企業イメージ戦略!プロデュースから教育まで

~企業のイメージが人の心を動かす!~
クリニック・サロン・店舗など人が集まるところには
心を動かせるハードとソフトのイメージが必要です。
「イメージづくり」からそこで働く人のイメージに相応しい「教育」を致します。


テーマ:

イメージ戦略プロデユーサーの余語まりあです。

そろそろ新入社員も現場に配属され慣れだしてきているモノの
五月病などが出ている社員もいませんか?

人はどんな時に頑張れるかというと
成功体験を積んでいる人ほど
そこをイメージできるので頑張れるものです。

成功イメージを持っている社員は
指示をされてもその受け止めそこに向かって進めます。


ただ成功イメージがもてない社員は
何のために言われているのかが落とし込めないので

動くことが出来ません。

そんな時どうしても差が出来てしまうのです。

部活でも勉強でも好きなことでも頑張って苦しんでも
何かその先に結果を出せて人は

その成功イメージをすべてにおいて持てるので
成功へ近づけるのです。

昔は勉強が出来なくても運動会で活躍できる子
少し変わっている子でもムシのこととなると博士ぶりの知識のある子
勉強もできないし先生からもよく怒られるけど
何故か親分肌で男子には慕われてた子など

様々なところで成功体験を得ていたのですが
昨今、学校教育で運動会では順位をつけないでも
偏差値の世界はあるなど


認められるところが限られたことで
成功体験を積んでいないまま大人になってしまった人が増え

そして就職を迎えています。

上司にすると自分で考えて動けと思っていても

成功イメージがモテない者にとってそれは難しいことです。

ならば少し過保護気味ではありますが

指示を細かく段階的に成功を収めるような方法で
成功体験を積めるような育成方法が必要になります。

自分が学んだ人材育成をそのまま当てはめるのではなく
時代が生んだ今の若い方々に

わかりやすい!成果を出させるリーダーシップを意識してみてくださいませ。

「小さな成功体験から大きな成功イメージへ!」


ぜひ詳細などにつきましては
HPをご覧くださいませ。
http://ys-effect.co.jp/


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

イメージ戦略プロデューサーの余語まりあです。

最近経営者にお会いするたびに人材のお話を口々にお聞きします。
これだけ多く口にされるということは
本当に「人財」にしなくてはと思っている経営者が多いという事ではないでしょうか?

では人材を「人財」に変えるという事はどのようなことなのでしょうか?

それはひとえに企業の想い、トップの想いを具現化して

行動してくれる社員ではないでしょうか?

具体的には電話応対ひとつにしても
トップの想いを感じていたらおのずと声のハリも違ってくるでしょう。

営業も自分のことだと飛び込めなくても

トップの想いを伝えて関心を持ってもらうと思えば
力が湧いてくるのではないでしょうか?

それにはまずトップが魅力的な人間であることも然りですが
その魅力が社内に広がってなければ
伝えることになってません。

少ない社員の時はいいのです。
社長であるトップが自ら動き声掛けしフォローもできるから

しかしある程度の人数を越えるとそこから
上手く伝わらなくなってきます。

その時では遅いのです。

その前にまず魅力的なトップの想いを具現化する
内容をまとめて社内で人材を育てて行く仕組みを作らなければなりません。

外部講師が携わることで
トップの想いを引き出し、社員に伝えたいことを
具体的に社員の業務の中に落とし込んでいくコンサル・研修をしております。


ぜひ詳細などにつきましては
HPをご覧くださいませ。
http://ys-effect.co.jp/

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

イメージ戦略プロデユーサーの余語です。

最近中小企業の経営者の方々にお会いすることが多いのですが

口々に話されるのは社員さんのこと!

それも悩みとして・・・

想いが強い経営者ほど、社員さんへの想いがあり
共通しているのがその人たちを批判するのではなく

なんとか仕事の楽しさを知って欲しいという願い
成長することの楽しさを知ってほしいという願いです。

こんなにトップが思っていることを
その社員さんたちは知っているのでしょうか?

もしかするとクビにしてしまう方が会社的には早いのかもしれないのに
大変悩まれてます。

ではなぜそういう事が起こるのでしょうか?

一つは採用時にわからないこと!
又は今はこうでも会社で変えられると感じたからなど・・・

スキルとして物事を教えるにしても何にしても
マインドの土壌が耕されてないとそこに何か植えようとしても
苗さえ植えられません。

ただそういってすべて切り捨てていくというのも

いかがなものか・・・

人間と動物の大きな違いは
「進化しようとする」というところです。

だから猿人類から人間になったわけで
他の動物はずっと同じです。


ならば本来の人間の中に最低、そして最高の能力は

「進化すること」

それは現在の風体になっていても然り
進化というより成長はしようとするのです。

ではなぜ「進化しない社員」が存在するかというと
進化を止める何かブロックがかかっている社員だからです。


それが過去の様々なキャリアからそういう思考になっているのです。

だったらそのキャリアにを見直しましょう。
モノの取り方考え方を変えるだけで
見えてくる世界が変わります。

そのきっかけを行うのも実は講師の仕事です。

研修で基本的なスキルをお伝えするならば
マニュアルがあればいいのですが

社長の悩みの種である社員を変えるというのは
基本的なビジネス講師スキルとはまた違い独特です。

でも何か心のカギを開けて行き
そこに吸収してもらうまで向き合います。

今月もそのような研修が来週よりはじまります。

社員に悩む社長に!
仕事に悩む社員に!
少しでも風通りがよく外部講師が入ることで
想いのかけ違いがおきていることを
解決して行きたいと思っております。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)