人気の前世

テーマ:

皆様、こんにちは。エミリーもすっかり穏やかな仏様になり、「憑き物が取れた」私、「前世が出て来てコンニチハ」というタイトルのブログ記事のネタにも困って参りました。そこで久々にしたネタ探しで発見したもの。

 

霊能者や占い師のする前世鑑定で言われる歴史上有名人の前世トップ3と言うのがあるそうです。

一位は信長、二位は秀吉、三位は家康。戦国武将が人気のようです。どうも歴史ドラマの人気者が前世セレブとして浮上するらしい。100年後の未来の前世鑑定では、前世はドナルドトランプとか出てくるんでしょうかね。前世はキムジョンイルとか言われて嬉しいか?

 

どうして霊能者は、歴史上有名人の名前をクライアントの前世として出すのか?あくまで私の私見ですが、霊能者の責任回避のような気がします。とりあえず歴史の有名人の名前出しとけば文句来ないだろ、みたいな。まぁ霊能者も霊能者ですが、こういう霊能者に鑑定依頼するクライアントにも問題がありますから、破れ鍋に綴蓋って事で良いのではないでせふか。

 

でも三畳一間のボロアパートに住んでて(しかも共産党や公明党のポスターが街のあちこちにたくさん貼ってある香ばしい地域)、会社の女子社員達に人間扱いされてないようなおっさんが皇居を高々と指差し、

 

「俺は前世であそこに住んでいたんだぜ。徳川家康だから、前世が。そう霊能者に言われたんだ」

 

なんて言おうものなら、皇居のお堀で溺れ死ねって思うわ。

 

「じゃあ今あなたがお殿様の厠のような家に住んでいるのは、前世の業なんですか?」

 

なんて聞かないようにはしますが、心の中では思ってしまうでつよ。

 

歴史上有名人の名前を前世として挙げる霊能者の全てがインチキやリップサービスとは思いませんが、その霊能者が何を言うかや日頃の活動なども鑑定結果の判断基準になると思います。

 

中には本気で、

 

「あなたの前世は秀吉です」

 

と断言するする霊能者もいるかも知れないですが、その霊能者がどの次元の非物質存在と繋がっているかでそう思わせられる事もあると思います。

 

私は霊能者じゃないし、他人の前世鑑定などもちろん出来ませんが、常識を踏まえてのクリティカルな目と言うのは不可欠だと思います。

 

スピな世界でよく言われる、

「現代の科学で証明出来ないものはたくさんある」

「常識なんかに囚われているから非物質世界が分からないんだ」

というのも一部その通りだとは思います。しかし何でもかんでも霊能者の鑑定や、一瞬見えたデジャブ現象などを鵜呑みにしていくのは、判断を誤る原因の一つになるだろうと思います。

 

私は霊能者の人に、

「私の前世を視て下さい」

とお願いしたことはないのですが、もし鑑定依頼して

「楊貴妃です」

なんて言われたらかなり嫌です。インチキであって欲しいでつ。

 

「え?今生どうしちゃったの?」

「やっぱ前世の業だよね」

とか口に出さなくても、顔の表情で分かるもの。

 

これもある意味のリーディングですね。

 

 

 

 

 

AD

皆様、こんにちは(嗚呼、何てベタな冒頭文なんだ)。

 

第十回共同探索「非物質存在の訪問」ご報告でつ。

 

久々のエネルギーワーク。

「みっきーさんのガイドのリロ君に会いに行く」と言う意図を表示。

 

ファンビレへはガイドなしでも行けますが、今回はちとガイドを呼んでみました。

まず出てきたのは、時々非物質世界のガイドとして登場してくれる、今で言う静岡でお茶摘みの仕事をしていたらしい男性。

そしてもう一人のガイドはエミリー。今回は2人もガイドがお迎えしてくれてジャスゴー。

すげー近いのに何故か馬車にのってクリスタルの前へ。

静岡のおじさんはここで消え、エミリーだけが残りました。

 

そうしたらいわゆる円盤型UFOがクリスタルの所へ現れてくれました。かなりマンガチックな感じ。嗚呼,何て非物質界はラクなんだ。

UFOからは緑色の光。リロ君の色。

 

まるの日さんが描かれたリロ君の絵を見た事画があります。かわいらしいヒューマノイド型の宇宙人少年でした。彼なら怖くないので姿を現してくれてもOK!って思っていたのですが、緑色の光しか出てきません。

エミリーにはボソリと、

「本当は宇宙人に会うのが怖いんでしょ」

と指摘されました。うーんん、そうなのかしら。リロ君なら大丈夫かなって思ったのですが。

リロ君も私の潜在意識を察してくれていたのかも知れません。

リロ君との接触はこれで終わってしまいました(汗)。

 

せっかくファンビレ来たしエミリーとお話でも、とも思ったのですが、彼女の作ったブルーベリーパイとか出てきそうだったので、戻って来てしまいました。エミリーの料理って、ちょっとヘビーな気がして、、、。パイの横にたっぷり生クリーム添えたりされそうだし。本人はサービスのつもりのようですが。

 

テーブルの上で知覚した料理は、ワンタンスープ。私は咄嗟に何故か浮かんだ生牡蠣にレモンを添えたものを置いて来ました。

 

白い箱の中にはピンクのブラシを入れました。

AD

皆様、こんにちは。

前回いつブログを更新したか忘れてしまった程遠い昔のような気がします。ああ、そうだ、ローマ法王が来た時だ。

うちの旦那なんか、ローマ法王を偶然二回も見たそうな。何の信心も関心もないくせに妙に祝福されてる?逆に熱心なカトリック信者の知り合いは、肝心なローマ法王訪問の時、熱出してぶっ倒れてました。

 

特にスピな話題もなく、何書こうかなと思っていたのですが、ふと思い出した事を書いてみようかな、と思いました。

ジャジャーン!「スウェーデンにおける魔女の位置について」

 

何かマニアックな件名ですが、個人的経験などをしとつ。

もう10年くらい前?の話ですが、宮崎アニメのスウェ語字幕アシスタントってのをやった事があります。

宮崎アニメに関心ないので、ナウシカくらいしか見た事無かったんですが、アシしたのは「トトロ」「紅の豚」「ゲド戦記」「魔女の宅急便」。あと何か青春もの。タイトル忘れてしもたー。

 

私の仕事と言うのは、英語字幕と日本語のセリフを見ながらそのかみ合わない所を指摘し、翻訳家のスウェ語字幕のズレを修正する、みたいな感じだったと思います。スウェーデン人翻訳家は日本語が分からないため英語字幕を訳していくわけですが、この英語表記が間違っていくと電報ゲーム的にスウェ語字幕がおかしくなっていくので、劇場公開前に修正しなければならないのでつ。

 

そして「魔女の宅急便」字幕作りの時。日本語オリジナルなセリフで、

「まぁ何て可愛い魔女さんなんでしょ」

みたいなセリフがありました。私はそのまんま東それを直訳してスウェ人翻訳家に伝えました。しかし彼は、

「このセリフは無理だ。魔女が可愛いってスウェーデン人には理解が出来ない」

「でも実際キッキは可愛いですよね」

「そうだけど、そういう問題じゃないんだよ。参ったな」

と翻訳家は頭を抱えてしまいました。本当に参ってしまったようです。そういえば昔、まいっちんぐマチコ先生って言うアニメありましたね。まいっちんぐなんてどうやって外国語に翻訳するんだ?

 

私はスウェーデンの魔女の位置なんか知らないし、取りあえず歴史文化は置いといて、「魔女の宅急便」の主人公キキだけ見てれば良いんじゃないかって思ったのですが、劇場公開される映画の字幕では、見る人の文化背景ってのを考慮しなければならないようです。そーか。そーか。

 

翻訳家さん曰く、魔女は悪者で醜くなくてはならないそうです。確かにシンデレラや白雪姫なんかに出てくる魔女はギョロ目に鷲鼻でお世辞にも美しいと言えない容姿ですが、あれはまぁ魔女に対するイメージと言うか、メタファーなのでせふ。ギョロ目鷲鼻が、欧州におけるブスの象徴なのかも知れません。

 

そして「可愛い魔女」に対する苦肉の翻訳は、「小さい魔女」になりました。大柄より小柄の方がまだマシなんぢゃね?って言う翻訳家さんの判断でした。「可愛い」と言う表現は魔女には文化的に使えないって事で、原語却下。日本人の私にはよく分からなかったですが、文化の違いと言うものを感じました。

そう思うと、やっぱり字幕って言うのは電報ゲームっぽくなっちゃうのかなと思います。

 

その後、スウェーデンにおける魔女裁判の事や魔女、もしくは魔女嫌疑にかけられた人が処刑まで投獄されていた地下室などに遭遇する事になるのですが、いやはや妖気ハンパなし!

 

長くなったので、続きは次回にパー

 

 

 

 

 

 

 

AD

ローマ法王が来ました

テーマ:

皆様、こんにちは。

 

今の所、研修で無遅刻無欠勤の私、今日初めて遅刻しました(でも良く分からないけど実は遅刻じゃなかったらしい)。何故なら、ローマ法王がルンドに来たからです。千年の歴史を誇るルンド大聖堂で記念式典。

黒い服の方が、ルンド大聖堂の大主教。

 

何でも今年はルネサンス500周年記念で、カトリックとプロテスタントがまっと歩み寄りませふと言う事らしい。地球規模で周波数が変化していると今言われていますが、その影響なんでしょうか。

 

平和式典にもかかわらず警備の重厚さは半端なく、街中の交通はストップした為、バスが遅れまくって私は遅刻しました。

教会の前の物々しい警備。ルンド大聖堂は、千年の歴史があるので元々は当然カトリックでつ。よくスペインから来る観光客にグレーで汚い。どうして洗わないんだ?ってスペイン語ガイドさんは聞かれるそうですが、教会って洗えるのか?

 

私利私欲が絡むと世界平和もすっ飛ぶエゴ丸出しのあたくし。宗教改革なんかするから私が遅刻するのでつ!と思ってしまた。

 

私のようにバタバタした人間もいれば、旦那のように出勤に何の差支えもなく、あまつさえ通り過ぎたローマ法王を目撃したと言う人もいます。法王を乗せた車がたまたま通り、中から人に手を振る法王が見えたらしい。この差は何!この差は!

 

研修先でもルンド大聖堂内での式典をテレビで見ましたが、普段カトリックのお坊さんって見慣れないので、びっくりしました。環境って怖いですね。本当に映画で見るような恰好しているんだなって。

 

環境によってカトリック、プロテスタント、真言宗、浄土真宗、シーア派スンニー派など宗教信条や宗派が無意識に浸透し人に影響を与えていると思うと、宗教と言うものの重さを感じます。

ルンド大聖堂の式典を見ながら、そもそも宗教って何だろう?と基本的な疑問が頭を過りました。

 

宗教改革500年記念って、500年前と今が繋がっている事自体が不思議です。人間は500年前とあまり変わらないって事なんでしょうか。

 

 

空間にある情報

テーマ:

皆様、こんにちは。

 

以前も、今年の6月に静岡在住の友人Nさんと品川神社へ行った事をブログ記事にしたのですが、ただおさんも最近行かれたようで、私と会った時の事もご自身のブログに書いて下さいました。

 

リブログしたただおさんの記事にも書かれているのですが、私がただおさんに品川神社の話をした時、一万円札に載ってるような恰好の人が私の後ろに見えるとおっしゃっていました。そして神社の創設者か何かなのかも知れない、と。

 

後から調べてみたら、品川神社は源頼朝が安房国の神様を勧請したそうです。勧請という漢字の読み方が分からなかったのですが、クリックしてみたら「分霊」って出ました。こんな私も小学校の時は、常に漢字テストはほぼ満点でクラスでトップでした。今思えば怪奇現象でつ。

 

これも以前ブログ記事にしたのですが、私がただおさんにSAM前世療法で出てきた黒魔女過去世マグダレナの話をしようとした時、私の背後にただおさんが紫の布で顔を覆った女の人が見えるとおっしゃっいました。

私がただおさんに、

「ジプシーみたいな感じの人ですか?」

と聞いたら、

「そうそう、ジプシー。銀座辺りにいそうな怪しい占い師っぽい感じ

マグダレナよ、ザギンで

「スペインより緊急来日!黒魔術占い。日本語通訳付き!」

なんて看板立ててバイ張ったら、会社帰りのOLさんの間で評判になってひと稼ぎ出来たかも知れないぜ。

 

そしてこの怪しい占い師的風貌の女は、SAM前世療法をやって頂いたナグさんの奥様のプリマリアさんが見た、黒い布で顔を覆った黒魔術魔女(これがマグダレナ)と一致!プリマリアさんが見た時は黒い布でしたが、きっと紫の布も持っていたんでしょう。何で怪しげな色ばっかり選んでいたんでしょう。身元隠し?の布も、可愛くキティちゃんやリラックマ柄だったりしたら、大分魔女に対するイメージも違ったかも知れませんね。顔を布で隠したりするから、いかにも逮捕された犯人や、裏街道の人間っぽくなるんでつ!

 

ただおさんが私の過去生マグダレナを見たからと言って、源頼朝も私の過去生でつ!頭が高い!などと舞い上がってるわけでは決してなく、ただおさんがおっしゃっていたように、品川神社の創始者(だから頼朝か?)とか何か関係者だったんじゃないか、と思います。

 

私が言いたいのは、品川神社や過去生の話をしたので、それらに関する情報をただおさんが読み取ったのではないか、と。

へミシンクで有名なまるの日さんの本によると(ちゃんとまだ読んでないんですが、空間にはいろいろな情報があるようです。だから例えば私が品川神社の話をしたら、それを聞く側は品川神社に関する情報を、敏感な人ならキャッチするのかも知れないな、と思いました。

 

いわゆる霊能者が、例えば旦那さんの浮気で悩んでいるクライアントを霊視したら、ゴミ屋敷化した家の中を見えた。そしてクライアントに、

「家の中が片付いていないので、几帳面なご主人には居心地が悪いようですよ。もっと部屋の掃除を心がけましょう」

などとアドバイスするのは、まさにこの「空間の情報」を読み取っているのかも知れません。私の過去生マグダレナの姿も、私が彼女の話をしようとしたので空間、もしくは私のオーラ内になる情報をただおさんが読み取ったのではないか?と思いました。私にも難しい事は分からないのですが。

 

私はただおさん程敏感ではないので、話の題材になっている物事や人物の姿を話し手の後ろに見たりは出来ませんが、誰でも聞き手は思っているより話し手の話題の情報にアクセスしているんじゃないか?と思いました。

 

そう思うと、何を話題にするかって結構大事でつね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

憑依と前世の区別

テーマ:

ジャジャン。タイトル通り、憑依と前世の区別ですが、唐突に分からないわって思いました。どうやって区別付けるんでしょうか?

 

憑依されてる人って言動がちょっと変、なんて言われますけどね。どうなんでしょう。霊感体質の人で知らない間に霊に憑依されてるなんて結構あるんじゃないかと思いますけどね。

 

以前、エミリーが出てきて振り回される前は、アフリカ人男性過去生が出てきていました。国などはどこだか不明で、おそらく今でいうナイジェリアやカメルーン辺りじゃないかな、と思います。西アフリカって言うんでしょうか。

 

ボビーオロゴンみたいなガッチリ大柄マッチョじゃなくて、とても華奢な人でした。顔などは手で覆っていたので分からないです。怒って殴った人が、どっか打ちどころ悪かったとかで死んじゃったみたいで嘆いてる、みたいな状況のようでした。

 

昔はナイジェリア料理とか狂ったように食べたくて、他人を殴り倒してでも食べようって思ってました。

 

ある日、在日ナイジェリア人のパーティーに友人に頼まれて行った事があるのですが(招待なんかされてないですが、そこら辺大らかですアフリカンは)、その会場に私はその華奢なアフリカ人男性過去生を置いて逃げ帰って来ました(笑)。

 

「仲間の所へ帰ってね。アフリカは貧しくないんだよ」

 

って言い聞かせて。それ以来、私のナイジェリア料理ドカ食いは収まりました。

 

このテクニックは、心霊研究家個新倉イワオさん(ご存知の方年齢バレますな。笑)を真似ました。昔新倉さんが「あなたの知らない世界」で、フランスでフランス人の霊に憑依されて日本へ連れて帰って来てしまったので、フランス大使館へ行って、

「あなたの国へお戻り下さい」

って言って憑依を取ったって話していらっしゃいました。

 

ずっとアフリカ人華奢男性を自分の前世だと信じていて、いろんな人にこの前世の話をしてきたのですが、もしかして憑依だったのかも知れません。誰にもアフリカ人過去生を指摘された事もなく、あくまで「自称」だし滝汗

この過去生の話をどの霊能者にも指摘されなかったのは、彼がリトリーバルされてるからって思ってきたけど、違うかも。

 

意外と自分の前世って思っていて、未浄化霊の憑依だったなんてあるのかも知れないなって思いました。

 

でももうこのアフリカ人男性の映像に悩まされる事もなく、アフリカ料理への異常執着も消えたので、めでたしめでたしなのですチョキてへぺろアフリカ人

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは。

前々回のブログ記事の続き的考察です。

記事内容は、エミリーにスナック菓子をお供えしたら食べたと言う話でした。

 

そして先週?エミリーが絶対好きそうなパンを私が間違えて買って来てしまいました(あくまで間違えて。笑)。

キッチンにあったそれを心の中で指さして、

「エミリー、あのパン美味しいから食べな」

って言いました。でも彼女は食べてないと思います。

 

どうして食べなかったのか?と聞いたら、

エ「誠意がない」

ですと!何ですって!キイイーッ!ちゃんと皿に盛って出せって事かいえ?

 

あくまで私の脳内での会話なので、妄想であるかも知れません。エミリーは自分ともっと話せ!とSAM前世療法の時言ってましたが、そう言われてもなかなか難しいものがあります。

 

でも昨日、研修先で手焼きのケーキを食べたのですが、とても美味しかったのでエミリー食べなって言ったら、食ってたようなニヤニヤ

いつもの農民ルックで、ケーキが乗ったお皿にかかってたラップ開けてたような、、、。

 

するってぇと何かい?お供物として出せと言うより、霊が何を食べたいかで決まるって言う方が正解なんじゃないか?とも思いました。それともケーキの時は、私の誠意を感じたのでしょうか?はっきり言ってよく分かりません。

 

パンがあってもケーキの方が良いのか?以前はパンパンパンパンと大騒ぎしていたのに、すっかりマリーアントワネットのようになったのか?

 

日本では伝統的に仏壇やお墓にお供え物をしますが、私は霊がそれらを食べるとは思っていませんでした。ただ遺族の気持ちを死者は感じ取ってくれるのかな、と。

でも桜井識子さんの本などを読むと、誰だったか秀吉?家康?がお供えのビール飲んだとか書いてあったし、どうなんでしょうね。エミリーなんて秀吉のビール飲みと、やってる事が同じなような気がします。

 

他にも、お供え物を喜んで霊に食べてもらったという体験を持つ方がいらっしゃいます。来月には桜井さんの死後の世界についても言及された新刊が出るそうですし、読んで参考にさせて頂こうと思います。ブルースモーエンやボブモンローの言う死後の世界とどう違うのか?

 

今までの所キャッチしたエミリーの好きな現代の食べ物。

 

ピザピザ(サラミがたくさん乗ってる奴)

ポテチ

ドリトス

シルビアケーキ

 

デブ路線まっしぐら系のものばかりですが、あの世の人は太らないので何食べてもOKなんでしょかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは。

先週の金曜日は、私の誕生日でした。また一つババァになりました。

 

でも娘がケーキを焼いてくれたり、お誕生日おめでとう手作りポスターを貼ってくれたり、楽しいお誕生日会になりました。

 

ケーキを食べている時か、お菓子を食べている時が覚えてないのですが(どちらも同時に食べてたからな)、手作りポスターの一部がペロッとはがれました。セロテープの貼りが甘かったようです。そこで私は、

 

「あ、幽霊?」

と冗談で言いました。

そうしたら娘が、

「グッピだね」

って。

グッピって、エミリーピグの事なのです。子供たちにはエミリーピグの事をグピセイって名前の幽霊なんだよ、としか話していません。エミリーカールソンなんてもろそこら辺のスウェーデン人の名前を言ったら、「何で何で?」って質問を連発されると思うからです。エミリーの話は、子供たちにはまだ早いと思います。

 

私自身は、ポスターの一部がBDパーティーの途中にはがれたのが幽霊やエミリーが犯人だとは思っていません。エミリーが犯人だったら良いな、とは思いますが。

 

娘には一応、

「そうだね。きっとグピだ。パーティーに招待するの忘れたから怒ってるのかな。幽霊って見えないから忘れちゃうよ」

と、娘と一緒にポテチやドリトスを何枚かテーブルの端っこに置きました。陰膳(笑)。

 

娘にとって幽霊イコールエミリーなら、そういう事にしておこうと思います。でもその後、何となくドリトスの袋を抱えて食べているエミリーが浮かぶのですが、私にはエミリーがポテチやスナック菓子をあげたら気に入るのが分かっているし、どんな現代の食べ物が気に入るかも簡単に想像がつくので、私の妄想だとは思います。でもお供え的な事は、結構好きな感じがします。本当に仏様って感じです。はははー。

 

エミリーは未浄化霊時代から、ポルターガイスト的な現象は起こしませんでした。でもそういう物理現象(足音などを含む)を起こす霊もいますね。私の経験では、私の父や曾祖父なんかがそうだったかな。

 

物理現象を起こる霊と起こさない霊、一体何が違うんだろうか?と改めて考えた誕生日でした。

陰陽師とラバンバ

テーマ:

皆様、こんにちは。日本より2週間以上もかかって、桜井識子さんの「京都でひっそりスピリチュアル」が届きました!Printed Matterで郵送されると、値段が安い分到着に時間がかかる時があります。

 

 

 

桜井さんのおやさしい性格が好きでこの本を購入しました。文章の書き方も分かりやすいです。でも私には、内容は実はほとんど分かりませんあせる でも桜井さんのご本を読んで、そこに紹介されている神社仏閣に興味を持たれた方は参拝してみると良いのではないでしょうか。京都旅行もより楽しいものになるでしょう。

 

本の中でよく分からないながらも、一番面白かったのは、陰陽師の阿部晴明が祀られていると言う晴明神社の話でした。どうも桜井さんは、阿部晴明に嫌われていたらしい。理由は、桜井さんは全国の神社仏閣巡りをしていらっしゃるので、たくさんの神仏のご加護も受けているし、呪詛をやっていたブラックな阿部晴明に対して清く正しく光っているからだそうです。

畳の上では死ねない極道と、家族みんなに暖かく囲まれて天寿を全うする、村の為に頑張って来た村長の違い、みたいな感じでしょうか。

私には黒魔術魔女の過去世があるので、系統的には陰陽師に近いのかも知れません。私だったら阿部晴明に、

「黒魔術 in da houseだメーン。いいぜメーン」

って案外歓迎されたりして。

 

陰陽師の小説は、陰陽師ムービーが流行った頃読んだぜメーン。面白かった記憶があります。陰陽師は相撲の行司みたいな変な恰好(すいません)してるのに、作者の書き方が良かったらしく、かっこよく見えました。

 

以前源氏物語ラブな友達が、源氏物語は最高に面白いと言っていたので、田辺聖子の現代語訳を買いました。でもすぐに挫折しました。陰陽師は読めても、何故源氏物語は読めなかったのか?田辺さんの訳が悪いのではなく、光源氏は、歌手の菅原洋一に似ていたらしいと言う話を聞いたせいなのではないか?と思いました(って言ったら菅原さんに失礼なんですが)。菅原さん、紅白でラバンバを歌っていたような記憶があります。で、ラバンバって何だらふか?

 

しかし相撲行司ルックの菅原洋一風光源氏が牛車に乗ってやって来ると言う時点で、かなり精神的に有り得ないものがあります。ましてや恋文巻物を渡されてクルクルっと開けたら、中に、

 

La bamba. Soy noble.

(ラバンバ。僕は貴族でちゅ)

なんて書かれてあったら、血圧が一気に上がりそうです。急いで、

 

No necessito hombre noble. Keep away from me!

(貴族の男性は要らないです。そば来んな!)

 

返事をしなければ、と思います。始めの文章には動詞が抜けていますが、それは単に私がスペイン語を知らないからです。知ってる単語だけ並べてみました。これでも緊急なら通じるんじゃないかと思って。スペルも間違っているかも知れません。どなたかスペイン語が分かる方、文書修正お願いします。

 

話が桜井さんの本からずれてしまいました。「京都でひっそりスピリチュアル」には、八坂神社も出てきます。神社って何か恐いイメージありましたが、夜中の八坂神社を通り抜けた事があります。そういう事するから怖かったんでしょうね。バカですね。しかも通り抜けた後見た祇園のどこかの料亭の壁に顔っぽい模様が!

 

一緒に真夜中の八坂神社を通った友達には霊感があって、お互い恐い時は黙ってるわけです。ホテル帰ってから、

「実はさ、祇園の料亭の壁に顔みたいの見たの」

「私も見た!恐かった!」

で、どこの壁だったかを答え合わせして、ぎゃあああ!ってなりました。祇園の場合、今思えば心霊と言うより念みたいなのが重かったのかな。まぁ場所柄いろいろあるのかな。

 

私が住んでいるルンドも京都のように千年の歴史のある街。しかも北欧最大の戦争のあった土地でもあり、旧市街さりげなく重たい場所もありますが、京都の重さとはまた違います。まぁ国も違うし当たり前ですが。

京都の場合、周囲の見えない目で見られてる感じ。ルンドの場合、建物が重いという感じでしょうか、私の場合。

 

またまた話が逸れましたが,逸れついでにご報告。今日の私のお昼ご飯は日本のカレーでした。うちでは日本のカレーを食べるのは私しかいないので、私はカレー難民です。ルンドでひっそりと日本のカレーです。カレーを食べながら、試験勉強を放り投げてブログの更新などしていたら、何と旦那が帰って来ました。携帯電話を忘れたらしい(よくある事ですが)。ついでにお昼を家で食べるというので、日本のカレーを食べました(嫌いなのに)。冷凍庫からドイツ系安売りスーパーで買って来たシュニッツェルを出してカレーと一緒に食べてました。カレーとシュニッツェルってどーゆー発想でつか?と思いましたが、カツカレーみたいな感覚なのかも知れません。

 

変な〆ですみません。ラバンバ。