関 正生ブログ 「暗記英語からの解放」

子供のころ感じた「初期衝動」
新しい英語への「覚醒」
丸暗記では見えなかった「英語の聖域」を
感じとって頂くべく日々精進中。

関 正生(せきまさお) 197573日 東京生まれ。http://sekimasao.net/

慶応大学文学部(英米文学専攻)卒/TOEICテスト990点満点取得


①授業:オンライン予備校『受験サプリ』https://jyukensapuri.jp/

②執筆:著書累計65万部『世界一わかりやすい英文法の授業』など19冊。

③新聞の連載:英和新聞『朝日weekly』にて「英文法のコラム」連載中

④連載:NHKラジオ『入門ビジネス英語』にて「大人のための実践教養講座」連載中

⑤雑誌の記事執筆:『CNN ENGLISH EXPRESS』NHK 英語でしゃべらナイト』寄稿多数

⑥講演:企業講演/各種セミナー/教師対象「授業力アップセミナー」実施

⑦オンライン英会話hanaso 教材監修 http://www.hanaso.jp/

DVD授業:全国のTSUTAYAにて16タイトルがレンタル中 http://tsutaya-college.jp/

      前置詞の授業DVD http://www.nw-r.com/seki.html   


      


テーマ:

ブックファースト新宿店にて

今年で5回目の「名著百選2014~私が今年 出会った一冊~」が開催されています。


僕も3年(4年?)連続でご指名頂きました。


***
以下、ホームページより抜粋http://www.book1st.net/event_fair/fair/

今年1年、ブックファースト新宿店が特別お世話になりました作家、アーティスト、ディレクター、学者、評論家、芸能人など各界の方々から、今年1年に出会った本の中でご自身が名著だと思われる1冊をお選びいただき、展開いたします。
誰もがもっているかけがえのない本「名著」のご紹介をきっかけとして、読者の方々に“新たな一冊”との出会いを増やしていきたい・・・そんな想いとともにお届けいたします。

***


新宿に行った際はぜひ。12/7(日)まで。


過去の写真はこんな感じです。

AD

テーマ:

先日TVで『IPPON グランプリ』見ました。


「叫ぶと必殺技に聞こえる言葉とは?」のようなお題で

有吉弘行さんが「蟹工船」と。


僕は面白いと思ったのですが

点数はイマイチ。


これ、点数押してる人たちが

小林多喜二を知らない、

『蟹工船』という作品が存在することを知らないんでしょう。


有吉さんが適当に組み合わせた言葉と思われたのかと。



…不憫ですよね。


***


僕らの仕事でも、専門書をきちんと勉強しても

不勉強な同業者から「こじつけ」と言われる。


・・・不憫です。


とある有名な専門書を読んでれば

僕の「動名詞のグルグル」は、僕のアレンジは入ってますが

「あ、あれをベースにしてるのね」とわかります。

少なくても、僕の大学のゼミのメンバーなら常識的な内容です。



それが一部の英語教師に通じない。



サプリのデモで、be to構文の話をしているのですが

昔予備校で一緒だった(一度だけ話をした)先生が

自身のブログでこじつけと言っていました。


少しは勉強してくれよ。

ロイヤル英文法にもベースが同じことが書いてあるのに。


これ、元ネタは有名な言語学者が書いた本です。


というより、そんなもん、不定詞の意味を突き詰めれば

自分でわかります。


こういう勉強をしていないと

何が英語学の世界で常識で

何がオリジナルなのかの判断もつきません。


だから「こじつけ」とバカ丸出し発言をするか

もしくは、そのまんまマネをしてしまう。


不憫ですね。

まあ、生徒からはそんな声がまったく出ないのが救いですが。



それにしても有吉弘行さんは、優勝したんですよね。


不憫な中でも、理不尽な環境でも

こういう「圧倒的な力」が必要なんだと思いました。


がんばろ。




AD

テーマ:

ツイッターで書いたことを再掲


来年出版の本の準備を着々と。

もちろんどれも試行錯誤の連続。

今、とある原稿6000字終了。


今まで1年間で最高3冊が限界だったが、

来年の目標は倍の6冊。もちろん質を落とすことなく、

むしろ上げる。


これが口だけで終わるか、

新たな領域に入れるかはあと1年2ヶ月後の自分へのお楽しみ。



…証拠として残しておきます。

AD

テーマ:

今週末の東大英作文対策を皮切りに

来年は東大対策にも力を入れようと思います。


今まで東大英語には興味がありませんでしたが

今年に入ってから少し心境が変化しました。


英語講師は英語力がそのまま学歴に表れます。

英語が爆発的にできれば私大はどこでも受かるはずで。

僕は慶応出身なので、早慶英語対策をする権利はあるが

東大はどうなんだろう、と思ってました。


でも英語だけなら東大も問題なかっただろうから

ま、いっか、ということで。


そして、上記の理由から

東大英語には口を出さないでいたのですが

世に出ている解説本には納得がいなかいことが多くて。

これでは、東大志望者がかわいそう。


なので、僕なりの東大分析を。


まあ、大学卒業直後は

「東大・難関大専門」とついた塾で

働いていたので、自信はあります。



まずは英作文だけですが

来年は、要約・読解・物語・・・すべてセミナーでやるつもりです。


すでに27年分の過去問はすべて解き直し

準備万端です。


英作文に興味ある方は、以下までどうぞ。

https://www.seminars.jp/s/117556






テーマ:

受験生向けの授業やります。



●東大「英作文」対策


東大の過去問を使った英作文の講座ですが
東大に限らず、難しい自由英作対策をしたい国立・早慶受験生もぜひ。


11月8日・9日


もう来週なので、かなりの少人数になるかと。

2人くれば開催しますので。


詳細

https://www.seminars.jp/s/117556



●冬期講習 「英文氷解」


夏にやった長文の冬期バージョン

夏の参加者のレベルが高かったので

それにあわせて「東大・京大・早慶レベル」の記述長文にターゲットを合わせます。

もちろんMARCH志望者も歓迎です。大学以降で知っておいた方がいい内容ですので。


12月1日~3日

こちらは夏みたいにドカ~ンと。場所は渋谷ではなく新宿です。


https://www.seminars.jp/s/117555



両講座、高3・浪人生向けですが、

ハイレベルな高2も可能です。




テーマ:

TSUTAYAにて

TOEICのリスニング対策DVD

3本同時リリースです。



①は弱形だけで1本使ってます。


9月のTOEICでもこのDVDの中で言ったことが

的中しまくりでした。


Part2の「Whyで聞かれたらBecauseは答えにならない、なんて従来の本の内容は通用しない」

というのもバッチリ出てました。


残念なのは、DVDのリリース前だったということ。でも今後いろいろ的中するはずですので。

(本を読んでくれた方はバッチリだったかと)


テーマ:

先月下旬、学校の先生向けの講演で

「授業の空気作り」というテーマで話をさせてもらいました。


受験サプリの運営で

場所は東京駅すぐのリクルート本社。




これは開場前。50名近くの先生にお話しを。


大変ありがたいご感想を頂きました。


ご参加頂いた先生方

どうもありがとうございました。

大変気持ちよく、好き勝手に話したのに好意的なご意見しかありませんでした。




テーマ:

40歳を前に少し心境が変わったことが2つ。


(1)

以前は大学生や若い講師にああしろこうしろと言うこともありましたが

ブログでうるさいこと言うのは激減させます。


もはや人にかまってる暇はないこと

また、ウチの事務所の若いのを育成しないといけないので

(すでに講師1人映像デビュー済み・来年は複数の講師の出版などもプロデュースしまくっていきます)


(2)

何年か前に書いたのですが

「小学生に英語を教えるのは大反対。でも世の動きは変わらないから

僕なりの答えを提示していく」


同様に…

今までは考えていなかった

フレーズ練習ものの本も考えています。



とにかく、いろんなことが頭にありますので

少しずつ形にしていきます。


ブログもツイッターも減らしますが

「結果」は増やしていきます。


テーマ:

アメブロ始めて4年半、その前のブログからは7年近くになります。

来年は40歳になり


仕事のほうはまだまだですが

ただもう若手ではなくなり

業界の中でそれなりに「できること」が増えました。


20年やってきて

次のステージかなと思いまして

心機一転、過去の記事を削除しました。

もちろん何かしでかしたわけではありません。

※サプリのテキストやレベルなど

必要なことは再度アップしていきます。


新たな出発です。


本の肩書きも「1週間に2000人を教える」は、

やたらマネされるようになったので

ボクの今後の本でその表記はすべてやめます。


ちょうど予備校やめて、リアルには0人になったのもありますし、

まあ、ネットを通じてなら、受講者の桁が2つ増えましたが

そんなことより違う次元で仕事をしていかないと、と思いまして。



何はともあれ、充実した毎日ですので。


[PR]気になるキーワード