくり」からそこで働く人のイメージに相応しい「教育」を致します。


テーマ:


ミスユニバース・ジャパン愛知大会における
スピーチタイム!

ひとりずつオープニングの登場から
水着で自己紹介
そしてドレスでは審査員による質問タイム!

ヘアメイクで周りを飾っても
スピーチはどうしてもにじみ出るモノ
話し方のクセ、トータルな品位が問われるもの・・・

短いビューティキャンプの間に訓練はしているものの
そこはなかなか身につきづらい

ではスピーチ能力を磨くには如何様にすればいいでしょうか?

スピーチでも今回のような自己アピールのスピーチと
コミュニケーションを円滑にとったり
自己を受容にしてのスピーチでは違います。

今回のような自己アピールのポイントは
①人を魅了するテクニックが必要
  言葉づかい、発音、声の出し方、視線、間・・・など

②内容
  心を打つ内容、自己中心的な内容では人の心を打ちません。

③華、又はオーラを放つ
  圧倒する雰囲気、場所や人の数に飲まれない

このような事柄が必要です。
舞台に上がると人が多くて上がる人もありますが
ライトが当たると意外に観客が見えないこともありますし
上がることを想定してはダメです。

「スピーチ」は日々の練習と意識です。

①において先ずは自分の今の姿を知ることです。
専門家に声や発音のクセ、視線、間の取り方
そして使いやすい言葉などを見てもらいます。

例えば大きさを表す時に
「すごっく大きい」というか「大変大きい」というか

心が揺さぶられるほど感動した際に
「めちゃ感動した」というか「たいへん感動いたしました」というか
などキレイな表現に変える訓練

また言いたいばかりに間を与えられない場合
人は聴きづらいです。
私は講師業とイメージコンサルタントの部分から
分析が出来るからこそ改善点が見えます。

顎が上がっているかどうかでも聞き手の受け止め方は変わります。

②内容
こちらは今、この場で求められていることを
端的にインパクトのある言葉で発信することです。

用意できることは事前にできますが
質問の場合です。予測不可能ですが
対処の方法はあります。

私はここ数年、対談などのコーディネートの役割も
大変多く行うのですが
それにもテクニックがあります。

よく聴いて頭の中でまとめて質問の意図を組む
そして意図を組んだら、自分として着地をどこにするか決めます。

例えば「あなたの美しさの秘訣は何ですか?、特別なことをしていますか?」

ここで聞かれいる表面的なことだけを答えると
「日々水素水を意識して取り入れています」とか
「洗顔を念入りにしております」になるかと思います。

でもそれでは表面的過ぎです。
「日常的なこととしては水素水を取り入れたり
洗顔などを意識はしておりますが、私が日々美を磨く為に
意識していることは、自分の中の美意識を磨くことです。
例えば今の時期の紅葉を見れる場所に行き、四季を感じたり
美術館に行き絵画を見たり、ステキな先輩女性とお会いしお話を伺ったり
毎日の何気ない中で、美学を学ぶ機会を設けるようにしています」など

ここでの着地点は
単に美容テクニックに留めず深いところに着地することです。

それにはまず、傾聴力を磨き
まとめることをするところからです。

こちらも訓練をすることでその能力は磨かれますし
先入観をいち早く取り除き素直に聴けることが大事です。

③そして華、又はオーラを放つ
こちらは①、②を身に付けて行く中で
自分のイメージトレーニングを行うようにしましょう。

その瞬間だけスィッチをマックスに出来るスキルです。

それにはできる限り服装や髪型やそれ以外で気にかかることを
事前に消してパーフェクトにしておくことです。

他に気になることがあると気が散漫してオーラを放つことはできません。

言葉の魔力でお相手が言われたインパクトのあるマイナス言葉に
頭がフリーズしないことを意識しましょう。
結構な割合でそれはありまして話を最後まで聞いてはいるけど
心で聴けない場合があります。

ミスユニバース・ジャパン東京大会では
「自身をブランド化するスピーチについて」レクチャーします!

ぜひスタイルを磨くように、肌を磨くように
自分自身のスピーチ能力を磨きましょう!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


<貴女自身の価値を最大限に活かして!
ステージで今の貴女のベストで魅了した先に・・・>
昨夜はミスユニバース・ジャパン愛知大会でした。
ここまでビューティキャンプがおよそ1か月行われ
私は3回目の今回はパーソナルブランディングの見地から
講師をさせて頂きました。

大会近くの日程でしたので
彼女たちもかなり追い込まれてる状態で
この大きなステージへのプレッシャーやら
№1になりたい想いや様々なものを抱えて
講義を受けてくださってました。

皆さん一人ひとりのビジョンを伺いました。
20代前半でここまで自分の人生について考える機会も
このようなことがないとないかもしれません。
でもそれを真剣に考え今の自分の価値を最高に演出することが
一番後悔しないとお伝えしました。

環境や経験値の差で様々スキルに差はあります。
身長だけでなく顔かたちも
その違いをキチンと受け入れて
それを受け入れた上で「ミスユニバース」として
相応しい女性はどのようなことか考え自分自身の
考え方、話し方、姿勢、水着姿、ドレス姿、SNSの上げ方まで
全てを「ミスユニバース」というブランドに向けて
足りないところは短期間ではありますが突き詰め
今の自分の最高で観衆を魅了できるようにお伝えしました。

実は昨年もこの講師で関わらせて頂いたファイナリストもいらして
その彼女たちは昨年私がアドバイスしたことは
1年かけて改善されていたりしました。

講義の中でも一年意識し続けたと・・・
もちろん大会で選ばれることも大事
でも現実は一人だけ、その中で事実をどのように
活かして次の自分のステージへ向かうかは
トップになられてもなられなくても同じかもしれません。

チャレンジする姿に毎回、感動を頂く
「ミスユニバース・ジャパン愛知大会」です。

今年は引き続き「ミスユニバース・ジャパン東京大会」
も講師として参画!
そちらでは当日、最高の自分を魅せることの
直接的レッスンを行いたいと思い5時間ずつのハードレッスンを(笑)
連日行う予定です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)