土浦市の接骨院|橋本院長日誌

接骨院・整骨院のぶっちゃけ屋が日記なんて書いていいのか?!
治療しても治らない…自己流の健康法じゃ治らない…などなど
現代の腰痛・首の痛みにメスを入れます。


テーマ:

2016年5月より院長は

名古屋の病院に通っていました。

 

さすがに半年以上経って、、

入院、通院するのにも…

 

お金掛かりすぎるので

関東で担当医がOKを出せる

先生居ませんか?と聞いたところ

 

1人だけヽ( ゚д゚ )ノイルヨ!

って話になり、新宿の東京医大に

異動になりました。

 

右足はあと1箇所2cm四方になり

左足の広がった…

 

病名:静脈うっ滞性難治性皮膚潰瘍

 

ここの治療に入るわけですが、

12月より東京医大の心臓血管外科へ

 

心臓血管外科には心臓付近の動脈・静脈

その他の末梢系動脈をメインとする外科が

多く、末梢静脈に強い先生が少ないと、

調べてわかった。

 

新宿の東京医大には末梢静脈に関する

知識豊富な教授がいらっしゃるということで

異動になった経緯がある。

 

現在の状況からすれば、教授の見立て

と1月に行う検査から診断が下りますが

 

現在だと、静脈方面は名古屋の病院で

終了しているようだと先日言っていた。

 

左足に関するうっ滞性難治性潰瘍は

血管外科ではなく形成外科が適正?

 

だろうと、教授からの指示になりそうです。

 

過去にも協同病院の整形外科で

陰圧治療というものをやった事がある。

 

左足にもそれが必要だろうという事で

形成外科を指名されそうです。

 

これからの経緯になりますが、

しばらく通院で1月中旬の検査によって

2月より入院になりそうです。

 

 

 

 

 

 |  リブログ(0)