SEKIDO 公式ブログ

テクニカルな面が多いです。
マルチコプター
ドローン
空撮
修理
DJI
SEKDIO
せきど
セキド


テーマ:

発売が迫っているMavicProの気になる箇所をズームアップします!

 

機体の大まかな外見は以前の記事を参照下さい。

今回は更にズームしていきます!

 

まずは送信機。

今までは無かったLCD画面が付きましたね!

細かい表示がありますがそれぞれ見ていきましょう。

今まではGoアプリを通して確認していた諸項目がスマホ無しで確認出来ますね!

下部の「対地高度」と「高度」の違いは以下のようになります。

対地高度:飛んでいる真下の地面から機体までの高さ

高度:海抜からの高さ

 

 

短いケーブルでスマホと送信機を繋げます。

邪魔にならないよう送信機の形状に沿わせる事が出来ます。

 

 

アンテナ、スマホホルダーを折りたたみ、送信機スティックを外した状態。

アンテナは綺麗に交差するよう設計されており、折りたたんだ状態で軽く固定出来ます。

※生産ロットによっては取り外しが出来ない送信機もあります。

 その際は無理に取り外ししないでください。

 

それではお待ちかね機体の詳細です!

 

ジンバルの上部一部は機体の中に埋め込まれています。

サイズは非常に小型ですが可動範囲はPhantom4と同じ!

ジンバルダンパーは飛行特性からか柔らかめに感じます。

 

機体下部は全面金属製です。

これは放熱効果を考慮して設計されています。

細かいフィンが縦に入ってますね。

前部には通風用の穴が空いています。

 

サイドにはWifiと送信機の切り替えスイッチとSDカードスロット、送信機リンクスイッチが蓋の中に隠れています。

スマホだけでMavicを飛ばすモードの際は、このスイッチをwifiに切り替えます。

 

後部のDJIロゴは彫り+着色なので消えてしまうことはまず無いでしょう。

アーム部のMavicロゴは直接印字です。

 

如何でしたか?

発売がますます楽しみになってきますね!

MavicProについて知りたい情報があればどんどんFacebookなどでリクエストして下さい!

 

迷ってる人もまずは会員登録してMavic情報をGETしましょう!

https://goo.gl/GB3McE

 

今予約購入なら入荷次第発送!
Mavic Pro(送信機付)
【 https://goo.gl/WIy6fn 】

Mavic本体に加え予備バッテリーやカーチャージャー、専用ショルダーバッグなどが付いた(フライモアコンボ)
【 https://goo.gl/Ga8Eeb 】

いいね!した人  |  リブログ(0)

SEKIDO 公式ブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります