関 正生ブログ 「暗記英語からの解放」

子供のころ感じた「初期衝動」
新しい英語への「覚醒」
丸暗記では見えなかった「英語の聖域」を
感じとって頂くべく日々精進中。

関 正生(せきまさお) 197573日 東京生まれ。http://sekimasao.net/

慶応大学文学部(英米文学専攻)卒/TOEICテスト990点満点取得


①授業:オンライン予備校『受験サプリ』https://jyukensapuri.jp/

②執筆:著書累計65万部『世界一わかりやすい英文法の授業』など19冊。

③新聞の連載:英和新聞『朝日weekly』にて「英文法のコラム」連載中

④連載:NHKラジオ『入門ビジネス英語』にて「大人のための実践教養講座」連載中

⑤雑誌の記事執筆:『CNN ENGLISH EXPRESS』NHK 英語でしゃべらナイト』寄稿多数

⑥講演:企業講演/各種セミナー/教師対象「授業力アップセミナー」実施

⑦オンライン英会話hanaso 教材監修 http://www.hanaso.jp/

DVD授業:全国のTSUTAYAにて16タイトルがレンタル中

      前置詞の授業DVD http://www.nw-r.com/seki.html   

NEW !
テーマ:

昨日書店で、僕よりずっと有名な先生の本を見たら


「リスニングで日本人は強形を期待してしまうが実際の会話は弱形」


また別の有名人の本では


「英語は速いのではなく短い」


…まあ綺麗にパクられてます。



自分より知名度ある人にパクられるのは痛い。


若い芽はこうやって潰されていくわけだ。

なかなか手ごわい。


***


正直腹は立ちます。


自分が一生懸命考えて、

魂こめた表現を

安易にコピペされる。


こうやって潰された人、

いっぱいいるんだろうなあ。


まあ正直、現状はお手上げ状態ですけど…



なんとかしますよ。男ですから。


***


以上は、昨日ツイッターにも書いた内容です。

ただグチりたい…まあそれもありますが

教え子の皆さんはこれを他人事と捉えずにいてほしいんです。


というのは、業界が違えど

どの世界でも同じような理不尽なことがあるはずです。


そのとき「関はどうしてたっけなあ?あ、本書き続けてたなあ」と

なれれば、僕のこのブログに意味も出てきますので。


誠実に仕事をしている人間が最後は勝つということを

証明したいですね。





PR
NEW !
テーマ:

今回の本は珍しく

裏側のオビまで写真入ってます。

手間暇かけて作って頂いて

感謝です。


1年ぶりに写真撮影しましたので

他の本の若いときの写真ではなく

先月の姿。


テーマ:

僕がTOEIC本3冊同時発売で「うらぁ~」と思った途端、


村山秀太郎先生から学校の指定教材になりそうな重厚な新刊が届く。



装丁もかなりクール。



一方、伊藤賀一先生はAKBと歴史対談決定。

http://ameblo.jp/tanabe-miku/entry-11824490016.html



生徒諸君、常に結果を出し続ける3人は今年も健在です。



テーマ:

ツイッターでTOEIC本の表紙をアップしたら

凄まじく反響がありました。



早ければ25日(金)あたりに書店に並ぶと思います。

大学生・社会人問わず、TOEICで苦労している人がかなり多いようです。


TOEICの英文は(良い悪いは別にして)深みがないので

正直、腕の見せ所も減ってしまうのですが

それでも、今までの類書にはない視点をザクザクと盛り込みました。


たとえば、リスニングは収録した音声を聞きながら解説。

これ、当たり前だと思うでしょうが、ほとんどの本は

執筆の後に音声収録してます(スケジュール的に楽なんです)。


でもそれじゃ本当に良い解説を書けるわけがありません。

音声がどう聞こえるか、紙面に限りはありましたがポイントをしっかり書きました。

※今後はこのスタイルが取り入れられるべきですし

そうならないようではダメでしょう。



読解の本も、ただ「~と書いてある」ではなく

「こういう表現は読みながらチェック」と

僕の方法論を「含み表現」という名前でまとめました。



そして一番の自慢は「僕自身の体験から生まれた」部分です。

それは「はじめに」を読んでもらえればわかります。


***


正直、発売前に

ここまで注目してもらえているとは思いませんでした。

そこでお願いがあります。

教え子の皆さん・読者の皆さん

どうかぜひ書店で手に取って読んでみてください。

TOEICで目標スコアを取るまでの時間を

大幅にカットできる本だと思います。


単に有名、みんな買ってる…などなどの理由で

何の個性も感じられない・後づけの解説・ただ該当箇所を羅列しただけの本が

業界を牛耳っています。


これを覆すには、大きな力が必要です。

どうかみなさん自身が僕の本で力をつけ

周りに広めてください。


僕にできることはここまでです。

全力で書きましたが、

これが広まらないとTOEIC業界での僕の発言力も意味のないものになるでしょうし

また丸暗記の押し付けをさせられてしまう英語学習者が増えるのです。


どうかぜひ。

そして目標のスコアを達成してください。













テーマ:

さて、もう少しでTOEIC対策本が発売です。

おそらく来週末に書店に並ぶのではないかと思います。


前も言いましたが、僕は別にTOEICが好きなわけではありません。

でもそれで悩んでいる人、昇進に関わっている人がたくさんいて

さらに「これはWhoが聞き取れればできますね」みたいな説明だらけの

TOEIC業界で、僕の方法論は必ず役立つという自負があるので

TOEIC本を書かせてもらいました。


もちろん「全力」で書きました。


***


予備校講師がTOEIC本を書いても

「塾の先生がTOEIC??」とか

「受験英語とは違うし」

と言われてしまうのです。



だから990点満点も何度も取得しました。

そしてそれを公開するのが最低条件だと思ってます。


***


予備校の講師室では「TOEICなんてくだらないよな」という会話がよくなされます。



僕もそう思います。

英文の内容に面白みは全然ないし。



でもそうやって文句言えるのは「実際に受けて、スコアを出した人だけ」です。


「あんなもん、ちょっとやればスコア出るよ」

そういう予備校講師は結構います。

僕も以前はその1人でした。



でも受けてもいないのに

そういうこと言うのはやっぱり超ダサいですよね。


だって僕ら英語講師は

「俺も本気出せば早慶くらい」とか「ホントは東大行けたけど」という生徒を叱るのですから。


なのに自分は「いやあ忙しくて」と言い訳。

超ダサい。


僕だって

何が楽しくて天気の良い日曜にTOEIC受けにいかにゃならんのだと

毎回思ってますよ。



「行動した人間だけが言えること」


それを本にしてみました。

もちろん、TOEICの問題分析にかけては誰にも負けない自信があります。

どうぞお楽しみに。


テーマ:

今日はビジネス雑誌の取材。

珍しくスーツ着ました。


5月に発売なので

詳細はしばらくしたらお知らせします。


この1年で取材の機会が増え

ライターさんのインタビューなども

コツが掴めてきました。


今後も

活動の場を圧倒的に広げていきます。


テーマ:

昨日、受験サプリ関係者全員

(リクルート・撮影スタッフ・テキストなどすべての業務に関わる方々、そして講師陣)

が集まっての懇親会でした。




大変盛り上がり、有意義な時間でした。


ちなみに僕は受験サプリの一番偉い仕掛け人の方の前の席だったので

次の戦略(もちろんしばらくは文字通り「企業秘密」ですが)も聞いて驚き。


凄くモチベーションの上がる集まりでした。




化学・坂田薫先生


受験サプリTシャツを着てもらいました。




テーマ:

昨日1日での校正

ゴーストライターを使ってる英語講師はわずかながらいます。

そんな奴らを必ず超えて見せます。


TOEIC本、予定通りいけば今月末に発売です。

3冊出ます。


1月の締切のころは2冊だったんですが

勢い余って勝手に3冊書きました。

で、中経出版の編集者の方からOKを頂き

3冊リリース。


僕ができることは昨日でおしまい。あとは待つだけです。



[PR]気になるキーワード