関 正生ブログ 「暗記英語からの解放」

子供のころ感じた「初期衝動」
新しい英語への「覚醒」
丸暗記では見えなかった「英語の聖域」を
感じとって頂くべく日々精進中。

関 正生(せきまさお) 197573日 東京生まれ。http://sekimasao.net/

慶応大学文学部(英米文学専攻)卒/TOEICテスト990点満点取得


①授業:オンライン予備校『受験サプリ』https://jyukensapuri.jp/

            『資格サプリ』https://shikakusapuri.jp/toeic

②執筆:著書累計80万部『世界一わかりやすい英文法の授業』など21冊。

③新聞の連載:英和新聞『朝日weekly』にて「英文法のコラム」連載中(2011~)

④連載:NHKラジオ『入門ビジネス英語』にて連載(2013~2015)

⑤雑誌の記事執筆:『CNN ENGLISH EXPRESS』NHK 英語でしゃべらナイト』寄稿多数/ビジネス雑誌『The21』『PRESIDENT』『日経ビジネスアソシエ』など取材多数

⑥講演:企業講演/各種セミナー/教師対象「授業力アップセミナー」実施

⑦オンライン英会話hanaso 教材監修 http://www.hanaso.jp/

DVD授業:全国のTSUTAYAにて23タイトルがレンタル中 http://tsutaya-college.jp/

      前置詞の授業DVD http://www.nw-r.com/seki.html   


      


テーマ:

3月あたりにこのブログで以下のように書きました。


***


5月から8月くらいにかけて
普通の読者の皆さんにとっては「ふうん」くらいなのですが
同業者にとっては度肝を抜くことをしていきます。出版に関して計4回ほど。


***


なかなか予定通りにはいかないもので

少し伸びそうですが

まあ、言ったことは守ります。


1つは、5月の、語学出版社の老舗、研究社からの出版です。

英語の先生からはかなり反響頂きました。


2つめは、TEAP対策問題集です。

早くて8月ですが、9月以降にズレこむ可能性もあります。


3つめと4つめはまだ言えません。

これは秋になりますが

それでも実現はしますので。



***


さらに、ブログでは以前、今年は6冊は出したい

といいました。


もう今年も半分終わっているのに、いまだ2冊だけですが

こちらも守ります。

それどころか、10冊出すメドまでつけてます。


質と量を両立させていきます。

自分の理想をガンガン形にしていきます。




AD

テーマ:

10日後に出る本です。



4年前に出た本の改訂版


予備校の垣根を越えて、13人の講師が書いた本です。


僕は英語なのでトップバッターです。


センター試験が大事だという受験生はぜひ。







AD

テーマ:

ツイッターのほうはリアルな感じがあり

新陳代謝をよくしたいので

ツイート消しますので、こちらに保存を。


***


①予備校講師と塾講師の違いだとか、寝ている生徒をどうすべきだとか、そんなことばかり議論してるから予備校界は縮小していっているのだと思う。世間から見たらどっちも「塾の先生」。こだわるのはそこじゃない。寝ている生徒は講師のせい。僕の授業で寝た生徒は、この10年で2人。



②この業界を盛り上げよう、とよく聞くが、ほとんどの人にその覚悟が感じられない。たとえば僕は事務所経営をしながら若手を育成している(映像授業や出版)。人件費と設備に投資し、この1年は1890万円の赤字。もちろん今後回収予定だが、当然うまくいくとは限らない。これが僕の覚悟。


③1つ、英語を超えた大きな目標がある。5月5日の朝日新聞の社説に「子供の貧困」の話。ご飯も満足に食べれず、空腹の夜を過ごす子供救済運動の話。僕はこういう子供に勉強のコツを教えたい。将来は好きな人生を送るきっかけを教える。そのために英語の世界で強烈な結果を残す。


④「貧乏だけど、英会話学校なんて通えなかったけど、関とかいう人のおかげで英語が習得できた。勉強が楽しいと思えた」と言ってもらう。それを成し遂げるためには、予備校だ、英語教育だ、でグダグダ言ってる講師とは、次元の違う結果を出さないといけない。



⑤ということで、あと10日で40歳になるので、30代のうちに毒を吐き出してみました。40歳からはこんなこと言いません(たまに言っちゃうかな…)。40歳から猛烈に突っ走るために、教え子諸君、読者の皆さん、応援のほどよろしくお願いします。



「なぜ貧しい子供に?」と聞かれたら理由は2つ。記事を読んで単に心が動いたから。もう1つは、平日の昼間近所のカフェに行くと、教育ママ達が勉強の話を永遠としてる。めっちゃ金かけてる。日曜にそのカフェに行くと模試の成績見ながら子供に説教してる。なんかヤだなって思ったから。


※この教育ママの話は、書きたいことがたくさんあって

これだけで1冊の本にしたいくらいです。

なのでいつか本にします。




AD

テーマ:

伊藤賀一先生の新刊


『英語で読む世界一おもしろい日本史の授業』


が発売されました。


で、左下に見えるかもしれませんが

オビに推薦文を書かせていただきました。


***


外国の方に日本史を説明するとき

1つの指針になりたい


***


すばらしい発想で生まれた本だと思います。



テーマ:
前のブログの続きです。


何度も何度も言わないといけない

これに確信を得たのは
サッカーの宇佐美選手のインタビューです。

たまたまTVをつけっぱなしにしていただけで
彼の「妄想ドリブル」の話を
2週間くらいの間で3回も見ました。

有名なサッカー選手が
TVという、本とはケタ違いの人が見ているものでさえ
何回も言っている…

これが世の中の真実なんだなあ、と思いました。


本当に自分の文法を広めたかったら
死ぬまでに文法の本だけで50冊くらい出すのが正解なんだと思ってます。
できるかなあ。

テーマ:

僕は今まで

英文法・英作文・英会話・発音・勉強法・英文読解(解釈中心)・大学別対策本(早稲田・慶応)


さらには、対象層でいうと、中学英語、高校英語、TOEIC、一般社会人対象の本を書いてきました。


ここまで幅広く英語を扱う著者もめったにいない、という自負がありました。



英語教育の世界では、1つヒットが出たら

その分野ばかり、たとえば文法なら文法の本だけ、発音なら発音の本だけを何冊も出すというのが普通で

正直、そういう著者が好きではありませんでした。


でもこの1、2年で気づいたのが、ベストセラーといわれる5万部・10万部に何冊か届いてみたところで

世間が大きく動くわけではない、ということです。


何度も何度も、手を変え品を変え、世間に自分の主張を、声を張り上げないと伝わらないんです。

だから僕が嫌いだった同じ本を連発する人、というのはそこに気づいている人なのかもしれません(もちろんそうじゃない人もいるでしょうが)。


「同じ内容」という文句が同業者から出るのですが(そして僕も文句いっていた1人ですが)

そんなもんは、同じ業界にいながら何もわかっていない、行動しない人の発言なのだと反省。

反省したら、即行動(今日も原稿ガンガン書きます)。


ちなみに、同じ内容に見えて、しっかり差別化はしています。

さすがに意図のない出版など絶対にしませんので。


今年は、まず文法を、研究社から出させていただきました。

僕の英文法の本は20万部近く世に出ていますが、今回初めて読んでくれた、という人から複数、

感想のお手紙を頂きました。

本当に出してよかった。お読みくださった方々、どうもありがとうございます。


秋にはまた違った方法で(本ではあります)僕の文法を伝えます。


そして、こんなこと言いながら

文法以外の本も出していきます。


今年は、3冊、うまくいけば4冊問題集を出しますが

すべて文法以外になります。

そのうち1冊はTEAPという試験の対策本です。8月~9月の予定です。


(このブログの続きはまた後日)







テーマ:
研究社からの

『丸暗記不要の英文法』

発売2週間で増刷が決まりました!

学参としては脅威の早さです。

お読みいただいた皆様、
本当にありがとうございます。


少しでも無意味な丸暗記が減るといいなと。

テーマ:

先日行った人材募集、

今までで一番の応募数を頂きました。


ご応募してくださった方々、

ご興味を持ってくださって、本当にありがとうございました。


色々とお話ししたいことはありますが

採用関係はあまり深く言えないので

とりあえず、ご応募頂いたことのお礼と

行動に移したことへの感謝だけを。



関正生


テーマ:

再来週発売の新刊の表紙です。



1907年創業の語学系出版社である

研究社からの初めての出版です。


担当してくださった編集者の方から連絡を頂き

予約がスパークしているとのこと。

早くもご予約してくださった皆様、本当にありがとうございます。





テーマ:

ツイッターの内容は

消すことが多いので、こちらにも。


***


とある受験関係のベストセラー(残念ながら僕の本ではありません)の悪口を結構な数の教師たちが言ったり、RTしたり。


あげくタイトルをいじって笑いにしたり。



これって学校のイジメとやってること同じだよね。


僕は何度も言ってるが、同業者の本に文句があるなら自分が書くべき。


一生懸命書きあげて、

さらには多くの人に見てもらう最大限の努力をして、


その気に入らない本の横に並ぶ。


まずはそこからでしょ。



こういう努力もせずに、

いい年した教師達がネットで自分は安全地帯にいながら文句言うんだからね。


教室で生徒に「努力しろ」と言う資格ないでしょ。



という話。


まあ、こういう話は何年も前から

このブログでしています。


困ったことに「じゃあ、文句言うにはその職業につかなきゃいけないんでしょうか?」という

悩み(クレーム?)を受けたことがありますが

なんでそんな頭悪いんでしょうね。「教師」と言ってるのですから「同業者なら」ということです。


一般の読者の方は、ガンガン文句なり称賛なりするのもわかります。

同業の、いい大人が、仕事の場以外で文句いうのが情けないという話です。


教え子のみなさんは、動ける人間、になってくださいね。
















AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇