世間は、クリスマスで盛り上がる中、
僕は、頭にトナカイの角をつけた客室乗務員のサービスに心を盛り上げる。

オサレにワインばかりをオーダーしボロ酔いである。
ぬ。

ダルエスサラーム→ヨハネス→パース→メルボルン→ホバート

飛行機好きだから大して苦にはならない。



{A5CE84BD-AECC-44FC-B26C-5E959A36BE37}



{37F1DFFB-AE6B-4BAC-ACCE-5B4D04C940F1}


それより、オーストラリアに入国する為の出費が思ったより苦しかった。

航空券、ビザ、健康診断を含めて、20万円飛んで行った。

着いてから仕事までの準備も含めて3000ドルは、タダ働きも同然。

それからが、次の旅に向けてハイパー貯金モードへの本番となる。

ひもじい心からのスタートだが、
オーストラリアに着いてカラッとした空気を吸うと心が広くなる。


{16724664-C2B9-4280-9264-62919A77B3FC}


お久しぶりのオーストラリアの空はどこまでも広く青々しい!

最後だぜ!オーストラリア!

人目気にせず背伸び出来る!

この開放感!

空港のWi-Fiもビュンビュンだし、

トイレも綺麗で気持ちよくブリブリ出来る。


{795D75AF-0C48-43CB-8E9E-167DFF64D67A}



{9E9F1B91-AD7D-481F-8028-E2901E45A59C}



{30C4B3F5-9B10-4EE4-AEDE-CD3E03D8071A}


久しぶりのホバートの街並み。

2回目だから特にワクワク感は無いが、目に映るものが全て美しく整備されている。

200年前から建っている建物もあるのに、古臭さは感じなく、歴史の味がある街なのだ。

違いすぎてアフリカと比べようがないが、ゴミは落ちてないのが当たり前だし、僕より汚い服着た人も見当たらない。

だが、物価は10倍くらいに感じる!

ここでの、最低紙幣5ドルは、タンザニアで払う時渋っていた最高紙幣とほぼ同額なのだ!

10円ケチケチしていた感覚では、やっていけない。

ボトルコーラ30円では買えなくなる。

一食100円では食えなくなる。

慣れるまではアフリカの方が落ち着くなぁと思う。


さて、昔働いていたファームへ戻る。

土居田舎でバスも無いし、ヒッチハイクした。
20分まって20台ほど通り過ぎていく。

いい車や金持ちは載せてくれない。

だが、程よくボロい車は乗せてくれる人が多い。

乗せてもらったら黙っているわけにはいかないので、何か楽しいお話を提供しなければならない。

日本でのヒッチハイクの経験は無いが、
オーストラリア人の性格だと、とにかく自分の事ばかり話したいお喋りが多い。

僕が、話すスキすら与えてもらえず、楽しいお話をして頂いた。

逆に楽でいい!


{AA7FB0A9-DEF2-46C1-B44D-9450FD11F7DA}



{825599A3-1D5F-4326-9117-98688C76EE0C}


無事着いた我がファーム!

雨の日なので、ヘリコプターの風力でチェリーについた水をぶっ飛ばす!という
ド派手な整備をしている。

タスマニアチェリーのブランドは世界一。
そのタスマニアの中でもここは1番デカイファームらしい。

相変わらず、リッチなファームだ。

さて、さて

仕事は明日からと聞いていたが

年が明けて5日となるみたいだ。

とりあえず、のんびりして時差ボケでもなおすとしよう。


ブログランキングに参加しています!
下の絵をクリックしてランキングに飛べばポイント加算されます。

にほんブログ村


AD