• 29 Dec
    • 【保存版】2016年までのオンライン英会話活用法まとめ

      今年も、残すところあと2日!   1年を振り返りながら、新年には英語学習や、その他新しいチャレンジをしたいと考えている方も、多いのではないでしょうか?   僕自身、36歳から英語学習を本気でやろうと決めたタイミングは、お正月でした。   今この時期は、今までの自分を一旦リセットして、アップデートして、新しくスタートさせるには、最適ですよね。   英語学習法の中で、僕が力を入れてきたのが、オンライン英会話とTOEICです。   オンライン英会話は、僕が始めた2010年に比べて、ユーザー数は、文字どおり桁違いに増えています(レアジョブ英会話を例に挙げると、2010年に5万人突破、2016年現在では40万人突破と、約8倍に増加)。   ただ、これらは無料累積ユーザー数で、2014年6月に公表された約23万人に対して、有料アクティブユーザー数は約3万人。   この乖離に驚きました。せっかく始めても、長く続ける人は思ったより少ないのかな、もったいないな、と思いました。   続けられなかったのか、充分身についたので卒業したのか、いずれにしても、手軽に始められる分、多くの人にとってやめるのも手軽という側面はありそうです。   オンライン英会話は、いくつかの工夫で有効に活用できますし、費用も時間も抑えて、成果につなげることができます。   そんなわけで、過去に書いた記事の中から、オンライン英会話活用法のリンクを、まとめて掲載します。   2017年に向けて、「これ、役立った」と感じて行動していただけたら、とても嬉しいです!     レアジョブを7ヶ月続けてみました。   楽しいレアジョブの続け方   レアジョブのレッスンをビジネス英語につなげる7つの方法・前編   レアジョブのレッスンをビジネス英語につなげる7つの方法・後編   オンライン英会話で、僕が一番夢中になった、仕事にも活きているレッスン   オンライン英会話のトリセツのはじめに、常に書いておきたいこと   誰でもできるオンライン英会話活用のコツ1選〜チャットボックスを利用しよう!〜         ★オンライン英会話活用塾「ウレシトーク」が開講しました★       *****************************   ☆新刊『36歳からオンライン英会話をはじめたら英語で仕事ができるようになりました』(KADOKAWA)が発売されました☆ 36歳からオンライン英会話をはじめたら英語で仕事ができるようになりました 1,404円 Amazon     ******************************     ★ランキングに参加しています★ ブログを書いていく励みになります。 応援クリックをどうぞよろしくお願いいたします!  にほんブログ村

      1
      テーマ:
  • 12 Nov
    • 【新コラムUP】オンライン英会話でうまく成果が出せる人たちの、3つの共通点

      RareJob English Lab by レアジョブ英会話 で、新しいコラム記事をアップしていただきました♪↓【オンライン英会話の講座#5】オンライン英会話でうまく成果が出せる人たちの、3つの共通点オンライン英会話は自由度が高い学習法なので、生徒側の受講の仕方によって、成果は全く違ってきます。ベストな方法は、人・目的・レベル・優先したいスキル・生活環境などによりさまざまですが、その中でも「この3つは外せない!」という、うまくいく人の共通点について、書きました。ご一読いただけたら、大変嬉しいです!★オンライン英会話活用塾「ウレシトーク」が開講しました★***************************** ☆新刊『36歳からオンライン英会話をはじめたら英語で仕事ができるようになりました』(KADOKAWA)が発売されました☆36歳からオンライン英会話をはじめたら英語で仕事ができるようになりました1,404円Amazon  ******************************   ★ランキングに参加しています★ブログを書いていく励みになります。 応援クリックをどうぞよろしくお願いいたします! にほんブログ村

      1
      テーマ:
  • 23 Oct
    • 今日からできるオンライン英会話活用のコツ1選〜チャットボックスを利用しよう!〜

      オンライン英会話は、年々人気が高まっています。レアジョブ英会話の累計ユーザー数が40万人以上、その他にも、数十万人、数万人規模のユーザーを誇るスクールもどんどん出てきています。安価で手軽に、深夜早朝でも自宅や出先で、英語力の高いフィリピン講師を中心とした高品質な英会話レッスンを受けられるというのが、人気の理由です。その一方で、オンライン英会話に興味がありながらも、ハードルが高いと感じてはじめるのを躊躇っている方や、はじめたものの活用法がわからずに続かない方も、いらっしゃいます。そこで今回は、オンライン英会話をはじめたり、続けたりする上でのコツについて、書かせていただきます。そのコツとは、チャットボックスの活用です。  ※拙著『36歳からオンライン英会話をはじめたら英語で仕事ができるようになりました』でも触れていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。チャットボックス活用のメリットは、大きく4つあります。●メリット1聴き取りにくい箇所を文字で教われる先生の話す英語が聴き取れない時に、先生にチャットボックスに書いてもらい、文字で読んでみると知っている単語だったりすることは、多いです。知らない単語でも、Weblolioや英辞郎などのWebの辞書で調べれば、問題なく会話が続けられますからね。●メリット2先生からのフィードバックを記録に残せるレッスン中、自分が改善した方がいい点や、初めて学んだ語彙、言い換えの例などを、先生にチャットで送ってもらえば、後で復習をするのに、とても役立ちます。口で言ってもらった英語とアドバイスを自分でリアルタイムにメモを取るのは、英会話に慣れていない人にとって、なかなか大変です。先生に、キーワードだけでも残してもらえると、チャットボックスが、今後の改善材料の宝庫になります。●メリット3ライティングの練習ができるチャットボックスで、先生と英文チャットのやり取りをしたり、あらかじめ自分で書いた英文を送って先生に添削してもらうことで、ライティングの練習ができます。今の時代は、仕事の現場でもメールやチャットで英語をタイピングする機会が増えています。チャットボックスを使えば、オンライン英会話でその練習もできるのです。●メリット4外部の資料を先生にシェアできるオンライン英会話各スクールには、優れた教材が多数用意されています。ですが、より自分にとってパーソナライズされたレッスンをしたい場合には、自作や外部と素材(仕事で使うプレゼン資料のダミーや、趣味のニュースサイトなど)を、URLや添付資料で先生に送ることで、それが可能になります。いかがでしたでしょうか?オンライン英会話は英会話のレッスンですが、音声だけに頼らなくても、チャットボックスをサポートツールとして利用することで、ハードルが下がりますし、より効果的なレッスンにできます。ご参考にしていただけたら、大変幸いです♪★オンライン英会話活用塾「ウレシトーク」が開講しました★☆新刊『36歳からオンライン英会話をはじめたら英語で仕事ができるようになりました』(KADOKAWA)が、発売になりました☆↓36歳からオンライン英会話をはじめたら英語で仕事ができるようになりました1,404円Amazon★ランキングに参加しています★ブログを書いていく励みになります。 応援クリックをどうぞよろしくお願いいたします! にほんブログ村

      8
      テーマ:
  • 13 Aug
    • レアジョブのEnglish Path記事上で、【オンライン英会話の講座 】スタート!

      以前から、レアジョブのオウンドメディア「English Path」で、コラムを書かせていただいていました。そしてこのたび、一昨日アップされた記事から、新しく「オンライン英会話の講座」がスタートしました!↓【オンライン英会話の講座#1】〜目的別とっておきの講師の選び方〜記事上でご質問・お悩みにお答えする形式をベースに、オンライン英会話学習に関する工夫を、一つ一つ書いていきます。オンライン英会話は、今ある英語学習法の中で、一番いいものの一つだと思います。でも、多くの人にとってはまだまだ、始めるハードル、続けるハードルがあって、それらを解決するコツ・工夫を知れば、安心して始められたり、回り道をしなくて済んだり、効率的・効果的にスキルを身につけられたりすると思うんです。そんな理由から、始めました。記事を一つ一つ読むことを積み重ねていただくと、すぐに実践できて、オンライン英会話学習のコツが蓄えられていく内容で作っています。第一回は、講師検索についてです。ご参考にしていただけたら、大変嬉しいです!★オンライン英会話活用塾「ウレシトーク」が開講しました★★ランキングに参加しています★ブログを書いていく励みになります。 応援クリックをどうぞよろしくお願いいたします! にほんブログ村

      3
      テーマ:
  • 02 Aug
    • オンライン英会話ユーザーが一番欲しいアプリは、ぶっちゃけコレです。

      今の時代は、スマホで英語学習をすることができて、とても便利です。アプリも、英単語、文法、発音など、いろんな種類のものが無料から数百円で手に入ります。オンライン英会話のレッスンも、スマホで受講できます。僕もスマホで時々やっているのですが、その時に、オンライン英会話のユーザーが一番欲しいアプリはコレだと確信したので、今回はそのことについて書いていきます。まず結論から。オンライン英会話ユーザーが一番欲しいアプリは、オンライン英会話のアプリです。次に理由です。スマホでオンライン英会話は、すごく楽しいんです。景色をカメラで写して先生に見せたり、普段と違う状況でできるので、先生も喜んでくれますし。スマホでオンライン英会話、超おすすめです。でも、ハードルは高いんです。パソコンなら教材やWebページを別ウィンドウで開いたり、チャットボックスに文字を打ったりできますが、スマホだとそれらがほとんどできないことが、理由の(あくまでも)入り口です。慣れるまでは、結構きついと思います。ここで、スマホだからしょうがないよ、と片づけると、それ以上には広がらないです。今、10代〜20代前半の人で、パソコンを持たない、またはほとんど触ったことのない人が増えています。社会に出て、仕事で初めて使うという人も、少なからずいます。これからも、その傾向は加速するはずです。スマホで何かしらのサービスを使う時、アプリもブラウザも使えるなら、多くの人がアプリの方を使いますよね。スマホでWebブラウザとSkypeアプリを使うのは、その時点で操作が煩雑なんですね。そこに加えて、慣れない英会話をやるのでなおさら。操作のストレスは1ミリでもなくさないとつらいんです。オンライン英会話のレッスン受講に必要な作業を、アプリ一つでできるもの。アプリだけ開いて、Skypeの通話も、予約も受講履歴確認も、教材も、チャットも、全部そこから使用できるようなもの。オンライン英会話は、先生に依る部分がすごく大きいのですが、デバイスを使ったサービスなので、ユーザビリティを1ミリでも2ミリでも向上することは、レッスンの効率、効果に直結するんですよね。そのようなオンライン英会話のアプリを作るのは結構大変だと思うのですが、ここにチャレンジするどうかで、ユーザーの英語学習体験を向上させることにどこまで向き合っているかが感じられるかもしれません。その一点で、数あるスクールの中から選ばれる理由になり得ます。僕以外のユーザーさんも何人か熱望していたので、期待したいと思います!★オンライン英会話活用塾「ウレシトーク」が開講しました★★ランキングに参加しています★ブログを書いていく励みになります。 応援クリックをどうぞよろしくお願いいたします! にほんブログ村

      5
      テーマ:
  • 01 Aug
    • 【雑誌掲載】日経ビジネスアソシエムック本『日本一やさしい英語勉強法』

      明日発売の、日経ビジネスアソシエのムック本『日本一やさしい英語勉強法』にご掲載いただいています。2年前の記事の再掲なので、写真がちょっと若い…?オンライン英会話学習法も英語学習法も日々変化する中で、また載せていただけるのは、大変ありがたいです。僕がオンライン英会話学習に関して、2年前と変わらず大事だと思っていることが、2ページにしっかり収められています。書店さんでチェックしていただけたら、嬉しいです!★オンライン英会話活用塾「ウレシトーク」が開講しました★★ランキングに参加しています★ブログを書いていく励みになります。 応援クリックをどうぞよろしくお願いいたします! にほんブログ村

      テーマ:
  • 29 Jul
    • オンライン英会話学習には、やっぱり工夫が必要です。

      最近、仕事で英語を使わせてもらったり、オンライン英会話のレッスンを受ける中で、改めて感じていることがあります。それは、オンライン英会話のレッスンをうまく、有効に活用するには、やっぱり工夫が必要だということ。レッスンだからといって先生に任せっきりにして25分なり50分なり過ごしても、その時間を濃くて有意義なものにするのは結構難しくて、その状態で回数をたくさん重ねても、なかなか上達しづらいんですね。目標設定や予習復習、自習が大事なのは前提ですが、レッスン中も、ちゃんと集中して、予めプランというかその日の作戦を持っておくといいです。また、思い描いたとおりに積み上げてステップアップしていけるようにするのにも、工夫が必要です。オンライン英会話の内容は基本的にワンレッスンごとにリセットされるからです。もう一つ大事なのは、レッスンを楽しむこと、充実感を持たせること。ですが、慣れてくると飽きてきたり、今のレベルに満足してしまったりすることは多いので、これも一工夫あると違ってきます。でも、これらを一人でやるのは大変なので、僕もブログや本などで文字を使って、またセミナーなどで人前でお話しする手段を使って、お伝えしたりしています。オンライン英会話は、やりようによっては、やっぱり一番いい英語学習法の一つだと思っています。ちゃんと必要とする人のところに届いて、自分の使いたい場面で英語を使えるようになる人がどんどん増えたら、最高ですね。僕もがんばります!★オンライン英会話活用塾「ウレシトーク」が開講しました★★ランキングに参加しています★ブログを書いていく励みになります。 応援クリックをどうぞよろしくお願いいたします! にほんブログ村

      6
      2
      テーマ:
  • 28 May
    • 嬉野さん、レアジョブ以外のオンライン英会話は、どうですか?

      緩いタイトルで恐縮です。これ、雑誌の取材や、セミナーなどで、とてもよく訊かれる質問なんです。僕は6年前にレアジョブ英会話を始めて、それから休会したり再開したりしながらも、オンライン英会話はずっとレアジョブなんですね。なのでそのような質問をいただいた時には、「僕はレアジョブしか使ったことがないのですが、ここはこんな特徴があって、ここはこんな特徴があるようなので、自分に合ったところを選ぶのがいいと思います」とお答えしています。オンライン英会話サービスを提供する会社はどんどん増えているので、どこがいいのか迷われる方は多いと思うのですが、できるだけ早く決めて、本腰を入れて始めて、活用し倒した方がいいと思います。その理由は、オンライン英会話だけでは英語学習は完結しないですし、いくつか比較した上で「ここだ!」と決まるところがない場合、もしかするとその人にとってはオンライン英会話とは別にベストな学習法があるかもしれないためです。僕が始めた当時、オンライン英会話は革命だと思いましたし、今でもそう思いますが、形は変わってきています。レアジョブ本気塾のようにオフラインと組み合わせて自習と進捗管理と成果と期限を盛り込んだものもその一つでしょうし、アプリなど他のツールと組み合わせたり、書籍と組み合わせたりと、様々な試みがされています。今後もそのような変化は起きていくでしょうし、オンライン英会話以上に革命的な学習法も出てくるかもしれません。その時々で大事なのはきっと、「これだ!」と信じられる方法に出合って、時間を忘れるぐらいハマって、没頭できることだと思います。それが僕にとってはレアジョブ英会話やTOEICやiPhoneを使った学習だったので、ラッキーでもありましたし、逆に言えば36歳までにはそこまでハマる英語学習法に出合えなかったんですね。「レアジョブ以外はどうなのかな?」「TOEIC以外はどうなのかな?」と迷わないぐらいに没頭する状態になれることが、ポイントなんでしょうね。必ずしも最先端技術を使ったり目新しいものでなくても、形を変えたり組み合わせを変えた時に、「これだ!」となることもあるので、今後も様々な教材や学習法が生まれていくこと、その競争の中で質が高まっていくことは素晴らしいですし、そのために頑張っている人たちは、素敵です。その人たちのおかげで、僕は英語を少しずつ使えるようになり、多少自信も持てるようになりました。結論。レアジョブでもレアジョブ以外でも、そんなふうに思えるところを選びましょう!★オンライン英会話活用塾「ウレシトーク」が開講しました★★ランキングに参加しています★ブログを書いていく励みになります。 応援クリックをどうぞよろしくお願いいたします!にほんブログ村

      2
      テーマ:
  • 15 Apr
    • オンライン英会話のトリセツのはじめに、常に書いておきたいこと

      オンライン英会話のレアジョブを受講し始めたのが2010年の4月なので、それから6年が経ちました。途中で休会したり、結構さぼったりもしていますが、割と長く続けさせていただいています。英語学習本を2冊出版(今年3冊目が出ます)、雑誌に10回以上取材していただき、学習法の講義や登壇を約30回行い、コラムを約40本書かせていただいてきました。中年の会社員が仕事をしながら、オンライン英会話やTOEICで勉強して、仕事で英語を使える状態になるということを、特にオンライン英会話については、たくさん話して、書いて、活字になってきました。オンライン英会話の活用方法、学習習慣を身につけるコツ、仕事で英語を使うために必要なこと。いろいろありますが、それらの根っこにある、6年前からずーっと変わらず毎回毎回のレッスンで大切にしていることを、今回は書かせていただきます。大切なことは、二つあります。まず、自発的にレッスンを受けること。受けるというより、先生と一緒にレッスンを作っていく感覚です。どの教材、どのスクール、どんな先生を選べばいいのか?というご質問をいただく機会は、よくあります。それらも大切なのですが、どの選択をしたとしても、レッスンで一番大事なのが、「自発的に」という部分だと思っています。オンライン英会話は、マンツーマンで、自由度が高く、先生に厳しく出来や進捗を管理されないところが多いです。そのため、レッスンをたくさん取ったとしても、流しながら手を抜いて受けることも、容易にできてしまうんですよね。同じ25分間でも、薄くも濃くもできるし、それは生徒次第なんです。教材でわからないところがあったら納得いくまで質問するのか、先生からもらった指摘を聞き流すのか徹底的に復習するのか、スクールのシステムをどこまでうまく活用するのか。レッスン中、常に前のめりになって、先生の言うことに耳を澄まして、こちらも口からできる限りの英語を出して、教材の使い方も自分の望む英語につながるように工夫して。そんなふうに臨むと、得られるものの濃度は高いです。もし、同じ教材、同じレッスン回数を受けているのに今一つ伸び悩みを感じるようでしたら、この点を行動として取り入れてみてくださいね。もう一つは、オンライン英会話の先生に、尊敬と労わりの気持ちを持って、それを先生に伝えることです。これは、英語学習と関係ないと思われるかもしれないのですが、大ありです。オンライン英会話は、先生がすべてと言ってもいいぐらいです。なので、その先生とレッスン中にいい関係、いい空気を作れるかどうかは、レッスンが楽しくなるかどうかというだけではなく、身につけられる英語スキルそのものに、直接影響します。先生がレッスンを連続で提供したり、声がかすれていたりしたら、"Are you OK? Please take a good rest."と伝えたり。いいフィードバックをいくつももらえたら、"I have learnt a lot of things from you. I really respect you!"と伝えたり。レッスンが終わった後、チャットで"Thank you for your fruitful lesson! I can't wait for the next one!"と伝えたり。大事なのは、心で思うだけではなくて、英語で話したり書いたりして、アウトプットで先生に伝えることだと思います。今回書かせていただいたのは、性格とか姿勢というよりも、成果につながる行動や技術ですから、誰にでも真似できることですし、実行すると結果が変わってきます。ご参考にしていただけたら、とても嬉しいです。★オンライン英会話活用塾「ウレシトーク」が開講しました★★ランキングに参加しています★ブログを書いていく励みになります。 応援クリックをどうぞよろしくお願いいたします! にほんブログ村

      2
      テーマ:
  • 29 Sep
    • レアジョブの効果と、オンライン英会話スクールの選び方・2016年版

      今回は、レアジョブ英会話の効果について改めて、また、オンライン英会話スクールを選ぶポイントの2016年バージョンについて、書いていきます。●レアジョブの効果まずは、レアジョブ英会話の効果について。このブログを読んでくださる方にとって、関心の高いことのようですので、改めて。オンライン英会話とするとちょっと広いので、僕が実際にレッスンを受講してきた、レアジョブとします。●英語が話せるようになるかどうか?これは、なります。レアジョブでは、週数回、英語だけで、フィリピンの講師と一体一でレッスンが行われます。英語を話さないことにはレッスンは進みませんから、その過程で、いろんなパターンを実体験として身につけて、英会話ができるようになっていきます。僕の周りの方々も、レッスンを継続されるうちに英語だけで話す場でも問題なく意思疎通できるようになる方が多いですし、仕事で英語を使うようになる方も増えてきました(僕もその一人です)。企業での導入事例も増え、レアジョブのサイトには、導入後に社員さんが仕事で英語を使えるようになったという記事がいくつもあります。●ただし…効果を出す上で大事なことはいくつか考えられますが、今回は一つだけ書きます。一言で言うと、「ハマること」です。オンライン英会話が流行っているらしい、レアジョブが業界でナンバーワンらしいと聞いて始めるのは、きっかけとしてはとてもいいと思いますが、その後実際に始めて、「これはイイ!」と思って取り組めるかどうかで、効果は違ってきます。英会話を身につけるベストな方法はきっと人によって違って、人によっては、どうしても字幕なしで聴き取りたい洋画を繰り返し観て台詞を口に出して真似ることだったり、TOEIC教材の会話文を声に出して練習することだったり、外国人の友達を作ることだったり、様々だと思います。僕の場合も、いろいろある方法の中からレアジョブ英会話を選び、始めた時に、「知った時には、これは英語のできる人のものだと思っていたけど、続ければ絶対にできるようになる!」と感じ、レッスンにハマっていきました。それまで、英会話、英語学習の方法の中で、ここまで「おー!これだ!」と思えたものはなかったですから。●オンライン英会話スクールの選び方・2016年版最近、レアジョブ以外のオンライン英会話はどうなの?と、ご質問をいただくことも、増えてきました。現在、日本にあるオンライン英会話スクールは100社とも200社とも言われていて、料金や講師数などが詳しく載った比較表も、よく見かけるようになりました。僕がもし今、オンライン英会話を検討するなら、以下のポイントで選びます。・どんな講師がいるか?プロフィールを読んだり、レッスンで実際にいろいろ話をして、「この人ともっと英語で話をしたいな」と思えるかどうか、また、そのような講師のレッスンを自分の利用したい時間にどれだけ受けられるか、という基準で選びます。・どんな人たちが運営しているか?どんな人たちが、どんな考え方を持って、何を大事にして運営しているかは、そのサービスを利用する上で、大事にしたいポイントです。経営者やスタッフの方々のブログやSNS、インタビュー記事をチェックしたり、可能であればイベントなどでスタッフの方々と接して、「この人たちのサービスなら、使いたい!」と思えるかどうかで、選びます。・どんな生徒がいるか?オンライン英会話の生徒、ユーザーがどんな人たちなのか、そのサービスを利用してどれだけ伸びたか、特に自分と環境や年齢や職業が近い人はどうなのか、ブログやSNSでチェックしたり、可能であればイベントなどで会って、選びます。ちなみに、以上のポイントからも、僕自身はこれまでもこれからもレアジョブ推しですが、それ以外のスクール、それ以外の方法を選んだ方々とも交流していますし、仲良くさせていただきています♪今回の記事は以上です。ご参考にしていただけたら、大変幸いです。★オンライン英会話活用塾「ウレシトーク」が開講しました★★English Pathでコラム連載中です★最新記事:「英語を仕事で使いたいビジネスパーソン、オンライン英会話でうまくいく人、いかない人」★著書一覧★オンライン英会話の教科書/国際語学社¥1,404Amazon.co.jp忙しい人の TOEIC®テストとビジネス英語の同時学習法/クロスメディア・ランゲージ(インプレス)¥1,490Amazon.co.jp★現在発売中、および今後発売予定の掲載誌一覧★【完全ガイドシリーズ097】 英会話完全ガイド (100%ムックシリーズ)/晋遊舎¥680Amazon.co.jpPRESIDENT WOMAN(プレジデントウーマン) 2015年 11 月号 [雑誌]/プレジデント社¥650Amazon.co.jp

      10
      テーマ:
  • 29 Aug
    • レアジョブ・スピーキングテスト6000名のデータからわかる、効果の出る時期と、TOEICとの相関

      レアジョブさんが昨日発表されたこのデータは、とても有益です。↓http://www.rarejob.co.jp/news/news_release/service/2015/0828/1795/理由は3つあります。1. TOEIC(LR)とレアジョブスピーキングテストに高い相関本来はレアジョブスピーキングテストの信憑性を示すためのデータのようですが、同時に「TOEIC高いと話せるんですね、実は」ということも示す結果になっているので、TOEICを頑張っている方にも見ていただきたいグラフです。2. 90回受けたらスピーキングが顕著に伸びたこれ、めっちゃ重要だと思うんですけど、90回だと伸びているけど、60回だと伸びていないんですね。90回と60回の境目について事前に知っていれば、「あれ、60回も受けてるけど駄目だな」と焦って挫折しそうになっても、「90回まで頑張ろう」と思えるはずです。僕も5年前のブログで、レアジョブのレッスンを97回受けた時に、「仕事で、レギュラー業務であれば英語を使えると思う」等の変化について書いているので、「90回で効果あり」に一致しています。↓http://ameblo.jp/self-agenda/entry-10724908789.html3. サンプル数の多さ6000名という膨大な数のサンプルから分析されているので、誤差率が下がり信頼度が高いです。僕が今まで経験してきたこと、考えてきたこと、周りの人から聞いてきたこととぴったり一致しているので、それまで感覚でつかんでいたことを数値で示していただけて、ありがたいです。<まとめ>・TOEICは英語を話すための基礎もできるから頑張ろう・オンライン英会話は90回で成果が出る(60回だとそうでもないから落ち込まない)、を目安にしよう(そこで駄目ならやり方を見直そう)★オンライン英会話活用塾「ウレシトーク」が開講しました★<お知らせ>9/20に東京で、セミナー【オンライン英会話の学習塾】を行います。 8/27に発売された『英会話完全ガイド』でも特集していただいた、本当に効果のあるオンライン英会話学習法のポイントを、デモレッスンを交え2時間しっかりお伝えします。詳細はこちらから。↓http://kokucheese.com/event/index/322535/

      12
      テーマ:
  • 15 Apr
    • 僕が「レアジョブ推し」な理由の本音

      今回の記事は、ただのひとり言です。今からちょうど五年前の2010年4月に、レアジョブ英会話(当時のサービス名はレアジョブ)を始めました。英語学習を学校の勉強以外で始めたのもその年で、年齢は36歳になっていました。当時はオンライン英会話といえばレアジョブしか知らなかったのですが、それ以降はスクールがどんどん増えて、大手もいくつも参入してきました。途中、レアジョブでは個人情報流出の可能性からサービスを停止した時期があり、他社では、価格や教材やカリキュラム、講師の面で独自性を打ち出す、魅力的なところも増えてきました。それでも、僕は今までもこれからも、「レアジョブ推し」です。前述のサービス停止の時にも他社に移ることはなく、Twitter仲間と一緒にレッスンが再開されるよう応援しつつ、他の勉強でもして気長に待っていようと思いました。僕を英語が話せるようにしてくれたのはレアジョブなので、困った時こそ応援しよう、何かあればユーザーが守るぐらいの気持ちでいます。と言って、何ができるわけでもないですが。僕はレアジョブのスタッフの方々を10名以上存じ上げているのですが、皆、素敵な人ばかりです。オンライン英会話以外でも、この人たちは何か面白いことをやってくれるんじゃないか、一緒に何か楽しい時間を過ごせるんじゃないかとわくわくしてきました。だからきっと、五年間ずっと「レアジョブ推し」なんでしょうね。五年経って、その考えは正解だったと言えます。人が全てだと思います。もちろん、全ての人にとってレアジョブがベストではないでしょうし、他のスクールで学ぶ方々も応援しています。大事なのは、自分が「ここだ!」と思えるところを選ぶことだと思います。料金、講師数、教材数といったデータ、数字は参考にはなりますが、最終的には直感、主観を決め手にするのがいいんじゃないかと。三日坊主で怠け者の僕が、オンライン英会話を継続でき、なんとか少しは成果が出たのは、きっと、「レアジョブ最高!楽しい!うぉー!」と夢中になって、信じてやってきたからです。その興奮をネットで投稿していたら、本やメディアやセミナーにも広がって、オンライン英会話や英語学習をする仲間が増えていきました。本当に、嬉しいことです。これからも、英語を通じて、面白いこと、心に残ることを、やっていきたいです。★オンライン英会話活用塾「ウレシトーク」が開講しました★

      27
      テーマ:
  • 24 Jul
    • オンライン英会話で、僕が一番夢中になった、仕事にも活きているレッスン

      今回は、オンライン英会話(レアジョブ)で、僕が一番夢中になったレッスンの一つについて、書かせていただきます。美人の先生と話した時?X JAPANについて説明した時?我が子がいかに可愛いかを語った時?それらも確かに楽しかったのですが、それ以上にワクワク、というよりゾクゾクしたレッスンがあります。それは、【自分が働いている業界の、お互いの国の仕事のやり方について、情報交換し合う】というものです。例えば、自分がどんなことを大事にして仕事をしているか、どんな方法論で問題を解決しているか、スタッフを採用するならどんなスキルを重視するか、スピードとクオリティのバランスをどう取るか、など。そんなことを先生と話していると、ふと「今までは、他の国の人が、自分と同じ仕事をする姿は想像しにくかったし、全く違うやり方をしていると思っていたけど、案外同じような考え方でやっていて、そんなに違うことはしていないのだな」と思って、すごく嬉しくなりました。また、ちょっとオーバーかも知れませんが、本音として、「世界との距離が縮まった」ような気がしました。 「英語を多少でも使う」のか、「使えないと決めてしまう」のか、ただそれだけの違いから生まれたこの感覚は、結構衝撃的でした。そして、実際に仕事で使うようになってからも、上記のレッスンは役立ったなと感じます。仕事中、相手が本当に知りたいのは、定型的な枠ではなく、中身、ということが多いからです。中身は、自分自身の経験や考え方を出すしかなく、教材には載っていないため、オンライン英会話などで実践的にアウトプットするのが最適な方法だと思っています。そうは言っても、いきなりそれは難しい、という場合は、以下のステップを踏むとやりやすいです。・「定型的な枠」を教材やアプリから調達する↓・「仕事上大切な考え方のヒント」を、洋書のビジネス書から得る(The 7 Habits of Highly Effective Peopleなど)↓・「中身を相手に伝える練習」をオンライン英会話などでやるオンライン英会話などの先生が、自分と同じ業界で勤務したことがなくても、消費者としてその業界のサービスや商品を経験したことがあれば、それでも充分な練習になります。今回の記事が少しでもご参考になれば、大変幸いです。★オンライン英会話活用塾「ウレシトーク」が開講しました★

      17
      3
      テーマ:
  • 27 May
    • 僕があの時、レアジョブ英会話をやめなかった理由

      冒頭に、少し近況をお知らせします。ありがたいことに現在、二冊目の本を書かせていただいています。主に通勤時間にiPhoneで執筆しているのでコツコツと、でもなるべく早めに書き上げたいと思っていますので、お楽しみにしていただけたら幸いです♪そんなわけで今回は、ちょっと本には書けなさそうな記事をお届けします。僕がレアジョブ英会話を始めてから、四年が過ぎました。途中休会したこともありますが、他のオンライン英会話には移らず、ひたすらレアジョブレアジョブと言い続けています。そんな僕にも、同じ立場で一般的に考えれば「レアジョブ英会話をやめて他のところに移る、もしくは他を試す」人が多そうなことが、今までに3つありました。■あの時 その1まずは、僕が英語学習を本気で始めるきっかけをいただいたHALさん(サウスピーク塾長、『20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ』著者)が、他のオンライン英会話の会社に入られた時です。この時は正直、「HALさんのところに移った方がいいかな…」と心が揺れました。でも、結果的には移りませんでした。■あの時 その2次に、2012年にセキュリティに関する出来事が発生した時です。レッスンもしばらくの間できなくなったため、他社へ移った人もいらっしゃったかも知れませんが、僕はこの時はやめる気は全くなく、逆に、こんな時こそ生徒がレアジョブを支えないと、応援しないと、という気持ちでいました。@teng416 さんによる以下のまとめを読んでいただけると、同じように感じたユーザーさんが多くいらっしゃることがわかります。他社のユーザーさんからの応援もありました。・ユーザからレアジョブへのエール ~ #ガンバレアジョブ ~http://togetter.com/li/306271■あの時 その3そして最後に、昨年、本を出すことになった前後です。「オンライン英会話」全般に関する本を出版していただいたため、あまりレアジョブレアジョブと言い続けるのは宣伝色が強くなるのでは、というご意見をいただいたことがあります。また、「うれしのさんってレアジョブの広報の人ですか?」と言われることもありますが、違います(笑)。じゃあ、どうしてやめなかったの?というと、理由は大きく3つあります。■理由 その1とにかく人です。講師の方々はもちろんですが、代表の加藤さん中村さんや広報の方々など、今までお会いしたレアジョブの人たちが大好きな人ばかりなので、やめたり移ったりしないんだと思います。■理由 その2英語を話せるようにしてくれたのは、レアジョブだからです。僕が英語を全く話せない時から始めたオンライン英会話はレアジョブだけですから、全く同じ条件では比較が難しい、というのが本当のところです。もちろん、他にもいいオンライン英会話はたくさんあると思いますし、特徴の違いや他社のよさなどについてお話することはできます。■理由 その3恩返しがしたいからです。Twitterや雑誌のインタビュー、日頃英語学習について訊かれた際などには、レアジョブレアジョブとよく言っていますし、このブログからも、100名以上の方々がレアジョブ英会話をスタートされています。でも本当は、「オンライン英会話をやれば英語を使って動くことができるようになるんだ」とわかってもらえる、ロールモデルになる生徒がどんどん出てくることが、他社を含めたオンライン英会話への恩返しになると思っています。オンライン英会話は、英語学習法の中ではまだまだマイナーです。この素晴らしさをより多くの人に伝えられるように、これからも全力で、ガンバレアジョブします。あ、僕もガンバります!(追記)レアジョブが、東証マザーズへの上場を承認されましたね!本当におめでとうございます(^O^)★オンライン英会話活用塾「ウレシトーク」が開講しました★

      27
      1
      テーマ:
  • 09 Jul
    • 7月31日に、レアジョブのイベントでお話をさせていただきます

      7月31日に、レアジョブのイベントでオンライン英会話の活用法についてお話をさせていただくことになりました。ちょうど一年前にもお声がけいただいたので、二度目の経験となります。今回は、『最強のレアジョブユーザーが教えるとっておきの英語学習法とは!? 』というすごい名前のイベントなので大変恐縮ですが、お引き受けしたからには、参加される方に役立つ内容を全力でお伝えします。※既に100名近くのお申し込みをいただき、近々締め切られるそうです。お申し込みくださった方、本当にありがとうございます。「おっ?」と思われた方は以下のURLからお早めに!http://rarejobnavi.com/archives/5723僕の担当部分がどんな内容になりそうかというのをここに少しお書きしますので、興味のある方はご参加いただければうれしいです。持ち時間も限られているので、僕が思う【オンライン英会話をする上で最も大切なこと】に絞った内容にしたいと考えています。僕がお伝えする話はきっと、【年齢や環境に関係なく英語にチャレンジして、英語を使って何かをして、日々を充実させたい人】に向いていると思います。この記事の最後に、僕がレアジョブと出会ってからの英語関連の履歴を記載します。僕は怠け者で勉強嫌いで三日坊主ですが、レアジョブと出会い、イベント当日にお話することを心がけたことで、なんとか英語を続けて前進できています。まだまだ全然ですが。当日、皆様とお会いできることを楽しみにしております。・2010年4月 レアジョブ開始(レアジョブも英語学習も36歳からスタート)・2011年5月 TOEIC860点突破・2012年3月 TOEIC900点突破・2012年7月 初の英語業務を経験・2012年10月 英語必須の外資系業務に異動・2013年夏の終わり頃 英語学習本を出版予定★オンライン英会話活用塾「ウレシトーク」が開講しました★

      2
      テーマ:
  • 11 Feb
    • レアジョブのレッスンをビジネス英語につなげる7つの方法・後編

      5.Documentation(書類作成)これも私がレッスンで行っていた方法です。「実際に仕事で使う本物の文面を、先生にアドバイスをもらいながら一緒に作っていく」というものです。もちろん機密事項は伏せますが、文面はそのまま仕事で使うものを作ります。私も実際に、先生と作った文章を会社で使いました。自分がビジネスの現場で使う書類を先生と共作するのは、とてもわくわくするレッスンです。先生も、こっちが仕事で使うことを伝えると面白がって本気になってくれて、「次回までにもっといい文章を考えておきます!」と言ってくれたりしました。書類というと契約書とか請求書とか、紙の書面を思い浮かべるかも知れませんが、Excel、Word、Powerpoint等で作る報告書や提案書といった資料や、メールや手紙のテンプレート(雛形)等、今自分が仕事で使っている文書全般で使える方法です。私の例では、一番現実的な仕事は外国人のお客さんとのメール対応でしたので、メールのテンプレートを先生と一緒に作りました。次に、具体的な手順を書きます。まず先生の選び方ですが、できれば社会人経験のある先生がいいです。自分と近い仕事をしている人だとさらにいいです。「この書き方が自然で、よく使われる」というノウハウは、やはり実際に経験している人から学ぶのが一番だからです。講師のプロフィール検索から、自分の業界・職種のキーワードを入れて検索します。(call centerとかITとかmanagementとかsalesとか)かなりキャリアのある先生が見つかったりします。次に、先生に「会社で使えるメールのテンプレートを一緒に作りたいんです」と言うか、事前にSkypeのチャットで事前に伝えておきます。一つ前のレッスンの終わりの方で「次回やりたいんですけどいいですか?」と尋ねるのもいいです。昨日書いたロープレに比べて手間がかかるので、事前に伝えておいたほうがよりいいと思います。文書は、まずは自力で作ってみます。形式はWebや本を見れば情報を得られるので、それらを参考にしながら、必要な単語を調べて、自分なりに「これでOK!」と言えるものを完成させます。レッスンが始まったら、それを先生にSkypeのチャットで送ります。そして読んでもらいながら、先生だったらどう書くか、また先生が経験したり見聞きしたビジネスの現場ではどういう表現が使われているのかを尋ねます。それらは、必ずチャットで書いてもらいます。復習がしやすくなるからです。先生の打ってくれた文面と、自分の文面を見比べます。どう違うのかを確認し、修正の理由は何か、先生に教えてもらいます。私の場合は「こう使った方が自然」というものでした。これは大変貴重なフィードバックです。文法的な誤りは自分で発見できても、自然かどうかは独学では気づけないからです。私が選んだレアジョブの先生は、私と同じ業界で数年のマネジメント経験があり、しかも米国の業務をしていたりするので、自分の会社で誰かにチェックしてもらうよりレベルは段違いに高いです。そうやって練り直しを数回して、納得いくものができたら完成。翌日、実際に仕事で使います。仕事で使う機会がまだなくても、いつでも使えるように職場に持って行くといいです。6.Job Interview(採用面接)レアジョブの先生と、英語での面接(面談)の練習をする、という方法です。※先月実際に外国人エージェントとの英語面談を受けた体験談が過去記事にありますので、興味のある方はぜひ読んでください。まず先生の選び方ですが、前述のプロフィール検索で自分の業界・職種のキーワードか、human resourceとかrecruitとかを入れると、その道のプロが見つかったりします。が、大学生の先生でも充分鋭い質問をしてくれます。例えば、"Why should we hire you?"、英語面接では普通の質問のようですが、日本語に直訳すると「なんであなたを雇うべきなの?」となって、「うわぁ」となりそうです。自分のアピールポイントを伝えればOKです。他には"How much salary do you want?"と訊かれ、「えーっと、100万はミリオンだから、えーっと」となったりして、数字を英語ですぐに言えないといけないことに気づけます。あと、何人か違う先生に英語面談をしてもらうといいと思います。人によって違う質問が出てくるし、回答例も違ってきますので、色んなパターンを経験できます。レッスンが始まったら先生に、「英語面談の練習をしたいんです」と伝えます。前章の書類作成よりは手間がかからないので、事前に伝えなくても多くの先生が対応してくれると思います。Job Interview用の教材もあるようですので、それを使ってもらうこともできます。レッスン前に予習として、想定される質問に対する答えを3つぐらい考えて練習しておきます。転職する気はなくても、英語で職務経歴書を書くのもお勧めです。それを音読していると、自分のキャリアを英語で説明しやすくなります。先生に面接官になって質問してもらい、それに応えます。最初はなかなかうまく応えられなくても大丈夫です。繰り返すうちに、徐々にうまくなっていきます。シンプルに、ポイントを押さえてアピールすることを心がけます。3つぐらい質問してもらったら、先生に「こう言い換えたほうがいい」というフィードバックをもらいます。これらも、なるべくSkypeのチャットで打ってもらいます。次に、先生ならどう応えるかを訊いてみます。先生と自分の違いを確認し、知らない言い回しはその場で口に出して覚えます。そんな感じで繰り返していると、実際に英語面談を受けることになっても慌てずに済みますし、転職の面接や面談を受けるつもりがない人でも、自分のキャリアや自分の強み、将来の展望を外国人に英語で伝えることは、とてもいいプラクティスになります。7.Environment(環境)これはレアジョブ(オンライン英会話)のレッスンに直接関係ないのですが、重要なことなので書かせていただきます。英語を仕事で使うために、レッスンを受ける以外にしておく必要のあることについてです。必要なことは、上司に自分が英語をやっていることをアピールして、会社に自分が英語で仕事のできる人材だと認識させることです。直属の上司だけでなく、役員や人事担当など、会う人会う人に「英語を勉強してるので、案件があったらやらせてください」と言い続けます。一度や二度ではなく、会う度に言うぐらいがいいです。「流暢ではないですけど、最近は外国人と毎日英語面談の練習してますね」とか、「TOEICはA levelで、今の業務を英語でするとしたら読むのと聴くのは支障ないと思います」とか、具体的なアピールもしたほうがいいです。同僚の前でも英語学習の話をどんどんして、噂が広まるのを狙います。なぜそんなにしつこくアピールする必要があるかと言うと、せっかく英語を身につけても、その事実を誰も知らなければ、チャンスは永遠に回ってこないからです。私も英語学習開始直後は自信がなかったので周りには内緒にしていて、「ある日突然英語の電話がかかってきた時に華麗に対応し、『あの人、英語できたんだ?!』と思わせる」、ということを夢見ていましたが、そんなことは無理ですw特に、アサイン権限のある上の人間や人事部に、英語の案件が発生した時に「あれ、そう言えば英語の実務経験がないのにやたらとアピールしてくる変なアラフォー社員がいたな」と思い出させるのが目的です。会社は、「この人にならこの仕事を任せられるな」と判断して仕事を振ってきます。失敗せずに完璧にやれるという意味ではなくて、「失敗してでも責任持ってやり切ってやる!」という熱意のある人に回ってきます。実務経験があったほうが有利ですが、なくてもアピールと努力を続ければ、チャンスはあります。実際、私もそんなやり方をしていたら、「英語案件あるけどやる?」という話が、上司や人事から2回ほど来ました。それらは結果的には実現に至らなかったのですが、今後も英語案件は私に回してもらえる流れにはなっています。ビジネス英語につなげるためには、英語での実務経験をさせてもらう必要があります。逆に言えば、その機会さえ得られれば、使う英語のレベルに関わらず、それは立派なビジネス英語です。なので、その環境を自分から作っていくことが、実は一番大事だと考えています。★オンライン英会話活用塾「ウレシトーク」が開講しました★

      1
      テーマ:
  • 10 Feb
    • レアジョブのレッスンをビジネス英語につなげる7つの方法・前編

      オンライン英会話でレッスンを受けている人の中には、仕事で英語を使えるようになりたいと考えている方も多いのではないかと思います。私もその一人です。そのためのノウハウはまだあまり存在していない気がするので、自分が色々試してきた内容を書かせていただきます。一番のポイントは、「カスタマイズ」だと思っています。「ビジネス英語」と一口に言っても仕事内容によって必要になる英語は違いますし、例え同じ業界・同じ職種だったとしても、勤務する会社によって違ってくるはずです。そのため、今の自分の仕事を英語でこなすことをイメージして、それに必要なレッスンを個別にカスタマイズして作っていけるオンライン英会話は、ビジネスマンにとって大変有効な手段です。次に、具体的にどんなことをしてきたか書いていきます。構成は7章立てで、1.Preparation2.Free Conversation3.Article Discussion4.Role Playing5.Documentation6.Job Interview7.Environmentとなっています。1.Preparation(準備)まず、レッスン時間以外にする必要のあることについて書きます。基本的な語彙や、リスニング力、文書を速く正確に読み取る力が不足していると、仕事で英語を使うことは困難だと思います。それらを身につけるには、毎日こつこつ続ける必要があります。では毎日こつこつ何をすればいいかと言うと、自分の業界や職種に近い英語音声を繰り返し聴き、関連記事や書籍を読み関連語彙を強化するのが効率的ですが、私がよく利用していて他業種の方にもお薦めなのは、Business English Pod http://www.businessenglishpod.com/ というPodcastや、BBC http://www.bbc.com/ などです。これらをiPhoneで通勤時間に聴いたり、仕事の合間に読んだりしています。TOEICも受けたほうがいいと思っています。「基本的な語彙」、「要点を聴き取る力」、「速く読み取る力」は身につきますし、私自身、TOEICで覚えた言い回しを、仕事のメールで使ったことがあります。「数値と納期を伴った目標管理」「迅速な情報処理」「効率的な情報収集」という、ビジネスで必要なスキルを、TOEICに取り組む過程で身につけることもできます。2.Free Conversation(自由会話)ここからは実際のレッスンでしてきたことです。自由会話と言うと、趣味の話などのイメージが強いかも知れませんが、ここからビジネスの会話に持っていくことができます。レッスンはHow are you?から始まることが多いので、そこからいきなり仕事の話をすればいいです。「自分はこんな仕事をしていて、今日はこんな問題があったんです。でもこんな方法で解決できました。よかったよかった」とか。初めての先生の時の自己紹介でも、仕事に関することを多く話せば、そこからの会話もビジネス寄りになっていきます。初めて会う人に、自分がどんな業界でどんな仕事をしているかを英語でわかりやすく説明することは、自分が実際に仕事で英語を使う際に、とても役立つはずです。レアジョブの先生は大学生が多いですが、社会人経験の豊富な先生もいます。私が今迄で一番面白く感じたレッスンの一つは、自分と同じ業界で同じ位キャリアのある先生と、お互いの国や会社でのやり方の違いについて話をしたものです。※大学生でもビジネスの話をよく理解してくれる先生が多いです。3.Article Discussion(記事討論)このレッスンをする時は、先生に頼めばすぐに記事を用意してくれますので、そちらを使って音読し、発音と語彙をチェックし、ディスカッションするという流れになります。ここでビジネス関連の記事を選んでもらうようお願いすれば、それで充分いい練習になりますが、更に積極的に活用する方法があります。こちらから予めインターネットで自分の業界、職種に関する記事を選んでおいて、そのURLをSkypeのチャットで先生に送り、「これを使いたいです」と伝えればOKです。冒頭に書きましたが、自分が使いたい英語を使えるように、レッスンをカスタマイズすると効果的です。ニュース記事でなくても、blogでも、書籍の抜粋でも使えます。自分の業界に関連する記事は、http://www.yahoo.com/ で検索すればすぐに出てきます。例えばコールセンター業界なら、"call center Philippines"で検索すると、こんな記事が見つかります。http://goodnewspilipinas.com/2012/01/24/why-the-philippines-is-the-worlds-top-call-center-country/あと、Articleではないですが、第一章で触れたBusiness English Podを、レッスンで使用したこともあります。これは、私の気に入っていたPodcastを、たまたま先生が用意してくれてレッスンで使ったのですが、音声を聴いて、スクリプトを読んで、設問に答えて、という流れでとても勉強になりました。4.Role Playing(役割実践)ロールプレイング、略してロープレです。私のいるコールセンター業界では、新人研修で必ずと言っていいほど行われる方法ですが、仕事で英語を使う練習にもとても有効です。実際に自分が日々やっている仕事を、英語で対応する練習をします。例えば私ならコールセンターで電話対応の練習をするために、先生にお客さん役になってもらい、自分は電話対応者役、次に、立場を逆にして、自分がお客さん役、先生に電話対応者役をしてもらいます。シチュエーションはきっちり決めたほうが、より具体的なシーンを再現できていいです。最初は緊張するし照れると思いますが、本番だと思って、自分が使いたい言い回し、うまく言えなかったところを押さえます。必ず先生にフィードバックをもらうようにします。先生の教えてくれた新しい表現は、Skypeのチャットで打ってもらうといいです。まとまった時間を取るのが難しい時も、Skypeの履歴を見るだけでも復習ができます。会議で英語を使う必要があれば、会議を再現します。先生には、質問をしてくる人や、反論をしてくる人など、こちらがやってほしい役をお願いします。自分が普段行っている会議、発言を具体的に再現したほうがいいです。が、もちろん社名等の機密事項は伏せた状態で行います。大学生の先生が多いし、いきなりそんなことをお願いしてできるの?と思われるかも知れませんが、レアジョブの先生は優秀です。いきなりお願いしても、高い確率で期待以上のレッスンをしてくれます。が、時間に余裕があれば、レッスンの前日や数時間前にSkypeで「こんなんやりたいんです」と伝えておけば、よりレッスンがスムーズに進みます。★オンライン英会話活用塾「ウレシトーク」が開講しました★

      テーマ:
  • 04 Jul
    • 楽しいレアジョブの続け方

      最近、英語学習継続に関する記事を連続して書いています。私は、英語は続けさえすれば、それが習慣になって必ず身につくと信じているのですが、本屋さんやInternetを訪れると、英語の始め方に関する情報は沢山あるのに、肝心の「続け方」の情報が少ないと思い、「それなら自分で書こう!」と思って始めました。そんなわけで、今回のテーマは、「楽しいレアジョブの続け方」です。私は1年ちょっと前、36歳の時に、英語を全く話せない状態で、オンライン英会話レッスン「レアジョブ」を受け始めました。始めた当初は、"Hello"と言ったが最後、次の言葉が何も出てこない、という状態でした。私がレアジョブを初体験した時の悲惨な(笑)状況や、その後続けてみてどうなったかといった話は、このblogの過去記事にまとめていますので、よろしければ参考にしてみてください。その後、1年ちょっと続けてどんなレベルになったかというと、こんな感じです。 1.お互いの国の、知らない文化をshareすることができる。 2.自分の仕事に関わることであれば、具体的な内容や取り組み方法等、突っ込んだ話ができる。そして。。。3.今の自分の仕事を英語でやれと言われたら、「時間はかかるし失敗もするけど、最終的にはなんとか解決する」という条件であれば、明日からでもtryする。。。!!!3.に関しては、実際は全然通用しないと思うのですが、ほんの1年続けたぐらいで、「うまくはいかないだろうけど、どうにか確認して解決してやるぞ!」という自信と会話力をつけさせてくれたのが、レアジョブです。そんなレアジョブですので、私は誰かに"Why RareJob?"と訊かれたら、"Why not RareJob?"と応えます。レアジョブと出会っていなければ、私は一生英語を話せなかったと思います。なので私はTwitterでも会社の友達にも、レアジョブをどんどんオススメしています。そして毎月、何人もの方が私のblogを経由してレアジョブを始められています。<レアジョブ無料体験(2回分)のページ>⇒オンライン英会話レアジョブレアジョブについて沢山Tweetしていたら、加藤社長にインタビューしていただき、『129円のマンツーマン英会話 スカイプ英語勉強法』に「Bさん」として掲載していただいた、というご縁もありました。 ※参考記事 レアジョブのよさについては、このblogの過去の記事に色々書いたのでそちらを読んでいただきたいのですが、今回は「継続」について書きます。まず、継続するためには、もしレアジョブを始めていない方は今すぐ始めてください(笑)。「TOEICで何点以上を取ってから」「話す前に準備をして、自信がついてから」と後回しにするよりも、興味がある人は、今すぐ始めたほうがいいと、私は思います。なぜかと言うと、楽しいからです。私は読む、書く、話す、聴く、の英語の四技能の学習(練習)のうち、話すことが一番楽しいと思っています。英語学習全体を継続する意味でも、一番楽しい英会話を後回しにするのはもったいないです。また、英会話で実際に話してみると、自分がどれだけ話せなくて(または逆に意外と話せたり)、どこが聴き取れなくて、ということがはっきりわかります。その時点で、「今度はこんな言い回しをしよう」と練習したり、話すこと以外の「聴く、読む、書く」でも自分に足りない部分を復習しやすくなります。レアジョブを楽しく効果的に続けるために、私はこんなことを注意しているようです。 1.その時期ごとの目標を決める。 2.どんどん自発的にレッスンを楽しむ。3.疲れている時は、受身でもOK、とにかく嫌にならずに、続けることを優先する。4.予習復習をする。5.先生への気遣い。まず、1.その時期ごとの目標を決める。 ですが、私の場合は、最初はとにかく自己紹介をスムーズにする、25分会話を続ける、その次はArticle Discussionで意見をちゃんと言う、3分speechをする、等の目標がありました。最初のうちは「うわ!英語喋ってるわ自分!」と、成長が感じられやすいので楽しいのですが、徐々に慣れてくると、同じようなルーティンのレッスンになってしまう時期が来るのではないかと思います。そんな時には、「自分が次にできるようになりたいこと」を、できるかぎり具体的に、無理ならぼんやりとでもいいから決めて、それをクリアできるようようなレッスンにすると、楽しさは持続しますし、効果的にレアジョブを活用できます。レアジョブは自由度の高いレッスンなので、楽をしようと思えば楽をできるし、ハードルを上げようとすればとことん上げられると思います。なので、自分で目標を決めて、「今度はこうなりたいから、こんなレッスンをしてほしいんです」と先生に言ってみて、進めていくのがいいと思います。今の私の目標は、とにかく英語を仕事で使いたいので、そのために質問したり、練習したりしています(例:英語での電話対応のロールプレイング等)。でも、毎回それだと疲れるので、気楽にFree Conversationをすることも多いです。とにかく、続けることが大事なので♪次に、2.どんどん自発的にレッスンを楽しむ。 ですが、「レッスン」というと受身なイメージがあるかも知れませんが、25分や50分というレッスン時間をフルに活かすためにも、どんどん自分から積極的に会話をしていったほうが、断然楽しくなります。私は複数の先生から"spontaneous"(自発的)と評価され、とても恥ずかしい思いをしたことがありますが、それぐらいでちょうどいいのかな、と思います。わからない箇所はスルーせずに会話を止めて質問して、とにかく自分が納得できるよう受講したほうがいいと思います。私はFree Conversationをすることが多いですが、今まで、話のネタに困ったことがありません。。。毎回毎回始まる前は、「やばい!何喋ろう!」と思うのですが、始まってみると色々話すことがあります。「毎回、何を話してるの?」と訊かれることも多いので、いくつか挙げます。最初の頃、盛り上がったのは、食べ物の話です。フィリピンと日本では食文化が随分違うので、面白いです。中でもフィリピンのbalotは衝撃的でした。日本の食べ物では、納豆や馬刺し、お好み焼き等を説明し、盛り上がりました。次に、世界共通のネタも盛り上がります。Lady Gaga、Beatles、iPhone、あとは洋画等。お互い知っているものは、「そうそうそれ!」と、共感度がアップするので、楽しいです。甘党の私としては、KitKatとMeijiの違いとか、そんな話もしました(笑)。逆に、フィリピンの先生が知らない、日本の特有のことを説明するのも、いい訓練になるし、楽しいです。私が説明したものの一例は、X JAPAN、コブクロ、タイガーマスク、小向美奈子、初音ミクなど。。。言葉で説明した後は、googleのimage検索で写真を出して、そのURLをSkypeのチャットで先生に送ると便利です。写真で見ると、あーなるほど、となります。そしてさらに、wikipediaの英語版のページで検索して、そのURLを送れば、先生にどれだけ伝わったか確認できます。次に、 3.疲れている時は、受身でもOK、とにかく嫌にならずに、続けることを優先する。レアジョブでレッスンを毎日、または週3日受けていると、時には疲れていたり、やる気が出ない時もあると思います。やる気まんまんのTweetを多発している私にだって、やる気が出ないこともあります。そんな時は、レッスンを休む、のではなくて、受身でも雑談でも、とにかく英会話を継続することを優先して、それでよしとしています。うまくいかなくても、とにかく話はできた、耳で生の英語を聴けた。明日は疲れをとって、もっと頑張ればいいや、という感じです。とにかく自分を責めないこと、絶対に成長しているので、ふと自分の力がイマイチだと思ったら、半年前とか1年前のことを考えてみて、成長を感じればいいと思います。周りにすごい人がいても落ち込むことは全然なくて、続けていけばちゃんと自分のなりたい方向に向かえると思いますので、大丈夫です。次に 4.予習復習をする ですが、自分の成長を実感するためにも、予習復習は必ずやったほうがいいと思います。私が実施している方法を、以下に書きます。予習1.前回のレッスンで言えなかった表現や、今回言いたい表現を用意しておく。書き起こす時間がなければ、頭の中だけででも。あと、話題や今回やりたい内容を決めておく。予習2. 瞬間英作文のトレーニング。これは、HALさんのblogで知り、書籍を買いました。中学レベルの短い文章を瞬間的に英語に直すトレーニングです。これを一時期毎日やったことで、レアジョブでの会話がスムーズになりました。予習3. 音読。英語を口から発する準備をしておくと、レッスンでも会話がスムーズに運ぶ気がします。音読をする時は、発音を綺麗にすることを心がけています。発音の練習は、相手への配慮でもあります。こちらの発音が聴き取りやすければ、会話も弾み、ストレスも減り、楽しくて続けやすくなります。復習としては、今回のレッスンでどんな話をしたかをざっとメモするのと、わからなかった表現、新しい表現をメモする、ということをしています。頭が整理されるし、会話も記憶に残りやすくなります。概要メモは、最初は日本語で書いていましたが、途中から全部英語で書くようにしました。最後に、5.先生への気遣い です。これが一番大事かも知れません。先生に感謝の気持ちを表現し続けるといいですよね、というお話です。先生と生徒と言っても人と人ですので、積極的にいい関係性を築けるように接していると、会話も弾みますし、楽しくなります。時には先生の都合が悪くてレッスンがキャンセルになったり、体調が悪い時もあると思いますが、「なんだ!レッスン受けられないじゃないか!」と思ってしまわないほうが、楽しく続けられます。「今日は他の先生と話すチャンスだと思えばいい」「他の英語学習に充てればいい」という感じです。他にも、毎回冗談の一つでも言って先生を笑わせるようにしたり(スベると、その後のレッスンに影響しますので、注意が必要です!。。。嘘です)、先生が連続してレッスンを行っていたり、喉がかすれていたりすると、「大丈夫ですか?」「レッスン終わったら休んでくださいね」という言葉をかけたり、といったこともしています。また、レアジョブは講師数が多い分、いろんな個性を持った先生がいます。レッスンの進め方のとてもうまい先生もいれば、あまり慣れていない先生もいますが、私は、慣れていない先生や口数の少ない先生に当たった時も、いかにこちらから話しかけて会話を膨らませるかを試せる機会だと思って、楽しんでいます。もう1つ。私はレッスンが終わったら必ず、先生にお礼のメッセージを送るようにしています。1回目のレッスンに感動して送って、先生も返信をくれて、という感じで、以来毎回続けるようになりました。私がレアジョブを選んで本当によかったと思ったことがありました。地震の際に先生から「大丈夫?」というメッセージや声をかけてもらった時や、先生達が給料の一部を義援金として寄付されたことを知った時です。そんな心の優しい先生が沢山いるから、私はレアジョブを続けられています。そして、先生への配慮も忘れずにレッスンを自分から進んで創っていけば、1年経っても2年経っても楽しく続けられると思います。社会人も学生も、他にも色々やることがあって忙しいですから、常に英語を最優先できないこともあると思いますが、それでもOK。でもある時期は英語を最優先してがんがんやる!という感じだと続けやすいと思います。あと、「この先生の話を聴きたい!話をわかってほしい!」というのも、英会話を続け、上達させる大きな原動力になります。やはり英語は、「+心」で、初めて通じるものだと思いました。人間対人間ですものね。最後に、Twitter上でレアジョブや英語学習を頑張っている仲間がいることも、楽しみながら継続できている大きな理由です。ぜひレアジョブ仲間をTwitterで見つけて、フォローして、どんどん交流していくと、もっともっとレアジョブが楽しくなって、もうやめられなくなります(笑)。今回は以上です。読んでくださってありがとうございました。今回の記事が少しでも誰かのお役に立てば、とても幸いです。<レアジョブ無料体験(2回分)のページ>⇒オンライン英会話レアジョブ★オンライン英会話活用塾「ウレシトーク」が開講しました★

      2
      2
      テーマ:
  • 03 Dec
    • レアジョブを7ヶ月続けてみました。

      ★このブログの筆者の塾 ウレシトーク のページは、こちら★↓----------------------オンライン英会話、レアジョブ(Rare Job)のレッスンを今年の4月下旬から受け始めて、約7ヶ月が経ちました。1回25分×週3回のコースを受講しており、その間、帰省をした時以外は1回も休まず受けました。先程数えてみたところ、97回のレッスンを受けたようです。時間数にすると、25分×97=2425分=約40時間半。その後、私がどうなったのか、ということと、7ヶ月続けてわかったことなどを書きたいと思います。①レアジョブを7ヶ月やって、どうなった?Skypeのオンライン英会話を受けて、実際のところ効果はどうなの?という部分です。今は、これぐらいの段階です。【レッスン内】■できること・自己紹介・日常会話(「最近どう?」と話題を振られてor振って、話を膨らませる)・自分がどんな業界でどんな仕事をしているかの説明・仕事ではどんなことが大変か、どうすればいい仕事ができるかという意見を述べる・冗談を言って笑いを取る(すべることもある)、相手の冗談を理解して笑える・ニュース等の文章を読み、それに対する意見を述べる・ニュース等の文章を読み、1日準備期間があった上で3分程度のスピーチをする■できないこと・ニュース等の文章を読み、2~3分程度の準備期間で3分程度のスピーチをする・自分がよく知らない分野での話の継続・会話スピードが速い場合の、一度での聞き取り【レッスン外】■できること(もしくは、できる自信があるもの)・HALさん主催の、英語だけで3時間以上話す集まりに参加した(これが一番の事件!!)・外国人に英語で道を聞かれた時に説明する(知っている道の場合ですよ!)・海外のレストランでスマートに注文する(新婚旅行でできなかったのでリベンジする!)・今の仕事のレギュラー業務を英語でやる(日本語と同じレベルでは無理。時間はかかります)・夫婦の会話を英語でする(嫁は日本語で返答します)■できないこと(もしくは、できる自信のないもの)・英語が堪能で会話のスピードが速い人同士の会話に入っていく・今の仕事のイレギュラー業務を英語でやる・まだまだできないことはたくさんあります<レアジョブ無料体験(2回)のページ>⇒オンライン英会話レアジョブ・・・と、イッチョマエに書いていますが、今一度復習です。私はレアジョブを始めた時点で、英語を一言も話せなかったアラフォー(当時36歳)です。※誇張ではなく、一言も話せませんでした。②英会話以外はどうなったの?次は、英会話以外の変化についてです。<TOEICのスコア>・2010年3月受験(レアジョブ受講前)⇒645点・2010年9月受験(レアジョブ受講後)⇒735点・2010年11月受験⇒結果待ち(目標800点!)レアジョブを始めて4ヶ月ぐらい経ったある日、今まで必死に耳を集中させなければ聴こえなかった先生の話が、少しリラックスした状態でも聴き取れるようになっていることに気づきました。全部が聴き取れるわけではないですが、リスニングの力が上がっていることを感じました。私は今年の1月から毎日、TOEICの公式問題集のCD音源などの英語を聴いていますが、録音物ではない、今まさに発された生の英語を聴き、且つ会話がどう転がるかわからない状態で対応していくことは、リスニングにおいても効果が大きいようです。また英語は、「話す」「聴く」「読む」「書く」の4技能それぞれに相関性があり、話す力や聴く力を上げることで、今まで「長~い英文」にしか見えなかった文章を読む際、「短い文が集まったもの」に見えるようになった、ということを感じます。③レアジョブをより有効に使うためにしたこと、してもらったこと【予習復習をする】最初の方に書きましたが、私がレアジョブでレッスンで話した総時間数は、「たったの」40時間半です。レッスンの時だけ話しても、英語は話せるようになりません(少なくとも私の場合は)。毎日話さないと、話せるようにはなりません(少なくとも私の場合は)。予習と復習は必須だと考えています。では、どんなことをしてるかと言いますと。■予習・「最近こんなことがありました」「日本では今こんなことが話題になっています」等、その日のレッスンで話したいことを、英語で言えるようにしておく。特に最初の頃は、翻訳サイトやWEB英和辞書を使って、調べていました。・先生のプロフィールを読んで、話題を見つけておく。・瞬間英作文と音読で、口から英語が出る状態にしておく。※瞬間英作文のトレーニングは、HALさんのblogで知り、始めました。※昔バンドをやっていた私の例えでは、「瞬間英作文・音読」が楽器や歌の「個人練習」、「レアジョブ」が「スタジオでのバンド練習」、「大勢の人で英語を話す会」は「ライブ」のように感じています。各パートの人間が家で充分に練習をしないままバンド練習に入ってもボロボロになりますし、個人練習で上手くなってもバンドで合わせた時にピッタリいかないとダメだし、さらには大人数が参加する中ではまた違う緊張感が生まれるし、その3段階をきちんと経験して場数を踏まないといけない!と、元バンドマンは気づきました♪■復習・その日のレッスンでうまく言えなかったこと、聴き取れなかったこと、知らなかった単語を書き出し、次回に全く同じ会話が行われたとしたら、ばっちり言えるようにする。・その日のレッスンで話した内容を、簡単にメモ帳に入力する。Skypeでのやりとりも、コピー&ペーストしておく。※最初は日本語で書いていましたが、2ヶ月前ぐらいから英語で残すようにしています。■主体的にレッスンを受ける、レッスンの希望を伝えるレアジョブは基本的にフリースタイルで、生徒の希望に合わせてレッスンをしてくれます。そのため、「今日はディスカッションをしたい」「今日はTOEIC用の勉強がしたい」と先生に伝えると、すぐにWEBの教材を用意してくれます。できれば前もって、先生の予約が取れた段階でSkypeのメッセージで「これをやりたいです」と伝えておくと、目的に合ったレッスンを準備してくれるので、より有効に活用できます。※オンライン英会話では、自分に足りないものが何で、どんなことをしたいか、ということを自分で考えて、とにかく主体的に受講することが大事だと思います。受身ではなく、不明なところがあれば先生の会話を止めてでもわかるまで教えてもらいます。■盛り上がった話題もしレアジョブを検討されている方で、「話すネタがないよ...」という場合は、参考にしてみてください。・食べ物の話盛り上がりました。特に、フィリピンの「balut」や「lechon」の話。同様に、日本特有の食べ物(納豆や馬刺し等)も、どんな食べ物なのか、どんな時に食べるものなのか、という説明と供に、英語版のwikipediaなど、画像と説明が書いてあるWEBページのURLをSkypeのチャットで送ると、より理解してもらえて会話が弾みました。「お好み焼き」に興味津々の先生がいて、「大阪と広島のお好み焼きはどう違うの?」とグイグイ突っ込んできてくれて、大笑いしながらレッスンを受けたこともあります。・英語教育の話フィリピンの人は英語が堪能なのですが、日本人は話せる人があまり多くないのが不思議で、先生に、フィリピンの学校ではどんな英語の授業を受けるのか訊いてみました。フィリピンでは、幼稚園、小学校低学年から英語の授業を受け、高校生では英語でディスかションをし、大学では英語でスピーチをする、とのことでした。とても興味深い話でした。私からは、「日本では読解ばかりで、話すことと聴くことはほとんどしないんですよ」と伝えました。④レアジョブのメリット今実感している、レアジョブのメリットです。■講師数の多さレアジョブの先生は、私がある日数えただけでも800人位いました。Skypeを使ったオンライン英会話は他にもありますが、この点がレアジョブの一番の特徴だと思います。そのため、・「希望の日時にレッスンが受けられない」ということはまずありません。・様々な話し方、声、スピード、話題、教え方の先生と話ができます。※同じ先生ばかり受けていて、「おぉ、ほとんど完璧に聴き取れるようになってきた!」と思っていたある日、違う先生のレッスンを受けたら「うぅ、全然聴き取れない...orz」ということがありました。私のように経験の浅い場合は特に、いろんなタイプの人の英語を聴き、会話をすることが重要だと思っています。■定期的な会話を継続できる今は週3回の受講をしているため、毎週金土日は「必ず25分は英語を話す」スケジュールになっています。そしてもちろんそれは家でパソコンだけ立ち上げればできるので、残業があろうが、飲み会があろうが、間に合いますし、外出しなくていいのでパジャマだろうが、女性ならノーメークだろうが、気にせずに受講できます。英語の習得には、継続することが必須ですので、「家の中で英会話ができる」ということは、特にモノグサな私にとっては、とても大きなメリットがあります。また、レアジョブでは毎日レッスンを受けても25分で月額5000円、50分で月額8000円と破格です(私が今受けている週3回(金土日)コースで月額3000円!さらにちなみに、50分×週3回(金土日)では5000円です)。私は今はTOEIC等の他の英語学習もしたいため週3回にしていますが、TOEICでAクラス入り(860点以上)を果たしたら、毎日コースに変更しようと思っています。■Skypeのチャット機能これは、レアジョブを始めて強く実感した機能です。先生が言ったことがどうしても聴き取れない場合は、先生がチャット機能を使い、文字で書いてくれます。また逆に、自分が言っていることが先生に伝わらない場合にも、チャットで文字を送ることもできます。聴いて全然わからなくても文字でスペルを見ると知っている単語だったりすることも多いですし、知らない単語ならWEBの英和辞書を開いておいて、すぐに調べることもできます。さらに、SkypeのチャットにWEBページのURLを入れるとハイパーリンクですぐにジャンプできるため、wikipediaやYouTube等を使って会話を補完したり、教材として英語の記事やPDFファイルをすぐに開いて利用できます。これは便利です。もし仮にSkypeにこの機能がなく、電話で話しているだけのような状態だったら、特に最初の頃の私は不安でたまらなかったと思います。「チャットで打てばなんとかなるか!」という心強さは、始めてから実感しました。■カスタマーサポートある日、レッスン開始時間に先生からのコールがなく、「あ、どうしたもんかな?もうちょっと待てばいいかな?」と考えていた時に、Skypeでレアジョブのカスタマーサポートに問合せをしました。(カスタマーサポートへのメッセージは日本語でいいんですよ!念のため)すると、すぐ(恐らく15秒後ぐらい)に返答が返って来ました。そしてその後数回メッセージをいただき、状況の説明と、お詫び、代替レッスンの提案により、解決してくれました。私はコールセンター運営の仕事をしていますので特に、この迅速な対応には非常に驚きました。もしもレアジョブを始めようか迷っていて、「日本語の話せない外国人との会話ができるか不安」「何か困ったことがあっても英語で説明できるか不安」という人がいれば、「カスターサポートがちゃんと迅速に、日本語で答えてくれるから心配ないです」と言いたいです。【追記】ほやほやの情報です!本日12/3、「レッスンリクエスト機能」が追加されました!いくつかの質問に答えることにより、生徒の要望に合わせ、レッスンをカスタマイズすることができる機能のようです。※詳しくは、レアジョブ加藤社長のblogをご参照ください。<レアジョブ無料体験(2回)のページ>⇒オンライン英会話レアジョブ⑤皆さんから質問の多かった内容、または懸念されていると思われる内容■WEBカメラは使えるの?こちら側を映す分にはほとんど問題ありません。先生側を映すケースは稀で、私の場合は約30人中3人だけでしたので、大体1割ぐらいでしょうか。が、これもレアジョブを始めてみてわかりましたが、WEBカメラを見なくても会話をする上で全く不自由しません。始める前は、「姿が見えないなんてますます不安だ!」と思っていましたが、実際にはレッスン中はチャットをしたり英語の記事を音読したりしてWEBカメラの映像をずっと見るわけではないのと、やはり耳に意識を集中させるためだと思います。■Skypeの音質Skypeの音質はとてもいいので、通信上の理由で先生の言っていることが聴こえない、ということは殆どありません。稀に先生側の通信状態で聴こえにくいことがありました(100回近く受けて、たった3回ぐらいですが)が、その時はすぐ、前述のカスタマーサポートに問い合わせればOKです!また私の場合は、自分のヘッドセットマイクや通信状態が原因でトラブルにならないように、レッスン前は毎回「Skype サウンドテストサービス」にかけて自分の声を録音し、問題がないことを確認しています。■フィリピン講師、大学生の講師よく耳にするのが「フィリピンなまりはどうなの?」「ネイティヴの方がいいんじゃないの?」という点ですが、私が尊敬する英語学習の先輩方は皆、フィリピンの人の英語力の高さを知っていて、オススメしています。私が言うまでもなく、フィリピンは英語が第二公用語であり、アジア最大の英語利用国です。フィリピンなまりは殆ど気にならない、全くないわけではないですが、少なくとも(私のような)日本人が英語を話した時のの日本なまりの方がとてもとても大きい。私がネイティヴの講師に習ってもネイティヴ並の発音にはならないし、する必要もないと思っています(発音をよくする努力は最大限しますが)。また、フィリピンの方は優しくて親切でフレンドリーな方が多いため、私のように40歳を手前に始めた人間でも続けられているのだと思います。さらには、フィリピンの方々は英語を第二言語として勉強して習得しています。英語学習の大変さやコツを身をもって経験しているため、教えるのがうまいです。講師陣は、「フィリピン大学」という、日本で言えば東大に当たる大学の学生、もしくはその卒業生、としているため、頭の回転が速く、話題が豊富です。「この人は本当に大学生なんだろうか」と思うぐらい、しっかりした考えを持ち、英語のレッスンもうまく、仕事の話も普通にできてしまう人が何人もいました。⑥まとめ私は、レアジョブと出会っていなければ、一生英語を話せないままでした。無料体験が2回できますし、通学型の英会話スクールとは違い入会金もかからないため、いつでも始められますし、いつでも辞められますし、再開もできます。三日坊主で怠け者、英会話経験ゼロの私が7ヶ月続けて、上記のような変化をしていることで、「興味はあるんだけど...」と思っている方の背中を少しでも押すことができたら、とてもとても幸いです。何か他に質問や気になることがありましたら、twitterにメッセージをいただければ、できる限りお答えしたいと思います(回答ができない場合もあるかも知れませんが、その際はご了承ください)。<レアジョブ無料体験(2回)のページ>⇒オンライン英会話レアジョブ★このブログの筆者の塾 ウレシトーク のページは、こちら★↓***********************************☆新刊『36歳からオンライン英会話をはじめたら英語で仕事ができるようになりました』(KADOKAWA)が発売されました☆ 36歳からオンライン英会話をはじめたら英語で仕事ができるようになりました 1,404円 Amazon   ******************************★ランキングに参加しています★ ブログを書いていく励みになります。 応援クリックをどうぞよろしくお願いいたします!  にほんブログ村

      7
      3
      テーマ:
  • 26 May
    • レアジョブ体験記

      私がレアジョブ(RareJob)を始めてから、約1ヶ月が経過しました。私の周りでも、英会話をしたいと思っている人や、スカイプ(Skype)を使ったオンライン英会話に興味を持っている人が結構いるので、経験談、他社や他形態との比較、所感を含め、お話したいと思います。ちょっと長くなりますが、お付き合いいただければ幸いです。①結論いきなり結論です。・衝撃を受けた。・レアジョブを始めてよかった。・自信を持って人にオススメできる。いきなりいいことばかり書いてしまいました。大袈裟に聞こえるかも知れませんが、誇張ではなく、率直な感想です。理由の詳細は、以下に記載していきます。②英会話を始めたきっかけは?次に、私が英会話を始めたきっかけについて、お話します。私が英語学習の取っ掛かりとして行ったのは、TOEIC用の単語集をひたすら覚え、問題集をひたすら解き、リスニングのCDをひたすら聴く、というものでした。そして学習開始後2ヶ月後にTOEICを人生初受験。結果は645点でした。そしてTOEICの勉強は続けながらも、徐々に、自分がなぜ英語をできるようになりたいか、そのために何をするのが一番いいのかがわかってきました。【英語を使ってやりたいこと】1.英語を聴き取り、話せるようになりたい。⇒現在の仕事(コールセンターマネジメント)での英語電話対応、英語メール対応、さらには英語圏の顧客獲得に絡みたい。2.英語の書籍やWEBサイトから、情報をどんどん仕入れたい。⇒日本語に翻訳されていない書籍の方が多数。また、新しいマネジメント手法やビジネスモデル、Twitterやfacebook、iPhoneといった新しい動きはアメリカで発信され、その後日本に伝わることが多い。英語ができれば、イチ早く情報を得られる。このうち、2.については、独学でひたすら英文を多読することと、ボキャブラリーを増やすことで改善されると思いましたが、1.については、独学だけでは限界があると考えました。なぜなら、英語を聴き取り、英語を話すということは、言葉のキャッチボールなので、一人でリスニング+スピーキング(音読や発音の練習)をしていても、話せるようにはならないんじゃないかと思ったんですね。もちろん、英語の学習方法にはいろいろな種類があります。「聞き流すだけで話せるようになる」というものもありますし、私はそれらを否定しません。ただ私自身は、「英語を喋れるようになるには、英語でたくさん喋るのが一番!」と、シンプルに思ったわけです。特に、私のように、30代後半で始めたにもかかわらず、厚かましくも「1年以内に英語が話せるようになりたい」と考えていて、とにかく1日も早くマスターしたい、遠回りをする時間はもはやない!という人間にとっては、多少荒治療であっても、基礎が固まってなくても、いっぱい喋って、いっぱい落ち込んで、いっぱい復習して、マスターしていこうと。結果、その選択は正しかったようです。36歳まで全く英語が喋れなかった私が、たったの1ヶ月で、まだまだ流暢でなないにしても、少なくとも週3回、1回25分、1ヶ月間で5時間、日本語のわからない外国人の方と、ずっと英語で会話をしていることは事実だからです。③レアジョブ体験談私が実際に体験したレアジョブでのレッスンの概要をレポートします。レッスンを受ける手順についても触れますので、ぜひ参考にしてください。1.無料体験レッスンを決意英語初心者のアラフォー世代ですが、勇気を出して一歩踏み出して、無料体験に申し込むことを決めた私。妻にも「やるで!」と宣言。レアジョブでは、2回(25分×2コマ)も無料体験ができます。無料体験は大体1回だけというところが一般的ですので、これも衝撃でした。これで「自分に合わないな」と思えば、入会しなければいいわけですので、これを利用しない手はないと思いました。というわけで、さっそく、「無料体験レッスン」をクリックしました。※こちらから無料体験できます⇒オンライン英会話レアジョブ 名前、メールアドレス、パスワード、ニックネーム、Skype名、生年月日を入れるだけで、登録できます。「名前」は講師には知らせられず、講師から呼ばれる名前は、「ニックネーム」になります。コミュニケーションに関係しますので、呼んでほしい、呼ばれやすい名前がいいですね。「Skype名」は、スカイプをインストールした時のSkype名です。※Skypeは、無料でインストールできます。Skypeは、Skype名さえわかれば電話やチャットができる、逆に言えばそれを間違えるとコンタクトできないのですが、レアジョブでは「Skype名チェックボタン」があり、Skypeを立ち上げた状態でSkype名を入力してこのボタンをクリックすることで、ちゃんとチェックができるので安心です。登録ボタンをクリックすると、登録メールアドレスにメールが届きます。そこに記載されているURLをクリックすれば、登録が完了します。2.レッスン予約~講師の多さにびっくり~予約の仕方は、とても簡単でした。カレンダーから自分のスケジュールに合わせて講師を選びます。講師の写真、プロフィールの他、音声で講師の発音や雰囲気がつかめるので、大変便利です。音声を聴いて、「この人がいい!」という講師をワンクリックで選べるのは、オンラインレッスンならではの手軽さです。驚いたのは、講師数の多さ。フィリピンの最高学府、フィリピン大学の在校生または卒業生のみということですが、とにかく多い。具体的な数は記載しませんが、数十人レベルではなく、数百(!)人レベルです。しかも、ただ登録しているだけではなく、ちゃんとレッスンが受けられる講師が多い。もちろん、自分の都合や登録プランによりますし、人気講師がすぐに埋まる、ということはあるようですが、少なくとも、自分が受けたい講師を数人チェックし(ブックマーク登録ができます)、そのうちの誰かのレッスンはほぼ受けられると思います。(私の場合は全く問題なく受けられます)。そして私は沢山の講師の中から、とっても優しそうな女性講師を選びました。3.緊張の初レッスン(無料体験)~あまりの不甲斐なさにショック!しかし、先生の優しさに感動~レッスン予約後、「あんなこと言おう」「こんなこと言おう」「自己紹介はこう言おう」と、いろいろ英語で言葉を用意したりしていましたが、初レッスンの日時が近づくにつれて緊張が増し、「いやー、やっぱり無理かも」「よくよく考えてみれば、フィリピンの日本語のわからない大学生と、片言英語もあやしい36歳のオッチャンが、会話なんてできるんかいな」「いやー、早まったかなー、もっと基礎をやってから申し込めばよかったかな」とか、ネガティブな要素が巡りに巡りました。そして、いよいよレッスン当日。(私の緊張感を悟り、妻は席を外し、遠くの部屋に行ってくれました...)パソコンやスカイプ、ヘッドセットにトラブルがあっては大変なので、2~3時間も前からPCを立ち上げ、スカイプの自動音声チェック※http://www.rarejob.com/skype/ からチェックできます。でマイクとヘッドホンの確認、WEBカメラの確認(講師はビデオ通話ではなく、音声通話のみの方が多いです)を済ませる。あと1時間か...ふう。あと30分か...ふうう。あ、あと10分!やばい、どうしよう!そして。。。「♪♪♪」(Skypeの呼び出し音)「きた!!!」というわけで、一応「ビデオ通話」で電話に出てみる。講師「Hello」私「は、はろー」講師「Nice to meet you, ○○san! How are you today?」私「・・・ないすとぅーみーちゅー・・・う、うぅ・・・苦笑」講師「Are you nervous? Relax!(とっても優しい口調)」恥ずかしながら、こんな感じで、全くと言っていい程話せませんでした。落ち込みました。が、その先生が優しかった!私が初めてということで、いろいろ、レアジョブのシステムのことを教えてくれ、1~2ヶ月も続ければ問題なく話せるようになりますよ、と励ましてくれました。そして、レッスンの25分が終わりました。(無料体験レッスンは25分×2コマ。有料コースだと25分or50分を選べます)「Thank you! Good bye! Thank you. Thank you...」と、やたらとお礼を連発して電話を切った後は、しばし放心状態。もうちょっと喋れると思ったのにな、全然思うように喋れなくてショックだな、というのが本音。でも、この体験がすごく大事なんだと、後にわかりました。このショックがなければ、今の自分の英会話力のなさを、本気で認識することができなかった。(話せなくても目をつむっていた)そしてこのショックを受けたおかげで、「次回こそはもっとたくさん喋る!」「もっとコミュニケーションを取りたい!」という気持ちが強くなり、今回聞き取れなかった単語、知らなかった単語、自分が言いたかったのに言えなかった言い回しを調べ、今回のレッスンがもう1度あったとしたら、完璧に会話ができるようにと、復習をするようになりました。そして、先生がとても優しかったので、なんとしてももうちょっと喋れるようになった時にもう一度その先生のレッスンを予約して、「あの時はありがとう、あなたのおかげでちょっとは喋れるようになりました」とちゃんと伝えたい、とも思いました。4.無料体験 2回目 ~チャット併用のすごさを実感~そんなこんなで、2回目の無料体験。今回こそはもっと英会話するぞー!と意気込みましたが、まだまだ緊張して、うまく喋れません。しかしながら、1回目より少しは慣れ、引き続き先生にレアジョブのシステムの詳細を聞いているうちに、レアジョブでのスカイプレッスンのもう一つのメリットを実感しました。レアジョブでは、スカイプで会話をしながら、チャットでテキスト(文字)メッセージを送受信できます。これにより、「先生の言うことが聞き取れない!もう1回言ってもらってもまだ聞き取れない!」という時にも、文字で書いてもらうことにより、「あ、この単語知ってる! I see, I see!」となったり、知らない単語だった場合はその文字をコピーして、ブラウザで辞書サイトを開いておいてそのままペーストして調べれば、意味がわかります。そんなふうに、チャットは絶好の補完ツールになるわけです。そしてもう一つ。スカイプのチャットは、ハイパーリンクが付いているので、URLを入力すると、クリックするだけでそのページに飛べます。これにより、先生が教材変わりに使うWEBページのURLを入れてくれたり、話題の中でお互いがうまくイメージできない時に、その写真が載っているWEBページのURLを入れて見てもらうことで、「おー、これですね、知ってる知ってる」と盛り上がったりします。実際に私も、フィリピンと日本の食べ物の話をしている時に、画像の掲載されたURLを入力することで会話が盛り上がり、話が膨らみました。例えば、「日本ではメジャーなタコ焼きというおいしい料理を、この今まさに会話をしているこの人に、どんな料理なのか、どうしても伝えたい!」と思うと、頭がフル回転して、会話しながらも辞書サイトで調べたりして、なんとかしていろんな表現を探します。これこそが、英会話を上達させることにつながるし、これを独学で体験することは難しいと思いました。<無料体験へのリンク>⇒オンライン英会話レアジョブ5.入会を決意~1ヶ月利用した今思うこと、オススメのポイント~そんなこんなで2回の無料レッスンを体験し、私はレアジョブへの入会を決めました。 そして、現時点で約1ヶ月間利用し、今後も続けます。実際に1ヶ月利用してよかったと思う点や、皆さんが気になるであろう点などをまとめました。○金額が安く、支払いもしやすい⇒英会話スクールだと、週1回1時間のレッスンで月1万円前後、さらに入会費3万円前後、プラス教材費実費、というのが一般的です。(グループレッスンでそれぐらい。マンツーマンだとさらに高くなります)一方、レアジョブの場合は、私が受けている最小月額料金のコースだと月3000円で、25分のレッスンが週末3回(金土日)受けられます。レアジョブでは有料の教材(Amazonで購入)も使えますが、無料の教材(前述のWEBページを利用)や、教材なしでも受けられます。しかも、全プラン、マンツーマンでのレッスンです。さらに、入会費、年会費もかかりません。年会費と教材費を省いたとしても、一般的な英会話スクールでは1時間あたり2500円、レアジョブでは5時間で3000円、つまり約5分の1の料金ということになります。が、レアジョブの上記のプランは、月額の支払料金は3000円と最小ながら、実は一番割高(!)になっていまして、25分あたり214円です(それでも破格ですが...)。一番お得なプランは「毎日50分コース、月額8000円」で、こちらは25分あたり129円です(!!!)。「同じ金額をかけるなら、その分たくさんの時間英語で話したほうが、たくさん英会話が上達する!」私はそう思いました。これだけ料金が安いと、「安かろう」「悪かろう」と考える人もいると思います。が、レアジョブの場合は、低価格を実現できた、納得できる理由がありました。・スカイプでのオンラインレッスン専門⇒英会話スクールで必要となる、物件の賃貸費および光熱費、受付担当者の人件費、電話回線費が不要(サポートはメールかSkypeなので、電話回線も不要)・フィリピン人講師を起用⇒フィリピン人がフィリピンでレッスンをしてくれるので、賃金が現地価格に抑えられます。尚、英会話スクールの場合は1年間単位の支払いが一般的ですが、レアジョブでは、月ごとの支払いなので、「一度支払うと1年は続けないと損しちゃう」といったことはありません。(もちろん、最低1ヶ月は続けないと損にはなります...)また、支払いはクレジットカードで支払えます。○通学が不要⇒昔、「駅前留学」という言葉が流行しました。その時代では、駅前で英会話が学べるなんて、かなりのインパクトがありましたが、それからさらに時代は進み、スカイプを使うことにより通学自体が不要になりました。「徒歩0分で英会話を学びに行く」という時代です。これにより、「仕事が忙しくて通えない」という言い訳は存在しなくなりました。また、あまり目立たないメリットですが重要なので補足すると、毎週スクールまで通う交通費もかからなくなり、その分のお金も、さらにレッスンを受ける費用や、他の教材を買う費用に回すことができます。通学にかかる時間も、勉強に充てられます。通学中に勉強する人も多いとは思いますが、電車などで勉強する時間より、勉強だけに集中できる時間のほうが、より効果が大きいことは、言うまでもありません。さらには、SkypeがインストールされたPCとヘッドセットがあれば、旅先でもレッスンを受けられますし、もっと言えば、iPhoneにSkypeを入れれば、Wi-Fi環境があるところであればどこででもレッスンを受けられます。○深夜でも早朝でもレッスン可能⇒平日は20:00(開始時刻)~24:55(終了時刻)、休日は9:00(開始時刻)~11:55(終了時刻)と20:00(開始時刻)~24:55(終了時刻)、と英会話スクールではまず考えられない時間帯、早朝と深夜にもレッスンが受けられます。これにより、「仕事が忙しいから英会話ができない」という言い訳は存在しなくなりました。実際私も、仕事のある金曜には23時台に予約したりしていますので、多少残業があっても安心です。それでもどうしても、急な残業が発生した場合も、キャンセルは1時間前まで効きます。(1時間を切ってからのキャンセルや無断キャンセルは、レッスンを1回分受けられなくなるペナルティが発生します)ちなみに、予約はレッスン開始5分前からできますので、「予定がなくなったからレッスン受けたい!」と急に思った場合も、先生が空いていれば受けれてしまいます。これらも、すごいメリットです。そんな場合に便利なのが、携帯サイトです。登録はPCサイトで行いますが、携帯サイトでも予約やキャンセルができますので、出先から携帯でレッスンのキャンセルや予約をすることができます。○スカイプの音質⇒MSNやYahooメッセンジャーでもビデオ通話(テレビ電話)はできます。私も、かれこれ5年前にYahooメッセンジャーでのビデオ通話は体験済で、その時点でSkypeもインストールはしましたが、それらの違いについては全く知りませんでした。それが、今回RareJobでSkypeを使ってみて、その音質の良さに驚きました。電話と同じかそれ以上、携帯電話と比べれば間違いなくSkypeのほうが音質がいい、というのが私の実感です。この点は、語学の学習に於いて、とても重要です。私は今回、RareJobのすごさを知ると同時に、Skypeのすごさも知ることになりました。○講師の特徴⇒とにかく数が多いことは前述のとおりです。数百人。そして、全ての講師が、日本で言えば東大にあたる、フィリピン大学の学生および卒業生。もちろん、学力レベルと講師レベルはイコールではありませんが、このことにより、講師の一定レベルを担保し、人材確保のしくみをレアジョブが作れてしまったことが大きいと思います。大学内で、「先輩がやってるレアジョブの仕事なら安心だから、私もやりたい」と、おそらくクチコミでどんどん講師希望者が集まってくると思います。そして、我々生徒にとっても、たくさんの先生がいれば、講師ごとに特徴がありますから、「今日はこんな話題をしたいからこの人」「今日は文法を詳しく教えてほしいからこの人」と、贅沢な選択肢が得られます。私の考えでは、教え方のうまい人と、そこまでうまくない人と両方受けるのがいいと思っています。なぜなら、英会話を教えることがうまい人、さらに言うと日本語もわかる人、日本人の間違えやすい癖が分かっている人は、こちらの拙い英語でも通じてしまって、うまく会話を運んでもらえるので、なんとなくできちゃった気になることがあります。逆に、教え方がうまい先生には、レベルを把握した上で体系的に段階的にレベルをアップさせてくれるメリットがあります。一方、教え方がそこまでうまくない、経験の浅い講師だと、より「本物の外国人と話している状態」に近い場面が体験できます。もちろん、そうは言っても相手は講師ですので、やさしくゆっくり話してくれてはいるのですが。そして、講師と何度も話して仲良くなるにつれ、よりその人たちの文化や場所や食べ物に興味がわき、自分がこんなことをしてると伝えたくなります。そうすれば、さらに自習をたくさんやるようになりますし、それを次回のレッスンで実践し、どんどん会話のレベルが上がっていきます。補足ですが、自分が予約をしていた講師の都合が悪くなり、やむを得ず講師が変更になることがあります。その場合、レアジョブへの登録アドレスを携帯電話のメールに設定しておけば、すぐに気づけて安心です。もしもレアジョブ側が決めた代理の講師ではなく、他の人のほうがいい、という場合には、Skypeのレアジョブアカウントに連絡を取ります。○フィリピンなまりについて⇒ここを気にする人も多いようですので、率直な感想と、考察を書きます。講師により、フィリピン訛りがある人と、ほとんどない人がいます。それらは、講師一覧で音声が聴けますので、じっくり聴いてチェックしてください。が、私の考えでは、この歳(何度も言いますが私はアラフォー...)で英会話を始めるにあたり、ネイティブの英語(イギリスやアメリカ)にこだわる必要はあまりない(ネイティブ講師を相手にいくら練習しても、私はネイティブ発音になれない)、というよりろくに英会話もできないうちに細かい訛りについてこだわるよりも、まずはとにかく始めて、沢山喋って、ある程度の会話ができるようになった時に、やっぱりネイティブ講師がいいと思えば、その時に初めてチェンジすればいい、と思いました。また、これからの時代は、ネイティブではなく、「第二言語としての英語」が主流になるとも言われています。その意味でも、「発音をネイティブに近づける」よりも、「沢山会話をして、とにかく意思疎通ができるようにする。」を優先させるには、レアジョブの講師の発音は、充分すぎるほどいい、ということになります。フィリピンでは英語も公用語になっていますので、少なくとも一般的な日本人より、英語のレベルは格段上です。そして私の印象では、講師陣はかなり勤勉で、話題も豊富で話し方も明るくて、とにかくレッスンが楽しい!そして、楽しいから続けられる。続けられるから上達する、というわけです。英語の勉強を始める人はすごく多いけど、続ける人はほんの一握りなので、楽しい英会話を習慣にしてしまうのが一番、というわけです。○TOEIC対策用もあり⇒「いつでもどこでも低価格で英会話が沢山できる」ということがレアジョブの大きな強みですが、それ以外にも、初級、中級、上級に分けた教材を使用したり、TOEICに向けた教材を使ってレッスンをしてくれたりと、生徒それぞれの目的に合わせ、いろんなパターンのレッスンを提供してくれます。○スカイプのトラブル等でレッスンが受けられないの場合⇒メールもしくはSkypeで、レアジョブのカスタマーサポートに連絡を取ることができます。こちらは日本語で対応してくれますので(笑)、安心です。今回の記事は以上です。読んでいただき、ありがとうございます。何か他に質問や気になることがありましたら、アメブロへのコメントかtwitterにメッセージをいただければ、できる限りお答えしたいと思います(回答ができない場合もあるかも知れませんが、その際はご了承ください)。次回も、英会話絡みの記事を投稿予定ですので、よろしくお願いします。<無料体験へのリンク>⇒オンライン英会話レアジョブ★オンライン英会話活用塾「ウレシトーク」が開講しました★

      3
      テーマ:
AD
★ランキングに参加しています★
ブログを書いていく励みになります。応援クリックをどうぞよろしくお願いいたします! にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

プロフィール

嬉野克也

自己紹介:
■1973年 誕生 ■1990年代後半~2000年頃 ビジュアル系バンドで活動 ...

続きを見る >

読者になる

旧ランキング

資格・キャリア
137 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。