残存思念の仕業?

テーマ:

皆さま、こんにちは。

共同探索ぐるっぽでお世話になっている、エネルギーや波動の分かるトウヤさんに、品川駅高輪周辺をチェックして頂けるよう、丁度一か月くらい前?にお願いしました。律儀なトウヤさんは、私のリクエストを実行して下さいました。トウヤさん、ありがとうございます!

 

品川駅とその周辺って、昔から恐いんです。プリンスホテルの裏側あたりなんて、辻斬りされそうな恐さがあります。まぁ武家屋敷がたくさんあった場所ですから、辻斬りなんて当然あっただろうし、私前世でこの辺りで殺されたんじゃないか?って何となく思ってしまいます。

 

先月、品川駅周辺で友人2人と食事をしました。ランチの後、プリンスホテル周辺を一緒に歩いてもらいました。もしかしたら、私が前世で殺された場所が分かるかも、とうっすら期待も込めて。

 

同行してくれたお友達たちは、私に呆れていたっぽい(^_^;)ですが、どんどん歩いて行ってみました。歩いたのは、高輪です。私が恐かったのは白金台だと思っていたのですが、町名が違うぢゃねーか!本当にセイウチさん、大丈夫ですか?いいえ、ちっとも。

 

町が違うせいか、辻斬りの恐さはありませんでしたが、後頭部が重たくなってきました。友達二人は「別にー」って感じだったので、私だけの現象だったようです。

 

結局殺された現場は分からなかったのですが、もしかしたら私が品川周辺で前世で殺されたんじゃなくて、この土地で殺された人たちの残存思念を吸っていたのかも知れないな、と思うようになりました。

 

トウヤさんがご自身のブログに掲載して下さった品川駅、高輪周辺の画像を見たら、何だかザワザワしてきました。意外にも感じたのは、重たさよりワクワク感でした。さんざん恐い恐いって言ってたくせに。

 

トウヤさんご自身は、品川駅周辺、高輪の重たさを10をマックスにしたら3くらいと判定なさっているので、街全体ウンヌンより、私が個人的にこの土地に重たさを感じる何かを持っている可能性もあるのかな、とも思います。

 

品川で友人と食事をする前に、品川神社へ友人に誘われて行きました。人に誘われなければ神社に行くことってないですが、連れていってもらった品川神社は大層気に入りました。また日本へ一時帰国した時、行こうと思います。品川神社は品川駅から京急で2つ目くらいの駅の目の前にあります。龍が絡みついてる鳥居が目印です。

 

高輪からは少し離れていますし、高輪が港区、品川神社は品川区になりますが、そんなに離れているわけではないし、私は何かこの周辺に地縁というものがあるのかも知れません。

 

元々母方の先祖のお墓は品川区に散らばっているし、私の祖父母のお墓も品川神社からすぐそばにあります。私が生まれたのも、品川区のお隣の大田区。このエリアは先祖関係の地縁なのか?どちらにしてもとても気になるということは、何かご縁、因縁のようなものがあるのだと思います。

 

品川自体、東海道五十三次の始まりですし、お墓やお寺が多いエリアなのでそれだけ江戸時代以降は人口も多かったのではないか?と思います(日本史知らないんだけど)。だったら土地の残存思念や自分の前世からの因縁、そして家系的なカルマなどが浮遊している可能性は高いんじゃないかな?と思います。

 

「気になる土地」って、何かしらあると思うので、いろいろ自分なりに探って行くと大きな発見があるかも知れないですね。


AD

皆さま、こんにちは。本日もまだSAM前世療法関連の記事の続きです。

 

SAMセッション前にプリマリアさんに指摘され、ナグさんにヒーリングしてもらったスペイン過去生の黒魔術魔女だったマグダレナの事が頭にあったので、エミリーではなく彼女が出てきてしまったのでしょうか?

 

私はそうではないと思います。

結論から言うと、トラウマの強い過去生から先に出てくるそうです。マグダの後、エミリーも出てきたのですが、エミリーは既にリトリーバルされてる過去生だったので、はるかに軽かったです。

 

とにかく私の願望は、エミリーにSAMでは出てきて欲しかったのです。彼女の生年月日などをもう一度確かめたいと思っていました。共同探索でエミリーを訪問して下さった皆様にも報告したかったし、エミリーが本当に生きていたという書類での証拠が取れれば、と思っていました。また、フォーカス27での暮らしはどんななのか?という事も知りたかったのです。

 

つまり、顕在意識的には今回のSAM前世療法で出てきて欲しかった前世はエミリー、別の言い方をすれば「出てくるのを望んでいた前世」です。でもそれはあくまで顕在意識での話であって、潜在意識では、今出てくるのが必要な前世に出てきて欲しかったのではないか?と思います。

後は、どんな前世が出てくるか分からないので、新しい前世を見るのが恐いという思いもありました。その点エミリーはどんな人生だったかも知ってるし、出てきても怖くないんですよね。

 

マグダレナ過去生を指摘された後、心の後ろの方からジワジワと自分を見つけてくれて嬉しいというマグダの心境がふつふつと沸いて出てきて、この言葉を言ってしまえば絶対ここで私は号泣するだろうと思って頑張って黙っていました。もうこの時点で前世人格の顕現化。でもエミリーの顕現化を希望しているのに心の後ろからどんどん押してくる存在に対し、SAMの前はまずいんじゃないか?と私は内心危惧していました。

 

プリマリアさんがおっしゃるには、マグダは私の霊能力をずっと抑えていたそうです。だからきっと自分の存在がばれないよう、500年間も影の存在として私の魂の表層で頑張っていたようですが、やはり故意に日陰の存在となった身でも、自分の存在に気付いてくれた人がいた事が、マグダは凄く嬉しかったようです。

 

SAMセッションに入る前にトイレをお借りしたんですが、トイレに入った途端にスペインの国旗がパッと目の前に浮かんだので、これはまずいな、と思いました。何度も言うように、エミリーの顕現化を望んでいたので、別の過去生のSAMでの顕現化は今回は出来れば控えたいというのが本音でした。マグダ過去生を否定しているわけは決してなく、ただエミリーに出てきてもらっていろいろ話を聞きたかったという事です。ですからマグダ過去生のトラウマをナグさんにヒーリングしてもらったのだから、黒魔術魔女過去生は出てこない、大丈夫と空威張りで頑張ってみたけど、深い催眠に入り前世人格が顕現化すると、現生の自分の意識は介入出来ませんでした。

 

ということで、これだけ頑張って顕現化を望んだ過去生が出てこなかったのですから、プリマリアさんに指摘されたから出てきた、という事ではないと思いますし、出てきて欲しくなかったのにSAMの時出てきたのですから、信ぴょう性としてはかなり高いと思います。そしてSAMセッションの数日後、知り合いのTさんとその彼女とお会いした時、Tさんに今回のSAMの話をしようとした時、私の後ろにローブを被ったジプシーみたいな女(つまりマグダ)が見えたと言われました滝汗

黒いローブの女って、プリマリアさんが見たのと同じ格好です。リトリーバルされた後でもローブ被って怪し過ぎるマグダレナ。ローブがトレードマークになっているんでしょうか?それにしてもあたくちに霊能力なんてあったんですね。これから霊感ヂプシー占いでもやるか(ウソです)。

 

魂の表層に前世人格たちは当時の感情のまま生きていると言うのがSAM前世療法の作業仮説ですが、エミリーもマグダもまさにこのまんまだと、私は思います。時々あまりにも前世人格の感覚がとんちんかん過ぎて、会話に付いて行けません。といっても催眠下では私の意識は一切介入出来ないのですが。

 

次回は、催眠下での超多重人格の意識状態の事を書かせて頂こうと思います。

 

 

 

 

 

 

AD

皆さま、こんにちは。前回の記事の続きです。

前回と記事更新の間隔が開いてしまいましたが、前世関係の記事を書くと(って最近はほぼずっとそのネタですが)前世の人格が出て来てる感じがする時があり(内的憑依されるって事かな)、書き終わった後もぼーっとしたりして次の行動に移りにくい為というのがあります。だから書くのに結構パワーが必要なので、よっこらしょって重い腰を上げないとなかなか書けなかったりします((笑)。いつもじゃないんですけど、このSAM前世療法関連記事は、そんな感じです。

 

さて、プリマリアさんご夫婦には、SAMセッション前に何度もしつこくエミリーを呼んでもらうようお願いし、実際にSAM前世療法士であるご主人のナグさんにエミリーを呼んでもらったのですが応答なし。出てきた風景も絶対に北欧ではなく、もっとパサパサと乾いた感じ。しかも物凄く悲しくて涙も止まりません。そしてエミリーの代わりに出てきた前世というのは、16世紀のスペインはバルセロナで黒魔術をやっていた、マグダレナという名前の女でした。

 

マグダは町中でオリーブなどを売る食料小売店を(おそらく旦那と)やっていたのだが、ある日盗賊の一団が街を襲い、旦那のホセは殺害された。そのあと暮らしに困ったのでしょう、二人の子供(ホセとマリア)を修道院へ預け、自分は呪いの黒魔術の道へ走り、42歳の時に自殺。まずはいかにも魔女っぽい怪しげな薬草を飲み、そのあと短剣で心臓を刺し、ピンク色で透明の石のかけらに呪いを込め、その石を床にギーッってこすりつけて死んだ感じです。

 

石は綺麗な石でしたが、怖すぎます。どうやって浄化したら良いんでしょうか、呪いの入った石って。大体心臓ナイフで刺した後に石に呪い入れるって、どうよ?

 

マグダレナって名前もどうですか。何か御大層でこっ恥ずかしいです。うちの近所の教会の名前がマグダレナなんで、それが出てきたんじゃないの?とも思いましたが、たぶんそれは違うと思います。

 

後から調べたら、マグダレナってスペインの名前なんですね。何か名前の響きに呪い臭がするのでちょっと恐い名前だったんですが、この呪い臭って、自分の前世が呪いやってたせいなんでしょうね。名前のせいにするな!全国のマグダレナさん、すみません。

 

旦那と息子の名前もホセ。何かマンボ楽団みたい。娘はマリア。もういかにもって感じです。でも質問されている時は、私の意識は「ええーっ?」って思っても、マグダの意識は全くそんなことは思わず、ただ聞かれたから答えただけ。年代や子供の名前などは"José"とか字が出てきたので、それを読んだだけなのですが。ちゃんとJosé のeの上に点が付いてました。 éって(笑)。

 

実はナグさんは、基本的に初めてのクライアントとはラポールが出来ていないため、クライアントが催眠に入りにくい為SAM前世療法は受け付けないと言うことだったので、SAMの前にパワーストーンセッションも予約しました。その時に奥様のプリマリアさんには、

黒いローブで顔を覆っている、黒魔術をやってたヨーロッパの女性が見える。どうも綺麗な彫刻が施された短剣で心臓を指して自殺している感じと指摘されました。

 

その前にエミリーの死因を聞かれたのですが、彼女は病死だし(おそらくガン)明らかに別人物です。ナグさんにヒーリングしてもらった時に心臓の部分が圧迫されるように苦しくなり、その黒魔術過去生は浄化してもらったのですが、この過去生の事が頭にあって、SAMの時に出てきたのでしょうか?

 

次回の記事でこの件についての私の検証を書かせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

AD

皆さま、こんにちは。ただいま旦那の親がストックホルム群島のサマーコテージに来ております。田舎嫌いな私はすっかり飽きました。お湯すぐ止まるしさ。

 

話はちょっとばかし古くなりますが、先月東京は蔵前のプリマリアさんで、SAM前世療法を受けました。サイキック(かなーりサイキック)なツインソウルのご夫婦がパワーストーンやエネルギーワークなどのセッションをやっていらっしゃいます。ご主人のナグさんの方がSAM前世療法士です。

 

一番一般的に知られているのはヒプノセラピーはワイス式と言い、アメリカの精神科医ブライアンワイス博士が考案したもの。退行催眠で時間をどんどん遡って行き、前世記憶を想起させるという方法です。クライアントの催眠深度は測りません。

 

一方SAM前世療法は、日本の稲垣勝巳先生が創始者。クライアントを深い催眠に持って行き、訴えたいことのある前世人格を直接顕現化させ、セラピストと前世人格が対話するという形式です。つまり、セラピストは死者と会話するわけで、よく考えるとさりげなく怖いですね。

 

ちなみにSAM前世療法では、口頭でセラピストの質問に答えられる人は、役20%程度の霊媒体質のクライアントのみ。後は指を動かしてセラピストの質問にyesかnoかで答えて行く形式。私の場合、口頭で答える事が出来ました。おそらく霊媒体質のようです。イタコ?

 

SAM前世療法では、クライアントの催眠適正をチェックする為の催眠感受性テストがあり、それに合格したらその後、浅い催眠深度の「運動催眠」、中度の「知覚催眠」、深い「魂の自覚状態」にまで催眠深度を掘り下げて行きます(稲垣先生のHPを参照)。

「知覚催眠」は中度と言っても、手の甲をセラピストがつまんで思い切りひねって痛みを感じるかどうかのチェック。催眠にかかっていない状態だとイジメ並みに痛いです。是非やってみて下さい。痛いよ。

 

奥様のプリマリアさんがそばで見ていて、

「あんなにつねって大丈夫なんだろうか?」

と思われた程つねられてたようですが、ちょっとつままれた感じしかなかったので、私は、

「ナグさん、やっぱ遠慮してるんだな。でもちょこっと触っただけじゃ催眠にかかってるのか判断出来ないのでは?」

と思っていました。

 

私はお二人に、エミリーを可能なら呼び出して欲しいと何度もしつこくお願いしました。正直セッションの前日、エミリーが出てきてくれるかどうか心配でした。でもエミリーは出てくるって約束してくれたので、まぁ彼女を信じよう、と。

 

SAM前世療法の始め、ナグさんの質問にyesなら左の人差し指を動かして答えるようにとの指示を受けました。それで前世人格が出てきているかどうかの質問にyes。

 

その後エミリーかどうかの質問には指は反応せず!

あまりのショックに自分で指動かしちゃおうかなって思いましたが、結局指は動かず。

ナグさんの、

「あ、エミリーさんじゃないんだ」

って言葉が最後の審判のように聞こえました。

 

昨日あんなに約束したのに!明日出てくるって言ったじゃん!私のエミリーが出てこなかった失意とは全く無関係に、出てきた前世人格はポロポロと涙をこぼし始めました(って泣いたのは私だけど)。

 

長くなったので、続きは次回へパー

 

 

 

 

 

 

スピリチュアルとメンヘラ

テーマ:

皆さま、こんにちは。

 

前回の記事に書いたグループヒプノ、その後は鶴見の沖縄料理屋さんで懇親会でした。普段スウェーデンでは食べられない珍しい沖縄料理、美味しかったです。メニューの言葉が全然分からないため、根本先生には延々と翻訳をして頂くはめになってしまい、先生は大変だったと思います(結局オススメを先生にチョイスしてもらった)。

 

沖縄料理屋での懇親会では、私たちは17時より入店。18時よりほかの予約客も来るということで、それまでに怪しい話を存分にという事でしたが、怪しい集まりなので(笑)、最後まで話題は怪しかったと思います真顔

 

でも基本、人ってレストランや居酒屋などでは、自分の友人や恋人との語らいに忙しく、隣の席の人間の会話などいちいち聞いてないと思います。私なんかどこに行っても、今回の日本滞在中怪しい話を所構わずしてしまいました。共同探索オフ会の後、やーこさんとは混み混みの山手線の中で幽体離脱の話しました。どーだ、参ったか。ふっふっふ。

 

こんな私でも、自分が世間一般からしたら怪しいんだと言うことを自覚しております。前世のリトリーバルがどうとか未浄化霊がどうとか、エミリーがどうしたとか、うちの母親に宇宙人から電話かかってきたとか。何だそれ?って思う人がほとんどじゃないかなぁ。

 

先日、自分が変わってるって思ってる人は実は変わっていなくて、本当に変わってる人はそれを認めないと言う記事を読みました。その基準で行くと、私は変わっていないということになります。

 

確かに私の周囲のスピに関心ある方々,皆さん大変まともです。結局皆さんTPOを弁えることが出来るということは、世間の基準が何であるかということをご存知なんですよね。

 

でもスピ系の人で、変な人が多いのも事実だと思います。自分では大変な常識人でかつ凄いスピ能力を持っていると思っている人、実はただのメンヘラという事もあります。ちょっとの霊能力と多大な虚言癖でセッション(内容に見合わないお高い値料金)やっちゃう人とか。一番厄介なタイプだと、個人的には思います。セラピストではなく、エネルギーバンパイヤですね。こういう人には、怪しげなチャネリングとかじゃなくて、まずは基本の心理学でも勉強すれば?って思います。現実逃避でスピに走るとこうなるのかも知れません。しみじみ気を付けようと思います。

 

もちろんメンヘラという基準もブロードですし、必ずしも精神科や心療内科の診断に引っかかるものばかりではないと思います。グレーゾーンの人って多いじゃないでしょうか。大体精神が完全に健全な人っていないんじゃないか?と思います。

 

さて、あちくしは、何ゾーンかなぁちゅー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは。

ちょっと古い話になってしまうのですが、6月25日に、横浜は鶴見で根本先生主催のグループヒプノに参加しました。25日にお願いします、懇親会もお願いしますと言ったのは、私なんですけど。

 

超ご多忙な根本先生ですが、運よく25日にグループヒプノ開催となりました。去年末にエミリーのリトリーバルの為にリマさんにエミリーワークを開いてもらいました。ブルースモーエンメソッドやヘミシンク系のリトリーバルでは、自分が経験している事(この場合はリトリーバル)が本当であったという証拠をもらうのですが、その時エミリーに言われたのが、

 

「根本先生のグループヒプノ」

だったので、先生にお願いしたというのが簡単な流れであります。

 

この日、エミリー関係者が引っかかるのか?

釣り糸を海に垂らしてムフフと思っていた私は、会場に一番遅く到着あせる

でも鶴見に一番早く着いていたのは私だと思うんだけど、、、。鶴見でお昼ご飯食べたりしてたし。

 

今回はリマさんや前世がエミリーの兄のエリックだったMさんも参加して下さり、参加者人数は全部で10人と豪華!しかし本当に豪華なのは、参加者の皆さんが見た前世でした。

 

根本先生曰く(詳しくはリブログしたリマさんの記事をご参照下さい)、今までのグループヒプノで最も宇宙人率が高かったらしく、人間過去生を見た私などは影が薄かったです。

 

半透明の宇宙生命体とか、スターウォーズに出てくる宇宙船みたいのとか、オリオン大戦とか、話がぶっ飛んで来て何の集まりか分かんなくなりました。

 

リマさんなんかさすがでした。宇宙人時代の彼氏と再会。宇宙人もデートするんでしょうか。因みにリマさん、バイキングのような角の生えた宇宙人時代の私を目撃。どうも私は宇宙のゴロツキだったようですポーン

戦争に参加してたっぽいので、宇宙の引きこもりニートではない感じですね(あくまでこの過去生での話ですが)。

 

グループヒプノでは2回前世を見て、その後みんなで見たものをシェアするのですが、その内容のハイレベルさに私の知能がついていかず、内容を忘れてしまったのもあります。たった15分でどうやってそんなにたくさんの過去生を見る、もしくは気付きが出る?というレベルでした。

 

中には何度挑戦してもご自身の前世が見られないけれど、雰囲気が楽しいからと参加していた若いお嬢さんもいらっしゃいました。凄くピュアな感じなので、地球での前世を持たないレインボーチャイルドなのかも知れません。

「未浄化霊が!」

「半透明の宇宙人が!」

とか、一般的にはかなり怪しい内容の会話をニコニコと静かに聞いていた姿を見ると、本当はタダモノではないのかも知れませんグラサン

 

根本先生、そしてご参加の皆さん、濃すぎる時間をありがとうございました。

皆さま、こんにちは。かなーり遅れましたが、第五回共同探索「共同リトリーバル」の私の覚え書きを書かせて頂こうかと思います。

 

共同探索は二回に分けてやりました。一回目は予定通り6月17日金曜日に共同リトリーバルを試みました。でも時間は22時を過ぎてしまいましたが、非物質の世界には時間はないと言う事でσ(^_^;)

二回目は次の日の18日(土)の午前中。

 

残念ながら、私は他の皆さんと共同でリトリーバルが出来ないで、一人でやってしまいました。皆さんの服装なども全く知覚が出来ず。

 

今回のガイドは、中世のヨーロッパの騎士。それがどうも、Heleneさんのガイドのカイロ レンである可能性があるようです。

Heleneさん曰く、彼女の他のガイドのアンティノウスは結構他人のリトリーバルのガイドもやってくれるようですし、共同探索主催者のKaoruさんも彼っぽい人を目撃しているようです。

しかも更に驚くべき事に、アンティノウスは私の前世かまってちゃんのエミリーの非物質界でのヘルパー養成の先生の一人である可能性もある感じです。

エミリー曰く、

「良い人。でも時々恐い」

そうです。エミリーがとんでもないヘマをやっているだけじゃないのか?って思うけどね。

そこらへんの事は、そのうちHeleneさんに確認して頂けたら、と思います。

 

皆さん、段々話が分かんなくなって来たと思うのですが、私にもよく分からないかも(笑)。何かもう内輪話の日記みたいになって来ました。

 

そして私がリトリーバルしたのが、ハッサンという名前のクルド人の少年でした。中東っぽいパサパサした土地で山が見えました。理由まで分からないのですが、ハッサンはどうも親からはぐれてしまった感じです。

場所もクルドやシリアと言った感じで、Heleneさんとだぶったようで、何となく共通点が見られて正直びっくりしました。

やっぱりねぇ、これって自分の妄想でしょ?って言う思いが消えないので、少しでもヒットがあると、ぬぬ!って思います。

 

知覚した料理は、葡萄、カマンベールチーズ、チーズ用クラッカー、鯵のフライ、鳥のから揚げ。

からすうりさんもオードブルセットみたいのを知覚したようで、ここはヒット!

他にも揚げ物系料理を知覚なさった方がいらっしゃいました!

 

私が置いた料理の赤ワイン(料理じゃないだろって)を知覚した人はいなかったかな。

 

あと私が白い箱に入れたものは、ピンク色のクロックスでした。これも目撃者なし。私は集中力が続かず、他の方が箱の中に入れたものの知覚は出来ませんでした。

 

でもKaoruさん曰く、みんな知覚力が上がってきているようなので、これからも楽しいから続けてみたいと思います。

 

共同探索の準備をして下さったKaoruさん、お忙しい中ありがとうございました。そして参加者の皆さんもお疲れ様でした!

皆様、こんにちは。

 

日本より戻って来た次の日であった昨日、荷物の整理を午前中にしました。カバンの中身は基本的に子供へのお土産で占められているのですが、中には私へのプレゼントも少し。

 

戴いたプレゼントは、基本封を解かないでそのまま持ち帰ります。何故かというと、変な風に開けて包まれていた箱のフタが歪んだりするのが嫌なのです。日本滞在中にラッピングペーパーが破れたり歪むのが嫌だと言う、私だけの拘りですが、たぶん誰でも人に理解されない拘りというのがあると思います。

 

そんなわけで、Y子さんからいただいたプレゼントも開けずにそのまま持ち帰りました。中身もY子さんから聞いていました。子供たちが田舎のサマーコテージから戻って来たら誰が何を所有するか、三人で話し合う物です。

 

しかし箱の中に、予想外のものが入っていました。何やら小さいものですが、布に包まれています。その布を開いてみると、中には何と丸っこい水晶が入っていました!

 

今回の日本滞在中、すっかりパワーストーンに目覚めた私。水晶が欲しいなと思いましたが、何を買って良いか全くわからず。それで結局一つも買わずじまいでした。

 

だけど水晶が向こうからやってきてくれました。丸っこくて可愛い形です。Y子さんが丸っこい水晶が好きで持っているというのは知っていて、以前その写真などを見せてもらったことがありました。

 

当時パワーストーンなど全く関心が無かったので、可愛い形ねくらいにしか思わず、何がどうパワーストーンなのかも分かりませんでした。

 

そして実際その丸っこい水晶(この種の水晶の呼び方が分かりません。汗)を手に持ってみました。ツルツルしていて触り心地がとても良いです。ツルツル。

 

手にも握ってみました。そうしたらその割と後すぐ、後頭部が重くなってしまいました滝汗

 

この後頭部が重くなる現象、時々入る教会によって現れます。アネテで一回、スウェーデンのダーラナ地方の教会で一回。ほとんどの教会ではないのですが、怖かったのでその現象の起きた教会の記憶が残っています。

 

後は、以前日本でよくやっていた心霊番組を見ている時もそうなった事があります。ある日は番組を一緒に見ていた母も同時にそうなったので、それ以来その手の番組を見ることは止めました。

 

私的には謎な後頭部が重くなる現象、まさかパワーストーンでも!でも以前、パワーストーンのブレスレットをしたら凄い頭痛が数日続いたという話を聞いたことがあったので、ネット検索してみたら、結構同じような現象を経験している人がいるようです。後頭部が重いのと頭痛は症状的には違いますが、まぁ頭の変調という点では共通点がありますね。

 

原因としては石の波長にまだ同調していない、もしくは浄化されてないなどいろいろあるようですが。「石酔い」という言葉を使って表現している人もいました。

 

母親の背中にアメジストの原石を乗せたらその場所がポカポカ暖かくなり、離した後もその周囲がしばらく暖かったようなので、石は確かに何かエネルギーを発しているのでしょう。

 

いただいた水晶は、後頭部が重くなった後手から離してしばらく置いておき、買い物から戻って来てから握ってみたら、最初より後頭部の重さは軽くなりました。

 

教会に入ると後頭部が重くなった時、きっとこの教会には未浄化霊がいるんだわ!と決めつけていましたが、考えたら教会内には未浄化霊は入って来られないのかも知れません。未浄化だったのは、結局私ってことかポーン

心霊番組を見て後頭部が重くなったのも、自分が未浄化だから変な霊が来ちゃったのかも知れません。

 

いただいた水晶はエスメラルダと命名。エスメラルダも浄化してあげたいのですが、日光がでていません!ホワイトセージも実家に置いてきてしまったし、音叉も持ってないし、お日様が出るのを待つことにします。

 

エスメラルダは、ツルツルで透明感のあるお肌。化粧品番組のモデルさんのようです。今後石の知識を少しずつ増やしていってみたいと思います。

 

 

 

皆様、こんにちは。昨日無事にスウェーデンの自宅に戻りました。

シコーキがおそらく追い風だったのでしょう。予定より45分も早く到着して、着けるゲートがなくて管制塔からの指示が出るまで20分くらい?シコーキの中で待たされました。でも私の隣の席は空いていて、ラッキーでした。

 

スカンヂナビア航空で嬉しいのは、CAがみんなでっかい事。片手でバンバン上の荷物棚を閉めていく姿って、JALとかじゃ絶対見ないよな。私なんか椅子に立って荷物棚に物入れてるし。SASの日本人CAも他の航空会社(特にアジア系)CAに比べると、長身率が高い気がします。当たり前かも知れないけど、航空会社によって採用基準が違うんでしょうね。

 

今回も怒涛で特濃な日本での日々。結局いつも滞在日数が少なくてワタワタ。次回からもっと滞在日数増やせるようにしよう。

 

第五回共同探索の事や、日本での濃過ぎる話など、少しずつ上げて行きたいと思います。

 

それにしても家の中が汚くなってます真顔

まずは掃除と買い物。

 

 

 

 

昨日はオフ会でした

テーマ:
皆様、こんにちは。

昨日は、共同探索グルっぽのオフ会でした。
参加して下さったのはリマさん、からすうりさん、やーこさん、Heleneさん、みゆたろさん、みっきーさん、そして私。

濃すぎる皆さんの濃すぎる会話。時間が何時間あってもきっと足りなかったんだろうなぁ、と思いました。

二次会会場の隣は、宇宙ナントカアカシックレコードとか言う、我々にタメ張れるレベルに怪しいグループ。これぞ類は友を呼ぶ✌

初対面とはとても思えない程、スーっと会話が進んだのも凄いです。

話題は世間的には怪しかったかも知れませんが、皆さんに共通だったのは、非常にインテリジェンスが高かったと言う事。

この私がこんな事言うのナンですが、スピに興味ある人だで、とっても何だかな~って人いるじゃないですか。そう言う人が一人もいない。皆さん超マトモ。たぶん私が一番アララだったんじゃないか(笑)。

また是非お会いしたいです。次回は、今回参加出来なかった方々も参加出来たら嬉しいです。

共同検索オフ会(笑)。何でも良いです。楽しかったから。
後でちゃんと、共同検索オフ会に直して頂いたんですね。気付かなかった(汗)。

韓国料理、美味しかったです❤