立川と一樹

テーマ:
今更だけど、立川のイヴェント。

ゆっくりと選手と接する時間を取っていただいたのだけれど、日ごろランドで接触している我々としては、改めて話すネタもなく、かえって戸惑うような時間だった。
Q&Aでは、真っ先に自分の質問が採用されたのだが、すぐに自分だと知人に見破られる始末。
でも、大学順調?なんてそうしょっちゅう訊ねるわけにもいかないし、適度な質問でしょ?
残念なことにあまり順調には勉強していないらしいが。
あんなに勉強したかったって、言ってたじゃないか、一樹。

閉会後も、お店の方のご好意で、おまけの楽しみ付き。
楽しい時間を、どうもありがとうございました。
内容はアップできないので、聞きたい方は、直接お話しましょう。

選手たちの席が逆光で、写真も撮れなかったけれど、おなか一杯ご飯を食べて、まったりとトークを聞いて、やはりというか、あまり機嫌がよくは見えなかった一樹にサインを貰い、…そんなイヴェントでした。

自分たちのテーブル以外は、知った顔もなく、いろんなヴェルディファンの方がいるのだな、と改めての感想。

お隣のテーブルのお着物の方は、某ブログの方かしらん、などと思いながら。
自分はただ読ませていただいているだけなので、声もかけませんでしたが。
AD

駆け込みで開始!

テーマ:
天使たちとは。

それは、主にヴェルディユースの選手たち。
他、トップチームの選手たち、ヴェルディバレーチームの選手たちやベレーザの選手たち、の一部(笑)。
自分にとっては天使のようなもの。


先日、ユースの某君に、

ユースの応援をして欲しい、僕らにとっては励みになります!

と熱心にアピールされて、では、自分はどうしようか、と。
別の某君には、ヴェルディのチーム全体を応援して欲しい、と。
それで、少し自分のヴェルディ漬けの日々でも公開してみようかという気になりました。

いや、HPは作りたいとずっと思ってはいた、けれど、方向性をどこに定めてよいのか分からなかった。
先日、初めてお会いした某氏に、ヴェルディ漬けですね、といわれて改めて自分を振り返ると、確かにその通りだった(笑)。
バレー会場で会った星見さんに、熱心ですね、と言われてもピンとこなかったんだけど、別に熱心なわけではなくて、自分は空気のようにヴェルディを呼吸している。

ユースを応援している、というより気晴らしに眺めている自分は、自分のほんの一部だったりする。
今後、ユースに比重が移っていくのか、否か、このブログとともに、考えていこうと思う。

というわけで、ポストカード配布に行けそうなので、また行ってきま~す!
(31日だと行けなかったかもしれないのでね )
AD