企業イメージ戦略!プロデュースから教育まで

~企業のイメージが人の心を動かす!~
クリニック・サロン・店舗など人が集まるところには
心を動かせるハードとソフトのイメージが必要です。
「イメージづくり」からそこで働く人のイメージに相応しい「教育」を致します。


テーマ:

イメージ戦略プロデユーサーの余語まりあです。
弊社では経営者の為のブランド構築として

コンサルティングがございます。

経営者と言っても創業社長から数代目という社長まで
様々な社長がいらっしゃいますが

その中で創業社長が創り上げて来たところで
さて自分は会社のトップとしてどう魅せれば

例えば
「社員にとっていいのか?」
「対企業に対していいのか?」
「世の中に自社を広めるにはいいのか?」など

社長の見た目から発言から発信しているモノから
全てをトータルでコンサルティングさせて頂きますのが
私の仕事です。

弊社も研修事業などもございますが
こちらは私しかできない業務です!

効果はどのようなことがあるかと言いますと
大きく3つです!

1トップのブランドイメージ構築

 右矢印企業拡大チャンスUP
 右矢印企業イメージの確立し知名度・認知度UP
 右矢印信頼度UP

*なぜなら目に見えるかすることでわかりやすくなるから

2社員へのイメージ定着化

 右矢印社員がそこで働く動機づけが出来る

 右矢印社員のモチベーションが上がる
 右矢印社長の言葉を代弁できる

3社長のコンサルティングだからこそのケア

 右矢印棚卸をすることで振り返ることが出来る
 右矢印パーソナルだからこそ話して頂いて楽になれる
 右矢印俯瞰してのアドバイスとして取り入れて頂ける

特に3に関しては
ヒヤリングをさせて頂く中で
毎回お声を頂くところです。

単にテクニック的なところもございますが
ご自身を今一度振り返る機会として捉えて頂いている場合が多いです。

ある企業様では
無意識にトップが口にされる言葉が
社員の不満になり働く意欲を低下させている場合がございました。

ご本人としては無意識ですし
価値観です。

経営者なので独自の価値観を物差しとして
持つことは必要です。

しかしその物差しの伝え方を誤ると
それは凶器にもなりえてしまうのです。

ご自身の価値観を持って経営にたずさわることは大事です。
しかし、社員を人を動かす時には

その使い方が大事です。

私はヒヤリングなどを通してその全部をお聞きする中で見つけて
分析していきます。

<流れ>としては下記のような手順を踏みます。

1ヒヤリング

今までの経緯を全てお聞きし棚卸をさせて頂きます。

その次にイメージゴールの設定、課題の明確化
そしてご自身が大事にしていて譲れない価値観を気づいて頂いて

経営者、リーダーとしてのブランドイメージ構築、
それを拡散して行く為の魅せ方などを戦略的に確立していくためのヒヤリングです。

        120分×2回

2イメージの分析・解説

目から入る情報=骨格、体型、肌の色、お顔のパーツ、表情、立ち方、所作など
耳から入る情報=声、話し方、スピード、トーンなど
内面からの情報=心の中にある価値観、こだわり、独自性など
社会的な情報=企業として求められているポジション、意義、外部からの評価など

それを客観的に分析し、解説致します。

それを踏まえて「どのようにしていったらいいのか?」

経営者の目的を叶える「ブランドイメージ構築」をします。

3実践的なトレーニング

優先順位に基づきますが
例えば服であれば目的別のスーツのコーディネートを提案し実施していただきます。

スピーチトレーニングであれば
ご自身のことを効果的に話せるスキルを身に付けて頂きます。

その他社交的なビジネスシーンでのマナーをはじめ
あらゆることのトレーニングを開始致します。

4自らがイメージ戦略を出来るように!

トレーニングを踏んで頂くことで
自らのイメージゴールを設定し
その為に自分自身をどのように魅せて行くといいのか

その考え方や実際のテクニックと連動して行えるようになる
究極、私がいなくても実現できるようになるのが理想ですが

継続的に関わらせて頂くことで
その時々の問題点を解決させて頂きます。


これからの時代は
経営者のイメージが企業のイメージで

リクルーティングや定着する人材へ
人財に対しての意識がまた企業の原動力になります。


又社会的な意義、企業の信頼性、認知度、独自性が
企業成長に繋がります。

「経営者のイメージ戦略」は侮れません。

どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
http://ys-effect.co.jp/contact


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

8日、24日とある企業様の研修をさせて頂きました。
研修終了時にその企業の代表がご自身の想いと
数多くいらっしゃる講師の中で「なぜ私に?」ということを
社長様が研修時にお話頂いたことが大変有難くってその・・・
講師をさせて頂きながら、毎回沢山のギフトを頂戴しております。

「なぜ私に?」という中で
今日の話をお伝えしますと・・・
その社長は「ビジネススキルについて教えている講師は正直沢山いる。
でも余語さんにお願いしたのはピュアで弊社の考え方や取り組みを
十分理解してノウハウじゃなく心から伝えてくれる」と・・・

昨年、そちらの企業様で取り組まれている大きなイベント内でもレクチャーをさせて頂いたのですが、その講座内での感想もお話下さり
私としては研修最後にひと言お願いしたのにも関わらず
私に最後にこのようなギフトの言葉で感無量でした。

私が研修を行わせて頂く前に実はかなり事前やりとり、打合せなどを
重ねて研修に望ませて頂くことが多いです。

それは企業様が単に研修の一コマをご依頼ではなく
弊社にご依頼ということは、「企業のブランド力を強化」されたいからこそのご用命だとひしひし感じるからです。
その為に打合せでヒヤリングをさせて頂く中で
問題点が見つかって、最初にオファー頂いた内容ではなく
こちらの方が宜しいかと!というような提案もさせて頂きながら
企業の代表の考える自社の社員像を作るお手伝いをと思っております。

研修に色々な角度から期待される企業様も多いです。
・スパルタでビシビシ
・モチベーションUPで
・元気よく、ノウハウ徹底的に
それぞれ良さがあります。

その中でご依頼を頂くお声を頂戴して
私が行う研修は「企業のトップの想いを具現化し、社員ひとり一人の中に会社への想い、個人の人生のあり方を目覚めさせ、自ら考えて動ける社員育成」を毎回ヒヤリング等で時間は事前に費やしても
それが‘ブランディングコンサルも併用している弊社だからこその
‘強み’だと気づかせて頂きました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)