SEKIDO 公式ブログ

テクニカルな面が多いです。
マルチコプター
ドローン
空撮
修理
DJI
SEKDIO
せきど
セキド


テーマ:

こんにちは、SEKIDO テクニカルサポートチームです。


本日、お客様にフライト講習をした上での大型機の納品をしてきました。

昨夜は雨でしたし、本日も強風が吹く中

無事に納品ができてよかったです。

講習中は風が一時的に弱くなっており助かりました。


組立→調整→フライトテストを繰り返した機体で完璧に仕上がっている物でも

いざ、納品時には緊張するものです。

気温は低めでしたので、バッテリーの温度には十分気をつけながら現場に向かいました。




上はフライトテストの様子です。


この時期になると、芝などが枯れている為

どうしても、離陸時に枯れ草を巻き上げてしまい

モーターや機体内部に入ってしまって、いただけないです。


そんな時は、手で持った状態からのテイクオフをします。

その方法は近日公開します。


皆さんも気をつけてフライトしてください。('-^*)/




いいね!した人
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


こんにちは、SEKIDOテクニカルサポートです。
今回はINSPIRE1の初心者モードに関してです。


INSPIRE1とパイロットアプリをはじめに接続した際に、推奨設定として初心者モードが案内され、そのまま設定されている方もいらっしゃるかと思います。

この初心者モードですが、具体的には
・GPS感度が良好でないとモーターが始動しない。
・高度制限30m、距離制限30mが自動で設定される。

というものになります。

特に、GPSの受信状態が悪い際にはモーターを始動する事が出来ない、という点はご注意ください!!


初心者モードですが、MCパラメーター設定にてオンオフの切り替えを行う事が出来ます。


また、その上の箇所では距離と高度の制限を設定することが出来ます。


不慣れな方に機体をお貸しする際などにご活用ください!('-^*)/


いいね!した人

テーマ:


こんにちは、SEKIDOテクニカルサポートです。

今回はINSPIRE1のバッテリーの充電に関してです。


INSPIRE1のインテリジェントスマートバッテリー(機体側バッテリー)と送信機は、
機体セットに同封されている共通のチャージャーを使用して充電します。
機体側専用、送信機専用のコネクタが両方とも付いています。


この時注意していただく必要があるのが、
機体側バッテリーと送信機の充電を同時に行わない
という事です。
チャージャーがオーバーヒートしてしまいます。


また、INSPIRE1の機体側バッテリーの充電コネクタはPhantom2シリーズのバッテリーと形状が似ています。
形は似ているのですが、電圧などが異なるので
必ず各バッテリー専用の充電器をご使用いただくようお願いいたします。

混在しないようご注意くださいね!
('-^*)/



いいね!した人