2010年08月15日(日) 10時27分47秒

B-539 カテドラル

テーマ:石膏像 B-部分像 


きょうの石膏像     by Gee-B-539
B-539 カテドラル      H.64×W.28×D.29cm (オーギュスト・ロダン作)



ロダンは”手”にこだわった彫刻家でした。


手首から先だけ、というような作品をいくつも作っていますし、”考える人”や”アダム”なんかを見ていただくとよく分かるのですが、全身像を作った場合でもやたらに”手”が大きく強調されて作られています。


Rodin right hand p1070062.jpg


カテドラルというのは、日本語だと”大聖堂”ということになります。


ロダンはヨーロッパ各地の教会めぐりが好きだったようで、とくにゴシック建築の大聖堂を見る旅に盛んに出掛けています。そして、そういった経験をまとめて”フランスの大聖堂”という本を出版しています。あちらこちらで見た大聖堂のイメージが、この石膏像の中にも宿っているのでしょうか。。。


オリジナルはブロンズも大理石もあって、下の写真はパリのロダン美術館の大理石のものです。


File:Auguste Rodin-The Cathedral-Rodin Museum, Paris.jpg


石膏像の製品になっているものは、アメリカのフィラデルフィアにあるロダン美術館の所蔵しているものが原形であるというデータがあるのですが、ロダン作品は”どれが本物?”という議論はあまり意味がないので、今回はこちらの写真を。


両方とも右手であることを考えると、男と女の手が絡み合っているということになりますね。

それを”大聖堂”と名づけています。


この辺がロダンのすごいところで、彫刻を”上手に”作るということだけにとどまらない大胆な発想があります。


ロダン以前の彫刻家で、”手”だけを提示して、これで完成作品だと言い切る作家はそう多くは無かったはずです。またトルソなんかも、あえて最初からトルソの形で造形して作品にしたというのは、この時代としては非常にまれだったのではないでしょうか。



また、彫刻というものは”形”を造ってゆくものですが、ロダンの作品の多くはその”形”を越えた所に何が見えるかということを追求し続けているように思います。


彼は、かなり有名彫刻家になった後でも肖像彫刻の依頼を受けると、そのモデルの人物について徹底的に調べ上げてから塑像に取り組みました。ヴィクトル・ユゴーの時は、その住まいに押しかけて作家の日常生活の様子を観察しつづけたといわれています。また、バルザックに取り組んだときは、資料をくまなく調査し、生まれ故郷の地に赴きその人となりを調べ上げました。


ヴィクトル・ユゴー


こういった熱心な態度は、結局はロダンが作品制作にあたって、”形”だけを造ろうとしたのではなく対象物の内面まで表現しようとしていたことを物語っています。ですから、しばしばロダン作品では、”形”以上にそのモデルの内面性が彫刻を支配しているように感じられます。


現代では当たり前に感じられるこういった創作姿勢は、ロダン以前のアカデミズム全盛のヨーロッパではとても珍しいことだったのです。


ロダンは国立美術学校の試験に3回も失敗し、結局は入学を果たせませんでした。また、サロンへの出品を拒否されたり、作品が非難されることもしばしばで、その人生は終生アカデミズムとの闘いの歴史です。

それは、ロダンがそれ以前の美術界の常識を大きく覆して前進し続けた証明でもあります。





今回取り上げた、B-539 カテドラルは、私共の運営するオンラインショップ「石膏像ドットコム」で実際に購入していただくことが出来ます。以下のバナーをクリックすると、ショップに入れます。よかったら覗いてみてください。


きょうの石膏像     by Gee-sekkouzou.com





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Geeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:無題

>愛子さん
これは実物を見ると結構迫力ありますよ。

実際の人間の手の3倍くらいのサイズですから。

あと、なんとなくまとまりが良くて、完結してる印象を受けます。すごく存在感のある作品です。



1 ■無題

て、カッコイイ!!
B-539 カテドラルって奴。
凄く好きです。      

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。