”象徴の言語を読み解く”

テーマ:

皆様、こんにちは。

今回は初めてリブログってものをやってみようと思います。

 

私のリブログ第一号は、からすうりさんの記事「象徴の言語を読み解く」です。

 

共同探索ぐるっぽでご一緒させて頂いているからすうりさんは、とてもアーティスティックで感性の高い方。ブログの文章自体がポエティックです。そんなからすうりさんのお好きな事は、メタファーやシンボルのような象徴言語を読み解く作業だそうです。

 

私自身、メタファーやシンボルという抽象的なものの解読が苦手で、そういうものに出くわすと

「言いたい事を、もっと分かりやすいようにはっきり言え!でないと893呼ぶぞコラァ!」と思うタイプなので、逆にからすうりさんのような方に憧れたりします。

 

私は詩なんて全く駄目。短歌とか俳句とか出てきたら、南南西70キロ先くらいに今すぐ逃げたい。スウェーデン人でも俳句を書いたりする人っていますけど(スウェ語でね)、そういう人とは目を合わせず、世間様の目を逃れ、痛まず沁まず心地よく直すヒヒミツヤ大黒堂(誰かこの広告知ってる人手ぇ挙げてー。ハーイ!)。

 

そんな私がスピ関連でしたいことって何だろう?と改めて考え直す機会を、からすうりさんが与えて下さいました。

 

私がしたい事は、魂の仕組みと宇宙真理が知りたいという事なのですが、その手がかりとして私が使っているのが、いつもしつこく書いてるエミリー現象なのです。

 

では前世エミリーの事例で私がしたい事とは一体何なのか?

 

証拠取り。検証、分析、論理の構築。脳と魂の関係を知る。

 

何かこの辺かな、と改めて思いました。だから証拠取りにしつこかったりするのです。すみません土下座

 

本来前世の真贋の検証というのは大変難しいものですし、別に妄想前世であっても本人がそれによって人生が良くなれば良いんじゃないか?とは思います。

 

何かもうこうなると趣味の世界で、私はいろんな角度から検証してあーだこーだって言いたいだけなんだと思います。脳神経学とか大好きだから(笑)。立花隆とか大好きです。彼の書いた「臨死体験」や、SAM前世療法創始者の稲垣勝巳先生のご著書などがバイブル本

 

エミリー前世療法第一回目で、エミリーがセラピストの恵美子さんの質問に対してスウェーデン語で答えるという事が起きました。私はエミリーの声を聴いたわけではなく、ただvissa(英語で言うsome)という単語をキャッチしただけだったのですが、大パニックに陥りました。そのせいか、その時たった一言がなかなか翻訳が出来なかったような気がします。しかも私は、その単語の微妙な使い方を間違えていたというトホホなオチ付き(苦笑)。エミリーは合ってました。

 

恵美子さんはサラリと一言、

「前世の言葉が出たんですね」

とクールなコメントを下さいましたが、理屈っぽい私はそれで収まらない(苦笑)。私の場合、稲垣先生のクライアントの里沙さんのように習ったことも関心もないネパール語を催眠下でしゃべってしまった、いわゆる応答型真正異言現象ではないので、ことさら慎重に行かねばと思っています。

因みに恵美子さんもポエティックな方で、非常に感性の繊細な方です。きっと私の懐疑的な態度と理屈っぽさで、何度もウンザリなさったと思います。

 

そして私の場合、翻訳ミスから路線がズレてきて、催眠下では何故翻訳機能が低下するのか?原因は脳内神経伝達物質の運搬に変化が起きるのか?などと前世療法とは違う方に行ってしまい、何だかよく分かんなくなってしまうのですが、、、。だって医学って難しいんですもの。

 

ただやみくもに前世だ前世だと決めつけないで、脳内現象、もしくは精神障害、潜在意識による願望の現れなど様々な角度から分析、検証していくのも人間という複雑な存在を知るカギになるのではないか?とは思います。

 

でも結局私も、からすうりさんがおっしゃるように、魂の真実などをひも解いていくいは、言語を超えた言語(メタ言語って言うのか?)を読み解いていかないと追いつかないと思っています。

 

私はすぐ既存の学問に結びつけてしまったりするのですが(大して知識ないくせにな)、やはりそこには限界があるのでしょう、とは思います。

 

真に科学的であるには、否定しないこと。これは以前エミリー前世療法とリトリーバルでお世話になった根本先生の名言です。

 

象徴の言語と言えば、言語そのものが象徴と言えるかも知れません。言語学の分野でも記号学ってあるしなぁ。言語概念ですぐに頭に浮かぶのは、スイスの言語学者ソシュールのラングーとパロールの概念、つまり「一度外へ発した言葉は、受け取り手によって解釈が変わる」と言うもの。

 

これはいつも思います。だからこそ象徴の言語を読み解く作業というのは難解なのだと思いますが、あちくしも精進したいと思います。痛まず沁まず。

 

AD

皆様、こんにちは。

 

5月18日放映ホンマでっか?TV死後の世界は本当にあるのか?」

https://www.youtube.com/watch?v=XDdZqRKU070

 

死後の世界は本当にあるのか?と考えるのは、とても日本的な発想なんだそうです。何故かというと、キリスト教では死後の世界は当たり前。そーなの?日本人のキリスト教信者人口は0,8%。

 

この番組では、パラレルワールドの話も出てきました。何でも物理学的に証明されているんだけれど、問題はそのパラレルワールドへの扉がどこにあるのか分からない。

 

AD

皆さま、こんにちは。

 

新エディタにしたら、字のLサイズが何かやたらとデカイの。何かデカ過ぎじゃないですか?

これが標準サイズなんですね。これだと小さすぎるような、、、。

 

ユニクロでスウェーデンのテキスタイル企業、アルメダールとのコラボ商品が売られているそうですね。

 

Tシャツにプリントされてる文章。

Strömning (herring )

vår egen (our own)

lilla goda (little tasty)

fisk (fish)

 

我々自身の

小さな 美味しい

魚。

 

おお。

どこかの物産展みたいです。

 

Tシャツ自体のデザインは可愛いと思うけど、文章がちょっと気になります(笑)。

 

鰊って漢字で書くと、漁師町っぽいですね。

赤ちょうちんで、雨で汽笛で男は来ないの。

 

こーゆーことばっか言ってるからか(だって自然に思いついたから)、以前北欧マニアの北欧女子に、

「セイウチさんって、ロマンチックじゃないよね」

ってすげーバカにされたことあります。じゃあおみゃーはロマンチストなのか?

 

確かに北欧モダンデザインとか、テキスタイルとかよく知らないんですけどね。アルメダールっぽいデザインは結構スウェーデンにあると思います。偽物も出回っているんでしょう。

 

私の場合スウェーデンは前世の怨念と執念で、赤い家(エミリーの生家)とスウェーデン語(エミリーは作家志望で挫折した)だけ追いかけて来たから、北欧女子のきゃーハート①なノリには乗れないのです。

 

因みにアルメダールって、創業が1846年でエミリーが生まれる前からある老舗の会社なようです。

エミリーに「アルメダールって知ってる?」って聞いたら、

「余裕がなかった」

そうな。知らないって意味なんだと思います。

お洒落デザインのテキスタイルじゃなくて、ボロ雑巾だったんですね。

 

明日の夕飯は、鰊にケテーイ!

 

AD

皆さま、こんにちは。

引き続き第四回共同探索の事を書かせて頂きたいと思います。

 

私は今回の共同探索の第一回目参加を、フライングして5月12日のスウェーデン時間の23時頃(日本時間の午前6時頃)にしてしまいました。

 

その時エミリーに誰か来た?と尋ね、エミリーからやーこさんの名前が上がりました。

 

正確な時間は存じ上げないのですが、そしたら何とやーこさんもフライングで参加なさっていたという事で、びっくりしました。

 

これは結構ヒットかな?とは言っても私のではなく、エミリーのヒットですね(^~^)

 

 

皆さま、こんにちは。私のアメブロ編集マイページのエディタは旧バージョンになっていたことを先ほど発見致しました。何てレトロな女なんだ、私はっポーン

 

さて、ぐるっぽのお仲間のからすうりさんのファンビレのおうちの記事がアップされていました。

 

コチラ

 

図書館があって、とても素敵なおうちです。

 

私もファンビレに家を作ったのですが、それに似た画像がまだ見つかっておりません。

因みに建物は3階建て。始めは2階建てでしたが、エミリーがへばりついて自分の家へ帰らないので仕方なく三階を増設し、三階にエミリーの寝室と書斎を作りました。私の家のバルコニーで寝たりしてたので、何か私が虐待しているみたいに見えるのでねー

 

私の家ですが、一階はカウンターバーになっていて、スペイン料理を出すレストランみたいになっています。外にも二つテーブルがあり、みんなでタパスとワインでワイワイ出来るようになっています。

 

エミリーは基本的に私の家でも自分の家でも外のテーブルにいて、誰かが来たら見えるようにしているようです。要は誰かがファンビレに来たら見逃さない、見逃されないようにってことのようです。ザ、オバサンメンタリティー。考えたらファンビレメンバーの中でエミリーが、一番ヒマなのかも知れません。

 

ファンビレメンバーの方々がお作りになった施設など、絵やイメージ画像がある場合想像が出来ます。しかしそれが本当に非物質界にあると、どうやって知覚すれば良いのでしょうか?

今更基本的な質問で申し訳ないのですがあせる

 

人物の場合、実際にその人が着ていた服などを当てれば、知覚出来たのかな?と思えますが、建物や施設などは妄想と知覚の区別がつきにくいのでは?と改めて思いました。ブルースの本をもう一度読み直さないとな、と言った感じです。

 

問題はブルースの本は読みにくい!あまりの読みにくさにyoutubeで彼の話すことを以前チェックしてみました。原語の英語でもわかりにくい言い方するのかなって。でも来日時のインタビューは通訳さんが付いていたためか、かなり分かりやすくお話ししていた印象があります。そのクリップを見る限り、彼はフツーの英語しゃべるんぢゃん!という印象でした。

 

さきほどシドニーでの講演のyoutubeを少し見ましたが、英語ネイティブ相手なので今度はこちらがちゅらい(苦笑)。結局寝落ち滝汗

 

覚えているのは、彼は5歳の時,すでにここに来る前自分はどこにいたのか?と考えていたと言うこと。フツーの五歳のガキは、そんな事考えねーべ?やっぱ彼は知覚が発達していたんですかね。

 

私の場合、知覚力の前に英語力を上げるのが先決なのかも知れません。そう言えば英検なんて、中学の時受けた以来です。しかも三級だ、三級!ははー。

 

 

 

 

 

 

知覚の仕方の種類

テーマ:
皆様、こんにちは。第四回共同探索の記事の続きです。

いやはや、共同探索というか、非物質での知覚って難しいですね。皆さんが白いテーブルの上に置いた料理や、箱の中に入れたものの知覚は全て大外れ、もしくは全く知覚出来ませんでした。

大きな原因は集中力が足りない、少ない、そして当たり前ですが知覚力が低くて雑。

中には低いヒット率で凹んでしまう方もいらっしゃるようですが、私は自分の低い知覚力を改めて知って凄く良かったと思っています。それを認識することによって、何が妄想で何が知覚なのかの区別が出来るからです。

非物質の探索となると、どうしても妄想が混ざりますし、それを自分の知覚だと信じて突っ走って行ってしまうのはどうかな、と思います。

今回の共同探索、私はヒットがゼロだと思っていたのですが、主催者のKaoruさんに、Kaoruさんの服と坊主おじさんの服の色を私が当てたというコメントを頂きました。

坊主おじさんの方は私は白いTシャツ姿を知覚したのですが、Kaoruさんの方は緑色のワイシャツでした。お二人ともピグのアイコンで知覚といった感じでした。
実際のKaoruさんの服装は、ワイシャツではなかったのですけどね。
これでヒットが皆無だと思っていた共同探索に、2点ヒットが!

そしてもう一点。

私の場合、ガイド(ヘルパー)の候補が数人現れる時があるのですが、今回の探索の第一回目の時、初めてエミリーのお兄さんのエリックが登場しました。
私は彼が今回のヘルパーになってくれるのを希望したんですが、過去生のデブス修道士アントニオになってしまいました。どうしてヘルパーは、自分の願望通りに行かないのでしょうか?

でもエミリー訪問というテーマだから、エリックが来てくれたのかなぁ、とちょっと嬉しかったです。彼を見たのは、エミリーリトリーバルの時以来です。ファンビレにも現れません。

しかし!本日エリックが前世のMさんから、ラインにメッセージが。何とMさんも共同探索に参加していたそうです。私みたいにフライング(笑)。エリックがヘルパー候補になっていたのも、探索第一回目のフライングした時です(Mさんが探索した時間までは聞いていないのですが)。

それで思ったのは、エリックがヘルパー候補として来たのではなく、Mさんが来たのをエリックという形で知覚したのかな?と。それは私がKaoruさんや坊主おじさん、やーこさん等参加者の皆さんをピグアイコンで認識するのと同じなのかな、と思ったのですが、皆さんはどうお考えになりますか?

皆さんのご意見をお聞かせ頂けるとありがたいです。






皆様、こんにちは。
第四回共同探索「エミリー訪問」にご参加下さった皆様、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
多くの方にエミリーを訪問して頂き、エミリーも喜んでいると思います。さんのブログで、皆さんの報告コメントが公開されました。




コチラをクリック!

kaoruさんのブログに報告した私の体験は以下の通りです。

6月12日スウェーデン時間午後23時頃(日本時間午前6時頃)
Kaoruさん作成の誘導音声をダウンロードして聞く。準備プロセスの後、ガイドを呼ぶ。ガイド(ヘルパー)は、イタリア過去生のカトリック修道士のブサキモアントニオ。アントニオを森を抜け、ファンビレのクリスタルの前へ。そこへエミリー登場。
エミリーはいつもの服装。白いブラウス、青いスカートに白い前掛け。髪の毛は後ろで一本に結わいている。
私「誰かファンビレ来た?」
エ「やーこ」
クリスタルの所に、ハリボデで出来た鳥の被り物(全身)をした人?が登場。鳥は黄色い顔に緑の体。ここで寝落ち。

6月13日スウェーデン時間午前6時半頃

再度ファンビレへ。誘導音声なし。今回のガイドは、アントニオの上司のキンキラな服装の神父。ファンビレに行く途中、アントニオも姿を現す。ファンビレのエミリーの家の前。家の外にある白いテーブルにはアフタヌーンティーのミニケーキ?、バナナ、葡萄(日本の巨砲っぽい)が並んでいた。共同探索参加者の為に用意したらしい。
私「だれか来た?」
エ「みっきー」
私「みっきーさんって、エミリーの家のお隣さんだよね?」
エ「ヤー(yes)」
アントニオと足湯へ。エミリーも後から来る。3人で足湯。
私「エミリーって水虫っぽいよね」
エミリーは共同探索参加者が自分の家に来るんじゃないかと思って先に帰ってしまった。
私はクリスタルのそばのテーブルの上の白い箱にその場で思いついたものを入れて戻ってきた。

エミリーが先に足湯から帰ってしまったのは、私に水虫があるかどうか疑われて、答えたくなかったからか?とも思いました。

3. 共同探索ご報告続き
6月13日スウェーデン時間午後17時半頃。息子のサッカー練習場のベンチで(笑)。誘導音声なし。ガイドはギリシャ正教のお坊さん。初めて見る人。

エミリーは、自分の家ではなく私の家の外にある椅子に座っていた。テーブルの上にはフラッペ(ギリシャ風アイスコーヒー)。
私「みんな共同探索で来た?」
エミリー、嬉しそうに頷く。

私は大通りでkaoruさんらしき男性を目撃。緑色のワイシャツ。そのあと坊主おじさんっぽい方を目撃。白いTシャツ。
クリスタル付近で、セサミストリートに出てくるビッグバードみたいな大きな鳥を目撃。

クリスタル近くのテーブルに中東菓子のバクラヴァを置く。目撃した食べ物は、モッツァレラチーズのオートブル(上にトマトスライスとバジルの葉が乗ってた)と、春巻きの山。ざるそば。
こんな感じです。


Kaoruさんの服装,みなさんが置いた料理など、
私の知覚は全滅です。がははー。皆さんが白い箱の中に入れたもの、Kaoruさんが建てたものなども集中力が続かず、全く知覚出来ませんでした

共同探索の検証と見解について、次回のブログ記事で書かせて頂きます。

そしてエミリーの水虫疑惑は続く
ペタ2
皆様、こんにちは。
昨日、通ろうと思った道じゃない道を通って帰宅したら、その途中で知り合いのイタリア人に遭遇。彼の名前は「エミリオ」。共同探索エミリー訪問の前日だからなのか?と考えてしまいましたね。まぁただの偶然かもですが。

さて、昨日コソボ人に聞いた話。
コソボ人Nの友人Bは、訪問介護の仕事をしているそうです。とある利用者さんの家での話。
利用者さんの着替えのチャックのついたベストを椅子に置いたB.そのあと利用者さんのパジャマを脱がせたか何かで椅子に背中をちょっと向け、ベストを取ろうと振り返ったら、ベストのチャックが閉まってた。

その利用者さんの家では、勝手に本棚から本が床に散らばっていたり、怪奇現象が続出するらしく、Bはあまりの怖さにその家へ訪問介護に行くのを辞めたそうです。

この利用者さんの家では、こうやっていつも介護スタッフが辞めていくんでしょうか?
おそらくこの家に未浄化霊がいて、何かを訴えたいたいんだと思います。こういう時リトリーバルの技術があると良いんですけどね。
私だったら、未浄化霊だろうなと思うだろうけど、本を床にまき散らかされたら、まずは怒り狂って、
「仕事増やすな、おんどれ!」
って日本語で啖呵切ってしまいそうです。

コソボ人Bの他の訪問介護の仕事先の家での話。
その家の利用者さんは女性で、Bが来た時まず聞いたのは、
「うちに幽霊いるんですけど、良いですか?死んだ主人なんですけどね」
良いですか?って、ダメとは言えないんじゃないか?だって利用者さんのご主人なんだもの。

ただ、本当に旦那さんの霊がいるかどうかは、私には何とも言えません。利用者さんは旦那さんが亡くなったことが寂しすぎて、妄想で彼の霊が家にいると思ってる可能性もあります。もしくはコソボ人Bが何かこの家でも心霊体験をしたのかも知れません。

因みにこの話をしてくれたコソボ人Nは、霊など信じないようですが、ある日黒い服を着た人に寝ている最中に足を押さえられ、凄く痛かったと語っていました。目を覚ましてその相手を目撃したそうです。そして彼女はこの足を押さえた存在を「幽霊」と呼んでいました。幽霊は信じないんじゃないのか?この事件は金縛りの可能性もあるんじゃないか?とも思いますが、何とも言えません。





皆様、こんにちは。

Kaoruさんより、第四回共同探索「エミリー訪問」についての概要が発表されました。

コチラです!

Kaoruさん、本当にありがとうございます。

Kaoruさんの記事を読んで頂くと分かるのですが、エミリーの似顔絵が掲載されています。透視画家の氷室奈美さんに描いて頂いたものです。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、氷室さんはプロの漫画家でいらして、プロなので独自の絵のスタイルというのをお持ちです。つまり、ある絵を見るとパッと、
「あ、この絵って氷室さんの作品だよね?」
と分かります。

氷室奈美 透視画 画像

などを検索ワードにかけると、たくさん氷室さんの描かれたクライアントの過去生や指導霊の透視画が出てきますので、ご興味のある方はチェックしてみて下さい。

因みに氷室さん一時間インタビュー動画はコチラです。

透視画 氷室奈美

氷室さんの描かれた絵をご覧になるとお分かりになると思うのですが、描き方に当然共通点があります。ですので氷室さんに描いて頂いたエミリーの絵は、あくまで氷室さんのフィルターを通して描かれたものなので、皆さんが共同探索で見られたエミリーの姿が違うからと言って、決して否定しないで下さいね!

もし可能ならば、皆さんが知覚されたエミリーを絵に描いて頂ければと思います。

それにしても、Kaoruさんがアップして下さったスウェーデンの地図を見て、私って外国に住んでるんだって改めて認識しました。ああ、何で私こんな遠くに住んでるんだろうって。

あ、その犯人がエミリーか。

今まで共同探索ではしゃぎまわってた気がするエミリーですが、最近ちょっと静かなような気がします。嵐の前の静けさか?
大体あの人は、自分関連のイベント(ヒプノセラピーとか)の前になると静かになるのです。精神統一しているのか(笑)?

金曜日の共同探索では、ファンビレを怪しく徘徊している私の姿を目撃なさる方もいるかと思いますが、よろしくお願い致します。