20140307210356dennsisuu.jpg
NASAの公開している電離層全電子数(TEC)が今月に入ってから世界中で急上昇しています。環太平洋火山帯を中心に、ユーラシア大陸、南北アメリカなどで高い数値を観測しており、いずれの数値も前代未聞と言えるような異常値です。少なくともこの一年間で観測された値では最も高く、当面は電子数が跳ね上がっている場所で地震に警戒が必要だと言えるでしょう。

電離層と地震の関係については、千葉大学や中部大学などの専門家らが参加している「地震解析ラボ」も、「大地震前には電子数や電離層の動きが大きく乱れる」と述べています。他にも多くの観測者や専門家が大地震前に電離層で異変が発生することを指摘。この辺の説明は前にもしているので省略しますが、地震の前兆を示す電子数が世界規模で急上昇していることだけは覚えておいて下さい。
*即座に発生するわけではなく、高い数値を観測して数日から数週間程度で対応地震が発生することが多いです。


☆BOPPO ‏@Boppo2011
URL https://twitter.com/Boppo2011/status/441872516387074048/photo/1

引用:
【要注意】NASA-TEC(電離層全電子数)は異常記録を更新中
2/28から今日で8日目に突入(至近3日と下段は平時)
もはゃ未知の領域、終息を待たずに大型発震もあるか…
http://1.usa.gov/1e3ebc6 pic.twitter.com/ygPo9OykJB
BiHYtmfCcAAhS0k.jpg
@Boppo2011 【信号復活】
終息したと思った「うなぎ君」ですが、
再び信号が復活、現在も継続中です。
これで6日間連続となり、NASA-TECと共に記録更新中!
前兆の長期化が、ラスボス(M8?)の暗示でない事を祈ります… pic.twitter.com/IyiujFJUw8
BiDaXFFCcAAkn7i20140101.jpg
:引用終了

☆NASAの電子数データ
URL http://iono.jpl.nasa.gov/latest_rti_global.html

↓3月2日
latest_rtidennsisuu20140303.gif
↓3月3日
latest_rtinasadennsisuu20140303010202020.gif
↓3月4日
latest_rti20140304ntec.gif
↓3月6日
latest_rti20140306.gif
↓3月7日
latest_rti20140307.gif

☆地震解析ラボ 観測システム
URL http://earthquakenet.com/blog/observationsystem

引用:
20131230-205757jisinnrabo1230.jpg

VLF解析データとULF解析データ、およびGPS電波データ。
3つの解析データを合わせることによる
高い精度の予測システムの構築を図ってまいります。


現在の予測情報は国内VLFネットワークによる観測結果です。

国内7観測点=電通大:北海道母子里、東京調布、春日井(名古屋)、津山、高知、IS:中標津、三宅島に設置し、(1)JJI局(九州えびの、22.2kHz)、(2)JJY局(福島、40kHz)、(3)NWC局(オーストラリア西部、19.8kHz)、(4)NPM局(ハワイ、21.4kHz)、(5)NLK局(米国、24.8kHz)を同時受信しており、多くのVLF/LF送信局電波の電離層、大地導波管内伝搬波の振幅と位相を各観測点にて精度良く計測しております。

しかしなお地震が想定される地域を絞り込む等、解析精度を上げるため観測点の増加、および伴います機器類のテストを漸次実施致しております。追加観測点として、現在東北・北陸・山陰に設置準備中です。
:引用終了


防災対策関連記事

☆【防災】大地震が発生したときの対処法 実は机に隠れるのは間違い!?非常用バックに入れるべき物
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-149.html


☆【大地震対策】外出時に持っておきたい防災グッズ!予備充電器、現金、飲水、食べ物、ミニラジオなど
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-79.html

AD