土曜日

テーマ:

土曜日は、トップと試合の時間がかぶったので、ユースを優先しました。

トップは見たい選手も出ませんし。

それをその見たい選手本人に言ったら彼は笑っていましたがね。


ユースはこのところ試しているフォーメーションで試合に臨んでいました。

かなり変則なシステムに見えたので、選手たちに確認したところ、やはり自分の見た通りのようです。

同門対決。

相手は支部のヴェルディ相模原ユースです。

あちらの10番でキャプテンは顔なじみの選手なのですが、久々に顔を見て、いろいろと考えさせられます。


試合はもちろん圧勝。

このシステムが定着してうまく回るようになれば、かなり見ごたえのあるチームになるでしょう。

AD

リトル・マラドーナ

テーマ:

ユースのリトル・マラドーナは手術をしたので、復帰に2ヶ月くらいかかるそうです。

ということは、ユースの苦戦はまだ続くのでしょうか…。

ところで、このリトル・マラドーナというのは、プリンスリーグのプログラムに載せられた各選手の一言セールスポイントなのですが。

聞くところによると、監督の手によるものということで、柴田さんが各選手をどのように見ているのか、なかなか興味深いものがあります。

なかには、自分がここで書いた覚えのある言葉が使われていたりもしますが…(笑)。

AD

プリンスリーグ

テーマ:

ユースはジェフ千葉ユースに快勝です。

前の試合の後、3年生が自主的に坊主頭にしたそうです。

2年生も坊主なんですけど、こちらは違う理由だそうで(笑)。


試合の方は、新司令塔中心のパスサッカーを一時的にあきらめたのか、従来の前に蹴るサッカーでした。

雨は上がったものの、水のたまった人工芝で、ボールが止まります。

しかし、ヴェルディユースの気迫は凄かった。

ご父兄の気合も違います。

お手製のボードをフェンスに貼り付けて、『とにかくガンバレ!!』との言葉通りの応援です。

応援団の声援はなかったものの、何よりの応援だったでしょう。

AD

新顔

テーマ:

また新しく外国人練習生が来ました。

ベットは大きくて日本語が少し喋れるアルゼンチン人ですが、今度は小柄なブラジル人。

マテウスです。


緑の服

テーマ:

期せずして泰成と言葉を交わすことに。

ちょうど通りかかった泰成の服は鮮やかな緑。

思わず“緑着てますね”と口をついて出ました。

こんな一言に、わざわざ振り返って、”緑が好きなんです!”と笑顔。


かける言葉が見つからないので、今までは挨拶だけで口を利いたことがなかったのです。

は~、こんな気さくな人だったんだ。

今期

テーマ:

某氏のところが休止しているせいもあって、ブログを書いてくれとこの頃要望を受けます。

愛着のある昨シーズンまでの選手のほとんどが移籍をしてしまったこともあって、なかなか今期のトップチームに関してはモノを言うのが難しくなっています。

思い入れを持ってプレイを見、それに関して話を本人たちとかわし、それをブログにアップするという行為ができないでいるのです。


しかし待っていてくださる方々がいるということをふまえて、少しずつでも書いていこうかと思います。

久々の味スタ。

テーマ:

スタジアムに行くと、見覚えのない背番号。

塗師だと仲間が教えてくれました。

いきなり出ていてびっくり。


塗師は水曜開催の試合しか出られないそうです。


今日の相手GKはヴェルディユース出身。

きっといつもの試合より気合が入っていたであろうことは想像に難くない。


ユースの公式戦

テーマ:

5月7日(日)  11:00  ヴェルディグラウンド

ヴェルディユース vs 武南高校


最近見に来てくださる一般の方が少ないんですよね…。

ご父兄や応援団以外の方が。


一見の価値ありです。

ここが見所、というお勧めのポイントがあります。

それは、お会いしたときに…。


ユースの事って、結局、あまり公には書けないんですよね…。