フィギュアスケーターのトレーニングはスケートコーチが教えるスケーティングやジャンプの同じような格好を床で練習するトレーニングはスケートコーチとかぶってしまいますし、トレーナーとしては技術はコーチにお任せして、コーディネーショントレーニングをしっかりさせてあげることが、運動神経・運動能力向上に繋がります。


スケートのスキルもある程度あって、フィジカルもある程度あるのに、なかなか全国レベルで活躍できない子供が沢山います。

スケートで例えましたが、他の種目にも同じ事が言えます。

中学、高校くらいで突き抜けて活躍していないと、将来はないのかな、、、って思う子も多いですが、そんな事ありません。

今までやってこなかったコーディネーショントレーニングを積極的に取り入れたら、スキルとフィジカルが結びついて、グンと伸びる事ができます。 
(でもコーディネーショントレーニングは始める年齢は早ければ早いほど良いです)

StraightBodyのトレーニングはコーディネーショントレーニングと体幹トレーニングを一緒にする事ができます。

コーディネーショントレーニングってどんな事をするの??気になる方はぜひご参加ください。


スポーツ少年団などの団体(野球、サッカー、ゴルフ、フィギュアスケート、バレエなど)への出張トレーニングも行っています。→コチラ


AD
ゴルフスイング解析。
ダウンスイング中、下半身がターゲットに向かって過剰に横移動します。
{7B1E0629-A17D-40AF-881D-92E6294D883A}
向かって右の線より足が横にはみ出ています。

安定した土台がなければパワーは失われます。
下半身から上半身の分離能力を発達させるトレーニングが必要です。

まずTPIゴルフトレーニングではゴルフスイング解析でその人のスイングの特徴をチェックします。(スイングの特徴は12種類)
その人のどこにトラブルがあるかをフィジカルスクリーニングでチェックして、スイング解析とフィジカルスクリーニングで一致した部分の機能改善するトレーニングを行うと、スイングが変わってきます。
プライベートレッスンではこのようにやります。


グループレッスンでは12ヶ月を通して全てのスイングの特徴に当てはまるゴルフに特化したトレーニングを行います。
グループレッスンのため、レッスン中に一人一人のスイング解析は行えないので、スイング解析を希望される方は動画を送って頂き、解析します。


7月から愛知県名古屋市と三重県四日市市でグループレッスンが始まります。➡︎コチラ

全国出張、プライベートレッスンも行っております。➡︎StraightBody
AD
ゴルファースイングの特徴は12の大きな特徴があると書きましたが、そのうちの一つを紹介します。
{7F7AE454-D9F6-40A0-A152-4564AB660ED9}

ダウンスイングの早い段階で肘の角度が開くとパワーか出なくなります。
手関節の柔軟性も関係していますが、もっと大事なのは実は下半身です。
下半身のパワーが上半身にうまく伝わらないと手の力で代わりをしようする動きになります。

フィジカルスクリーニングでどこに原因があるかをチェックして、そこを改善するトレーニングを続ければ次第にスイングは良くなってきます。

トレーニングは300~500回は正しいフォームで反復しないといけないので、続けなければ変わらないです。(知覚過程)
ちなみにフォーム修正の知覚過程は3,000~5,000回の反復練習が必要です

文化センターのグループレッスンもフィジカルスクリーニングも行いますし、希望者にはスイング解析も行います。
(スイング解析に関しては撮影の仕方があるので、その時に説明します)

全国出張、プライベートレッスンも行っております。
詳細はホームページ➡︎StraightBody
AD
【ゴルファーの為の体幹トレーニング】7月より開催!
※ゴルフ経験者のみ参加可能

日本で数少ないTPI資格保持者のトレーニングです。
ゴルファーのスイングは12の大きな特徴があります。その原因となるのは、身体的なことが原因であることが多いので、それを改善するトレーニング法です。
TPIとは??以前の記事をご覧ください。→http://s.ameblo.jp/seitaistretch/entry-12153577726.html
{5A09E6DB-C64C-4D97-8BC2-183A36F3F21C}


【年間スケジュール】
(3ヶ月更新の講座ですがスケジュールは決まっています)

7月 アドレスに必要なアライメント改善
8月 下半身の可動性向上
9月 下半身+体幹の安定性向上
10月 下半身+体幹の筋力アップ
11月 下半身+体重移動動作の習得
12月 上半身の可動性向上
1月 上半身+体幹の安定性向上
2月 上半身+体幹の筋力アップ
3月 上半身+回旋動作の習得
4月 全身+運動機能統合
5月 シチュエーション別対応能力の獲得(パター、傾斜、不安定の対応)
6月 スイングボディのチューニング

講師:inoko
TPI(タイトリストパフォーマンス研究所)認定ゴルフフィットネスインストラクター

【NHK文化センター名古屋】定員30名
日時:第1・3火曜日10:00~11:00
場所:NHK文化センター
受講料:   19,440円(3ヶ月分前納)
教材費550円
※予約開始6/1~
ご予約は6/1以降にNHK文化センター(052-952-7330)までお願い致します。


【四日市中日文化センター】定員30名
日時:第1・3木曜日13:00~14:00
場所:四日市中日文化センター
受講料:   19,440円(3ヶ月分前納)
教材費540円
ご予約は四日市中日文化センター(0120-556-411)までお願い致します。

※出張レッスンもやっています➡︎ StraightBody

ゴルフのスイング解析

テーマ:
ゴルフのスイングを改善するには、
ゴルフスイング動画を見て解析する事と
フィジカルスクリーニングで色んなテストをして、体のどの部分にトラブルを抱えているかを見つけます。
{52E81976-C6C8-49DA-B20A-9E339CE0F2C7}

それがゴルフのスイングの邪魔になっていたり、腰痛、肘痛、膝痛などのトラブルの原因にもなっている場合があるので、フィジカルスクリーニングで弱点を見つけてから
トレーニングでトラブルを改善していきます。

ゴルフスイング解析をして、フィジカルスクリーニングして、今の弱点、スイング解析を説明すると、

「あぁ、腕が体が離れてしまうのは、これが原因だったのか~」

「下半身のパワーが使えず、手打ちになるのはここが原因だったのか~」

「ここのトラブルですぐに起き上がるスイングになっていたんだ~」などなど



自分が想像していたことと別のところから原因が見つかるので
ビックリ&新しい発見があり、スイング解析、フィジカルスクリーニングの日は盛り上がります。


何がどうかもわからずにトレーニングするよりは、原因と解決法が分かっていて
きちんと目的が見えた方が同じトレーニングでもやる気が湧いてくると思います。

ゴルフスイング解析とフィジカルスクリーニング、ぜひ一度体験してみて下さい。

StraightBody  inoko TPI(タイトリストパフォーマンス研究所)認定ゴルフフィットネスインストラクター

TPI(タイトリストパフォーマンス研究所)認定のゴルフフィットネスインストラクターになりました。
{5EEAF18A-399E-4E32-B3C6-A69765ED245F}

ゴルフの本場、アメリカにあるTPI(タイトリストパフォーマンス研究所)が開発したゴルフパフォーマンスの向上の為のトレーニングです。

TPIとはゴルフの本場、アメリカ カリフォルニア州オーシャンビューにある「Titlist Performance Institute(タイトリストパフォーマンス研究所)」のことで、トレーニングだけにとどまらず、リハビリ、バイオメカニクス、ジュニア指導、スイング理論など、ゴルファーの身体にまつわるあらゆる研究を行うゴルフフィットネスの総合機関です。

 現在、世界のゴルフ先進国ではほとんどのプロ選手がこのトレーニングを取り入れています。

TPIは、様々な研究結果に基づいたゴルフ専門のトレーニングを日々研究し、 現在TPIが発行する資格を持ったトレーナーやレッスンプロ、理学療法士、カイロプラクターが世界約50か国で活躍をしています。

 2011年にはUSPGAツアー優勝者の約8割の選手が採用している世界が認めたプログラムがTPIゴルフフィットネスプログラムです。

ゴルファーのスイングは12の大きな特徴があり、その原因となるのは、身体的な原因が多いです。

このトレーニングでは直接ゴルフスイングの指導を行うのではなく、人間の身体や構造に基づいて、ゴルフの技術に繋がる動きや、動かす感覚を指導します。

無理なく安全で効果的な身体作りを提案し、ゴルファーが抱えている様々な問題を解決することができます。

みなさんの体格や筋力を評価して、あなたに最適なゴルフパフォーマンス向上につながる身体の使い方をお伝えして「ゴルフ上達」へと導きます。

ゴルフを上達させるには、正しいスイングができる身体づくりが必要です。
・飛距離が伸びない
・ゴルフ上達のトレーニング法が分からない
・スライスする
・よくダフる
・ゴルフをすると腰、膝、肩、肘が痛くなる

これらを改善する為に
・フィジカルスクリーニングで自分の弱点を見つける
「キネマティックシークエンス」という分析で身体能力を効率的に使う事が可能になります。
・ゴルフに必要な筋力、パワー、スピードの強化
・正しい身体の使い方の習得
・筋バランス、アライメント改善


ご自分のスイング解析をして欲しい方、ゴルフトレーニングのやり方がわからない方、ゴルフ上達したい方には、目からウロコになると思います。


出張、プライベートレッスンご希望の方はStraightBodyまでお願い致します。
ジュニアアスリートのトレーニングは外部の処理情報能力が大切で、幼少期から様々な刺激を与える事で高いコーディネーション能力(外部の処理情報能力)を身に付ける事が可能です。

決して天分、才能で持ち合わせているものではなく、学習によって上達が可能です。

これらをふまえた7つの能力をトレーニングをすることで、運動パフォーマンスの向上と密接に関係しているので、結果につながります。
{CA7F29A0-C3CE-47C7-A71F-99B09FADED6D}


数回やれば身につく能力ではないので、継続する事が大切です。➡︎それはまた詳しく書きますね。

StraightBodyのジュニアアスリートトレーニングでは7つの能力をトレーニングする事を重点的に行っていきます。



ジュニアアスリートのトレーニングを始めた頃から通ってくれてるMちゃん。
最初は小学生でしたが今は中学生になり、今年もMちゃんの発表会を見に行きました。
{1C502938-F2BF-446E-B571-16AD1ADC3528}

昨年の発表会前にMちゃんのお母さんから「体幹トレーニングを始めてから、男性と踊れる事になりました!」と嬉しい声をかけて下さり、今年は「体幹がすごく安定していて、今年は調子がいいです!」との言葉通り、すごく早いピルエットにも体がブレずに回り続け、移動も回転につられて進路がおかしくなる子もいる中、Mちゃんはしっかり行きたい方向へ無駄なく綺麗に回りながらできていました。
日々の鍛錬と努力しての賜物の踊りに心打たれました。
とても素晴らしかったです!!
昨年よりもかなりレベルアップしていて、私も嬉しくなりました。


バレリーナに体幹トレーニングは必要なのか?
バレエを踊っていたら体幹は鍛えられるんじゃないかな?って思いますが、バレエの動きでは鍛えれないトレーニングで、別の筋肉にもアプローチするので、バレエを沢山練習しても今ひとつレベルアップできない方にはトレーニングを追加してみるのもいいと思います。



̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
子供のトレーニング、アスリートのための出張トレーニングはストレートボディ
愛知県名古屋市の全域、尾張地方、三河地方、三重県全域、東京・神奈川の一部

トップアスリートからジュニアアスリートの方の 運動能力・競技力アップをサポートします。

ストレートボディの特長



4月からのトレー二ング講座

テーマ:

四日市中日文化センターのトレー二ングの講座です。※対象は子供ではなく大人です。

{5E537325-AEB8-4C65-98EA-F82F5BD1D09D}


4月からまた新しいクールになり、トレー二ングもバリエーションを増やしていきますが、基本が大切なので、4月から参加される方も大丈夫です。

【講座名】 骨盤矯正トレーニング~スタイル改善・痛み予防を目指して~

【開講日】 第2・4木曜日13:00~14:00

【教 室】 四日市中日文化センター
【講 師】 inoko (スポーツトレーナー「
StraightBody」代表)

【受講料】 3カ月(6回)分 12,000円+税

 お問い合わせ・ご予約は四日市中日文化センター【TEL 0120-556-411 】へお願い致します。


筋力、筋持久力、呼吸、循環機能などの維持・向上を目的として開発された方法と言われているサーキットトレーニング。(諸説あります)


タバタプロトコルやサーキットトレーニングが自宅でトレーニングできて、しかも短時間なので
毎日続けやすそうな気がします。