関 正生ブログ 「暗記英語からの解放」

子供のころ感じた「初期衝動」
新しい英語への「覚醒」
丸暗記では見えなかった「英語の聖域」を
感じとって頂くべく日々精進中。

関 正生(せきまさお) 197573日 東京生まれ。http://sekimasao.net/

慶応大学文学部(英米文学専攻)卒/TOEICテスト990点満点取得


①授業:オンライン予備校『受験サプリ』https://jyukensapuri.jp/

②執筆:著書累計60万部『世界一わかりやすい英文法の授業』など16冊。

③新聞の連載:英和新聞『朝日weekly』にて「英文法のコラム」連載中

④連載:NHKラジオ『入門ビジネス英語』にて「大人のための実践教養講座」連載中

⑤雑誌の記事執筆:『CNN ENGLISH EXPRESS』NHK 英語でしゃべらナイト』寄稿多数

⑥講演:企業講演/各種セミナー/教師対象「授業力アップセミナー」実施

⑦オンライン英会話hanaso 教材監修 http://www.hanaso.jp/

DVD授業:全国のTSUTAYAにて16タイトルがレンタル中

      前置詞の授業DVD http://www.nw-r.com/seki.html   

NEW !
テーマ:

さて、もう少しでTOEIC対策本が発売です。

おそらく来週末に書店に並ぶのではないかと思います。


前も言いましたが、僕は別にTOEICが好きなわけではありません。

でもそれで悩んでいる人、昇進に関わっている人がたくさんいて

さらに「これはWhoが聞き取れればできますね」みたいな説明だらけの

TOEIC業界で、僕の方法論は必ず役立つという自負があるので

TOEIC本を書かせてもらいました。


もちろん「全力」で書きました。


***


予備校講師がTOEIC本を書いても

「塾の先生がTOEIC??」とか

「受験英語とは違うし」

と言われてしまうのです。



だから990点満点も何度も取得しました。

そしてそれを公開するのが最低条件だと思ってます。


***


予備校の講師室では「TOEICなんてくだらないよな」という会話がよくなされます。



僕もそう思います。

英文の内容に面白みは全然ないし。



でもそうやって文句言えるのは「実際に受けて、スコアを出した人だけ」です。


「あんなもん、ちょっとやればスコア出るよ」

そういう予備校講師は結構います。

僕も以前はその1人でした。



でも受けてもいないのに

そういうこと言うのはやっぱり超ダサいですよね。


だって僕ら英語講師は

「俺も本気出せば早慶くらい」とか「ホントは東大行けたけど」という生徒を叱るのですから。


なのに自分は「いやあ忙しくて」と言い訳。

超ダサい。


僕だって

何が楽しくて天気の良い日曜にTOEIC受けにいかにゃならんのだと

毎回思ってますよ。



「行動した人間だけが言えること」


それを本にしてみました。

もちろん、TOEICの問題分析にかけては誰にも負けない自信があります。

どうぞお楽しみに。

PR
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今日はビジネス雑誌の取材。

珍しくスーツ着ました。


5月に発売なので

詳細はしばらくしたらお知らせします。


この1年で取材の機会が増え

ライターさんのインタビューなども

コツが掴めてきました。


今後も

活動の場を圧倒的に広げていきます。


テーマ:

若手講師でがんばっている

土岐田君がブログを再開しました。


この半年間、ウチの事務所で

相当修行を積んできました。


もちろん、大きく花開く日は

先ですので、みなさん、温かく見守りください。

http://ameblo.jp/kyouyoutoeigo/


テーマ:

昨日、受験サプリ関係者全員

(リクルート・撮影スタッフ・テキストなどすべての業務に関わる方々、そして講師陣)

が集まっての懇親会でした。




大変盛り上がり、有意義な時間でした。


ちなみに僕は受験サプリの一番偉い仕掛け人の方の前の席だったので

次の戦略(もちろんしばらくは文字通り「企業秘密」ですが)も聞いて驚き。


凄くモチベーションの上がる集まりでした。




化学・坂田薫先生


受験サプリTシャツを着てもらいました。




テーマ:

昨日1日での校正

ゴーストライターを使ってる英語講師はわずかながらいます。

そんな奴らを必ず超えて見せます。


TOEIC本、予定通りいけば今月末に発売です。

3冊出ます。


1月の締切のころは2冊だったんですが

勢い余って勝手に3冊書きました。

で、中経出版の編集者の方からOKを頂き

3冊リリース。


僕ができることは昨日でおしまい。あとは待つだけです。




テーマ:

「いいね!」の欄、取りました。

多くの方に押してもらえて

大変ありがたいのですが

たぶんこういう数字があると

内容にブレが生じるので。



よく「私の自己満ブログなんで…」と謙遜する人を見ますが

ブログなんてすべて自己満足以外の何物でもないわけで

自分の書きたいことを書けばいいわけでね。



今まで「いいね」を押してくださったみなさん

どうもありがとうございます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



それにしても、予備校界に毒づいてるときが

一番、数字が多いのは意外でした。


テーマ:

「受験サプリ」のTOEICバージョンできました。

https://shikakusapuri.jp/toeic


これが「4月に公開する大きな企画」と言っていたものです。


※どうでもいいことですが…

TOEICでは「Part」と綴るのですが

動画では「PART」って書いちゃってます。

いつもこれ、間違えちゃうんですよね…

本のほうは直しました。



また新しいリングに上がりました。



大きな企画はもう1つ進行中ですが

まだ言ってはいけないのでいつか(いつ公開か知らないもので)。


テーマ:

「受験英語の有用性」と「僕の英語の理論」をもっと世に広めます。

以前、動名詞の考え方も知らず批判してる

勉強の足りない英語教師のことを書きましたが、

小さい世界で足の引っ張り合いをしてるから

そういうことしかできないんです。



僕のその考え方は、

CNN EE』でも『Asahi Weekly』でも書いてます。

NHKの連載でも書いたかな?書いてなければそのうち)

つまりはそういう雑誌・新聞でも認められたということです。

これが「リングに上がって勝負する」ということです。

こういった場所で認められる・勝負する、これこそが僕が求めている場です。


もちろんこういう場に立てば、もはや強敵しかいません。

有名人・金メダリストのインタビューと並べられます。

TSUTAYAでは芸能人の横です。

書店の語学書売り場でも同じです。とんでもない大御所の横に並べられます。


僕はやっとスタート地点に立ちました。

ここからが本当の勝負です。


テーマ:

予備校の世界ってホストクラブそっくりです。



小~さな箱の中でNo.1を競ってみたり、ツートップだの四天王だの言ってみたり…

店舗の大きさに差があって、大きい店にいると、それだけですごいと思ってしまって。


多くの予備校講師が勘違いしているところなんですが、所詮ホストなんです。

箱の中ではすごいんですが、一歩外に出たら、誰も知らない。



世間では河合塾と駿台の区別もつかないんです。

みんな「塾の先生」って言われるんです。

「いや、塾じゃなくて予備校は…」「おれは○○予備校であの講座を担当していて…」



知らねえよ。



日本の英語教育界に爪痕を残した予備校講師は、

伊藤和夫氏以来1人もいない。



「所詮受験英語でしょ」と20年以上言われ続けてるのに

その有用性を証明しようとしている人はほとんどいない。

そしてそれを実現した人はひとりもいない。


自分の授業数が確保されて、

来年も安定して仕事があることに躍起になっている講師だらけ。



従来の予備校講師の「大手予備校でコマを増やす・単科講座を持つ」という価値観、

それはそれでいいでしょう。


でもみんながみんなこれだけを目指すから、


20年進歩がない化石のような業界なんです。




今までの価値観とはまったく異なる講師の生き方の1つを

僕は示したいと思います。

だからこそ予備校の教壇を降りたわけです。


結果で証明していきます。




[PR]気になるキーワード