SEKIDO 公式ブログ

テクニカルな面が多いです。
マルチコプター
ドローン
空撮
修理
DJI
SEKDIO
せきど
セキド


テーマ:

 

こんにちはセキドです。

国土交通省へ確認を取った内容を共有いたします!

 

日本の領海上空も航空法の適用範囲内となり、飛ばし方によっては通常通り申請が必要となります。

 

例)夜間飛行、目視外飛行、第三者から30m(泳いでる人やボートなど)、浮輪の投下など

 

また、船上からの離陸の場合は問題ないですが、陸地からの離陸の場合は、離陸地点も航空法適用となりますので、離陸させる場所が人口密集地にあたる場合や物件から30mなどの場合は、申請が必要となります。

 

海上で適用される特殊な規則などは特に無いとのことでしたので、国土上空を飛ばすときと同様と考えればよさそうです。

 

河川の上空の場合、河川管理事務所がドローンの進入を禁止している場合はNGです。
1級、2級河川以外にも、河川の定義の中には下記も含まれます。

 

ダム、堰、水門、堤防、護岸、床止め、樹林帯

 

それ以外は通常通りの規則となります。

 

 

■ドローンフライト申請代行サービス

http://sekidocorp.com/apply/
セキド会員のお客様は、特別優待料金にて承っております!

 

 

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・

  セキド オフィシャルサイト: http://sekidocorp.com/

  セキド オンラインショップ(本店): http://www.sekido-rc.com/

  横浜 フライト練習場: http://sekidocorp.com/drone_field/

  立川 ドローン体験型ショールーム: http://sekidocorp.com/sekido-dji-experience-store/

  イベント過去実績: http://sekidocorp.com/workshop_program_n/

  セキド 公式Facebook: https://www.facebook.com/sekidorc

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・

 

※当記事の無断での複製、改編、転載、二次利用などは一切禁じます。

※当記事について電話でのお問い合わせには一切応じられません。ご質問等ございましたらお問い合わせフォームよりご連絡ください。

※記載内容は執筆時点での仕様やバージョンに基づいています。一部機器やアプリ、バージョンなどにより記載内容と異なる場合があります。

※記載事項は予告なく変更となる場合があります。

いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>