わが人生に悔いなし!

テーマ:

突然電話が鳴った。

 

「〇〇先生ですか!」「◇◇です。」「憶えてますか?」

 

素直で屈託のない元気な声だった。

 

すぐにわかった。

 

その生徒とのあっという間の3年間が走馬灯のように思い出された。

その生徒は数年前、3年間部活で共に夢を追いかけた生徒だった。

今はもう高校3年生だという。

 

(早いな・・・時の経つのも・・)

 

「今度大会があるんです。観に来てくれますか?」

 

私は戸惑った。

 

口から出た言葉は、「連絡ありがとう・・・」「うーん、行けるかどうかは何とも言えないな・・・」「すべてを出し切れるといいね・・・」だった。

 

心の中では「ごめんね・・・」と何度もつぶやいていた。

 

心の中で、「頑張れ!」と応援する自分がいた。

 

その後、当時のメンバーの話やお互いの近況などをしばらく話した後、電話を切った。

 

部活動を通してたくさんの生徒や保護者・先生方との出会いがあった。

たくさん学ばせて頂いた。

苦しいこともたくさんあったが、今となってはすべては良き思い出だ。

 

貴重な時間を共にしてきた一方、結果的には多くのものを犠牲にしてきた。

 

されど、これまでの道のりに悔いはない。

 

無駄な経験など無い。

 

すべては自分の血となり肉となっている。

 

生徒にとってもそうであってほしい。

 

新たな道を歩き始めた今、そう願う自分がいる。

 

 

 

 

 

 

AD