思い出のカルテット

テーマ:

黒柳徹子さん主演のお芝居「思い出のカルテット」を観にいきました。

毎年恒例の海外コメディシリーズですが、

大人のコメディの楽しさを三浦みどり先生 に教わって以来、

黒柳徹子さんのお芝居を観るのは、今年で4年目です。


トークショーの日を選んだので、お芝居の後も、

徹子さんからオペラの裏話を通してユーモアたっぷりのお話に

会場も笑いが絶えません。


テレビで観るのとはまた違って、ライブならではの面白さと

観客を魅了する存在感とチャーミングさにいつも感動します。


本物、一流の人を生で感じることができて幸せです。

これからも、足を運び、肌で感じることを大切にしたいです。



AD

「頼まれごとは試されごと」

と聞いことがあります。


何か頼まれるときは、期待されているからこそ。

その期待に応えられるか、期待以上の結果を出せるか

その人の真価が問われている気がします。


試練も、乗り越えれば大きく成長するように

試されごとも、楽しみながら果敢にチャャレンジしていこうと

この言葉を思い出しながら、自分を鼓舞しています。


企業研修のほかに、この秋から専門学校で、

4学科7クラスを受け持っています。

毎週400名近い学生と半年以上関わるなかで、奮闘中です。


せっかくご縁あってご依頼いただいたのですから、「熱のある」授業

「心に響く」講義をしていきます。張り切っていくぞ~。



AD

今日は、ANAインターコンチネンタルホテル東京の会場で

午前中は、介護福祉の方々向けに電話応対研修をいたしました。

電話は、声だけのコミュニケーション。

お客様は、言葉、文言を聞いているのではなく、

声のトーン、語調を感じとっています。

あたたかみのある、寄り添う応対をするためのポイントをお話しました。


そのあとは、こちらのホテルで友人と合流しランチをしました。ナイフとフォーク

大好きな友人との時間が元気の源です。ラブラブありがたい。

SelanStyle~自分の花を咲かせるために~
HPより画像お借りしてます

AD

開く、開く日

テーマ:

私は、数字の中で八が一番好きです。無限大「∞」に似た8の形と

末広がりで、未来に開いていくようで大好きなのです。

2008年8月8日に「セランスタイル」を立ち上げ、

このブログを始めて、毎年8月8日は

誕生日のように大切に過ごしてきました。


今年は、年頭にみっちゃん 目標をコミットメント しました。

その中間報告をパークハイアットのバーで行いました。

お酒も進み、二件目でも熱く語り・・・(^^ゞ楽しいひと時でした。

SelanStyle~自分の花を咲かせるために~

みっちゃん からサプライズがありました。

なんと、誕生日プレゼントに、素敵なスワロフスキーのネックレスを

いただいたのです。4月が誕生日なのですが、なかなか日程が

合わず、8月を迎えたのですが、こんなサプライズがあるなんて

感激です。とても素敵なデザイン。仕事でもプライベートでも

大事につけさせてただきます。ラブラブ

SelanStyle~自分の花を咲かせるために~-20110810095445.jpg
目標のゴールは今年のクリスマスイブ。

お互いに達成させて、笑顔で乾杯したいね。


みっちゃん から刺激を受けて、開く開く日(8月8日)より、新たに出発です。

毎年8月は、“デトックスとインプット”がテーマ。

身体も、心も、頭も、部屋も徹底的にデトックス、片付け、整理をし

下半期にむけて、自己研鑚に励みます。

昨日も、書類の整理を始めたら止まらずに、

明け方までやってしまいました(^v^)おかげでスッキリです。


片付ける。というのは、片をつける。と聞いたことがありますが、

一つ一つ、決着をつけて、完了ぐせをつけていきたいです。

猛暑が続きます。熱中症などお身体ご自愛くださいね。晴れ

半年にわたり結婚相談所のマネージャーやベテランスタッフ向けに

1ランク上の接客向上研修を担当しております。



対面式や90度のブース、それぞれの姿勢や目線、メニュー表の渡し方、

傾聴姿勢、待機姿勢、途中退席での注意点、

効果的なご説明の仕方、状況別の名刺交換など、

現場にそった内容でロールプレイング中心にトレーニングさせていただきました。


・気づいていないところに気づいた。

・無意識を意識できた。

などのお声をいただきました。

本でも、DVDでもなく、研修をする意味がそこにあります。


究極のサービスとは何か?という質問に対して

“身のこなし”と答えた、世界で活躍するソムリエの話を聞いたことがあります。


プロとして知識も、ホスピタリティマインドもあって当然。

美しい身のこなしが、非日常の豊かな空間をつくりだし、

お客様は、そこに価値としてお金を払っているというソムリエの言葉なのだろう。


期待以上のサービスが、感動や感激を生むのであれば

お客様の期待は何か。

どんな価値にお金を払いたいのかを真剣に考えること。

その上で、初めてスキル研修が活きてくるのだと思います。


昨日、「出逢いの大学カンファレンス」というセミナーに参加しました。

DEAI≒IDEA!?「出逢い」は「アイデア」を創りだす。というコンセプトのもと

11名の第一線で活躍するスピーカが15分のプレゼンをするというもの。


特に印象に残っているのが、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究准教授の

ジョン・キムさんのプレゼンです。

一貫して、“媚びない生き方”、“本質以外は削り落とす”という話をされた。

例えば本が300ページあったら、本当に話したいことは1ページ。

それでは本にならないので、299ページを付け加える。

一冊の本を読み、1ページに集約させるという課題を学生に出すこともあるそう。

「299を捨て1を取る。」という話から人生に置き換えて様々話されました。

限られた人生、優先順位、自分の価値基準なくして、自分の山を登れるはずがない。


「自分がした選択がどんな結果になろうと

責任をとる覚悟で下した選択は正しい。」という言葉からも

強いエネルギーを感じた。

本ではなく、ライブならではの醍醐味を感じる瞬間だった。



このセミナー全体を通して印象に残ったキーワードは

「スピード感」「グローバル」「すぐやる」「原点回帰」です。

世界がものすごいスピードで動いている中

自分の揺るぎない軸を持ちながら、変化し、すぐ行動を起こすこと。

そして改めて、

人間としての生き方、振る舞い、素の自分が問われる時代なんだと感じた。

18歳の誕生日

テーマ:

先日、姪っ子の18歳の誕生日に

汐留のビーチェで、ランチを楽しみました。

天井も高く、47階からの眺めも解放感があります。

二人でゆっくりと食事をしながら

仕事や勉強、夢、人間関係のこと、色んなことを話しました。


これから沢山の経験を積んで、楽しんで生きてほしいなと思います。

食事のあとは、近くにある浜離宮で散歩。

暑くて暑くてあせる二人とも汗だく状態。。

庭園の中にお茶屋さんがあるのでそこで抹茶をいただきました。

冷抹茶に癒されました。抹茶

二十歳のお祝いには一緒にお酒を飲みたい。(^u^)楽しみだ。
SelanStyle~自分の花を咲かせるために~-20110623152616.jpg
SelanStyle~自分の花を咲かせるために~-20110623161627.jpg


校外授業

テーマ:

昨日は、非常勤講師を務める専門学校の校外授業でした。

マナー講座のほかに、

ショップ研究という必須科目も担当しているのですが、

学生50名ほどとショップを回りました。


各ショップに単独行動で回り、あるリサーチをするのですが

周りに迷惑をかけないよう細心の注意を払っての行動です。

暑さのなか、へとへとになりましたがあせる

有意義な授業になりました。よかった!

来週はパワーポイントを使っての発表。楽しみです。


夜には、主人が冷やし中華を作ってくれました。

なんとチャーシューは手作り。美味しかったです。


お互いに熱中症など体調には気をつけましょうね。

今日も素敵な一日を(^v^)

SelanStyle~自分の花を咲かせるために~-20110621214443.jpg


世の中を知る講座

テーマ:

中央大学にて「世の中を知る講座」に講師として登壇させていただきました。

今回で3回目ですが、500名もの学生が参加され、会場は熱気でいっぱい。

新しい出会いにワクワクし、責任ある仕事に身の引き締まる思いでした。



5名であっても、500名であっても、一人一人に届けという思いで、

話をするのは何も変わりません。


優秀な皆さんのキラキラした目を見ながら、頼もしさを感じました。

講演終了後も、たくさんの方が、決意や質問、今の悩みなど

話にきてくれ、その言葉や想いに胸が熱くなります。

沢山のパワーをいただいている瞬間でもあります。有難い。


今週も、心を込めて取り組みます。

心がないと、熱のあるものは創れないです。

お互いに、素敵な一週間になりますように・・・(*^_^*)


「面白さ」の秘訣

テーマ:

私自身、今までを振り返り、好きなことや得意なことで

職業を選んでも、初めから楽しいと感じたことはありません。

できないことが多く、凹みながらも、一つ一つやることが多いです。

しかし、やっていくうちに、出来ることが増え、手応えを感じ、

面白くなっていきます。

何かで読んで書き留めた一節に、


『真剣に遊べば、手応えを感じるように、

真剣に取り組まなければ、手応えは感じない。

手応えこそが、面白いという実感の幹だ。

真剣さ→手ごたえ→面白さというように整理できる。』

とありました。


ある学生が授業のあと言いにきてくれました。

『この授業、挨拶とか厳しいし、正直、めんどくさいなと受けていましした。

でも、最近アルバイト先でお客さんや店長に褒められることが多くなって、
バイトが楽しいです。授業も好きになりました」と。


仕事の手応えを感じる瞬間でもあります。


真剣→手応え→面白さ。

これからも面白さを感じる、手応えある仕事をやっていきたいです。