セレクトショップ的視点のブログ [時計・鞄・靴]

ビジネスマンをイメージ。「モノ」について、最新情報を独自の切り口で紹介するモノブログ。時計・靴・鞄・デジタルグッズ・外食etcイケテルGOODS・SHOPを紹介していきます!


テーマ:

ブレゲ

[BREGUET(ブレゲ)の歴史]

創業:1775年
創始者:アブラアン・ルイ・ブレゲ
グループ:スウォッチグループ
本社:スイス ラベイー

ブレゲ3
「時計の進化を2世紀早めた男」

「時計界のレオナルド・ダ・ヴィンチ」など、
至上の賛辞を受けた天才時計師、アラン・ルイ・ブレゲ。

機械式時計の歴史はブレゲをなくしては

語ることはできません。


ブレゲ創設200年以上経った現在でも、

彼の発明した機械式時計のほとんどの
機構方式が基本ベースとして使用されています。

アラン・ルイ・ブレゲは1747年にスイスで生まれ、

1775年にパリにオープンさせた
店から、ブレゲの歴史が始まりました。


1780年に自動巻き機構を開発し、
衝撃吸収装置、ブレゲひげゼンマイ、トゥールビヨン機構、

スプリットセコンド・クロノグラフなど
次々と画期的な機構を発明し続けました。

彼の発明は複雑機構や構造面にとどまらず、

時計を芸術的作品として高める事にも成功しています。


その技術はマリー・アントワネット妃の注文で作られた
超複雑懐中時計「マリー・アントワネット」に集約されています。

ナポレオンがピレネー越えのときに使っていたの

もブレゲの時計でした。現在では他社の製品でも採用されている、

ギョーシェ文字盤のような装飾もすべて、ブレゲの考案です。


ブレゲ針、ブレゲ数字なども代表的で、

シースルーバックもブレゲによるものです。

ブレゲ自身は1823年に死去しますが、その技術は弟子達の

手によって受け継がれました。1870年には経営権がブレゲ家から

ブラウン家へと移り、1930年代には機械式デジタル表示機構、

ジャンピングアワーやトノー(樽)型ケースがブレゲから生まれました。

1970年以降のクォーツ・ショックにより経営が危機的状況に

陥りましたが、1970年に経営権が、フランス随一の宝石商

ショーメに移り、当時ショーメに在籍していたフランソワ・ボデにより、

現代のブレゲと呼ばれるダニエル・ロート(現在はブルガリ所属)を
迎えて復興し、トノー型ケースや永久カレンダー、トゥールビヨンなど

様々な複雑時計が発表され世に送り出された。

その後も内部機械の開発メーカー、ヌーベル・レマニア社を

傘下に加えた後、1999年、スイス最大の時計企業連合

スウォッチ・グループに参加し安定した経営基盤を手に入れ、

現在に至ります。

ブレゲ2
そして、スウォッチ・グループ総帥ニコラス・G・ハイエックは、
社長は子息のニコラス・ハイエックJrに譲り会長職についていますが、

ブレゲだけは、自ら社長も兼務し、現在も陣頭指揮にあたっています。

公式サイト
Breguet
http://www.breguet.com/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブレゲ

ブレゲ   BG038
参考税込現金特価 680,400 円 
税込日本定価1,018,500 円
トランス アトランティック
タイプ21


この時計知ってます?
ブレゲって言います。というか、僕も最近知った
時計の一つ。

会社では営業職をしている私ですが、
営業先で時計をコレクションしている
お客さんから教えてもらった一本。

やっぱり時計にはこだわりたい!”
という方で、毎週アポイントに伺う度に
新しい時計をされています。

これがまた凄い、
フランクミュラー、ロレックス、カルティエ。
コレクション総額でいうとかなりの金額に
なるのでは!?といつも驚かされます。
オシャレな方です。

その方が次に欲しい時計として、
このブレゲが第一候補。

経緯あって調べてみると、ホントに凄い。
まさに、最高峰って感じです。

現在使われているムーブメントはほぼ
ブレゲから発信されたものといっても
過言ではないくらいです。

色々なコレクションが発表されてますが、
その中でも独自的な視点で選んだ一本が
これです。

少し変わったグレーのダイアルが人と違った
物を持ちたい私の心をくすぐってくれそうな
モデル。

カラーリングだけではなく、全体的なデザインも
かなり存在感たっぷりでコレクションしたい
1本ですね!ただ、高い。。。

次におこる人生の節目に是非購入検討したい
と思います。メーカーの歴史的背景も含めて次回は
掘り下げてみましょうか!?

[公式サイト]
Breguet
http://www.breguet.com/

[アマゾン参考図書]
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
[時計ブランドリンク集]

今日は、ご参考というところで
時計ブランドの公式サイトリンク集を
紹介します。

――――――――――――――――――――――――
IWC(アイダブリューシー)
http://www.dac-inc.co.jp/~iwc/
――――――――――――――――――――――――
CASIO(カシオ)
http://www.casio.co.jp
――――――――――――――――――――――――
CITIZEN(シチズン)
http://www.citizen.co.jp
――――――――――――――――――――――――
SEIKO(セイコー)
http://www.seiko.co.jp/
――――――――――――――――――――――――
TAG Heuer(タグホイヤー)
http://www.tagheuer.com
――――――――――――――――――――――――
BREITLING(ブライトリング)
http://www.breitling-asia.co.jp/
――――――――――――――――――――――――
FRANCK MULLER(フランクミュラー)
http://www.franckmuller-japan.com/
――――――――――――――――――――――――
MONTBLANC(モンブラン)
http://www.montblanc.com/
――――――――――――――――――――――――
OFFICINE PANERAI(パネライ)
http://www.panerai.com/
――――――――――――――――――――――――
OMEGA(オメガ)
http://www.omega.ch/
――――――――――――――――――――――――
ROLEX(ロレックス)
http://www.rolex.com/
――――――――――――――――――――――――
SWATCH(スウォッチ)
http://www.swatch.jp/
――――――――――――――――――――――――
TAG HEUER(タグ・ホイヤー)
http://www.tagheuer.com/
――――――――――――――――――――――――
TUDOR(チュードル)
http://www.tudorwatch.com/
――――――――――――――――――――――――
ZENITH(ゼニス)
http://www.zenith-watches.com/
――――――――――――――――――――――――

第二弾をお楽しみに!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。