その場しのぎのマッサージは行いません

   根本から体を良くする技術を提供します

  

   整体を受けた直後の好調が持続する

   自律神経失調症と頭蓋骨をきれいに整える

   専門家の治療院です


   クライアント様の多くは

   ●めまい

   ●頭痛

   ●自律神経失調症

   ●パニック障害

   ●動悸がひどい

   ●息苦しい

 

   など、医療機関では何でもないと

   診断された症状の方が多くいます


   ●お薬を減らすことができた人も多くいます


   カウンセラーでもある整体師もおります。

   悩みが原因で息苦しさが出る場合もあります

   カウンセリングをしながら、整体を行います


   西八王子駅徒歩10分

   お休み:毎週日曜日と第一第三の月曜日 

   営業時間: 9:00-19:00

   電話:042-652-3282

  

    住所: 〒193-0812

   東京都八王子市横川町521-5 みどりビル201


      プロフィール地図お客様の声  
      施術料金施術の流れ 施術風景


   当院は、自律神経失調症からくる

   パニック障害に詳しい整体院です

   

   息苦しい、ドキドキする、めまい、ふわふわする

   恐怖感や焦り、ひどいだるさなどのパニック障害や

    

   肩こり、腰痛、おなかの張りなどの症状にも

   対応しています

   ※お願い

   キャンセルは必ずお電話でお願い致します

   また、ブログのメッセージやコメント欄からの

   予約やキャンセルは受け付けられません 





1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-18 11:13:00

北海道から来てくださった方のお話し

テーマ:院長日誌

少し前になりますが、北海道から来てくださった方が
いました。

わざわざ、留守電にお別れのメッセージを
入れてくださったり、
お土産をくださったり
本当に気のつく素敵な女性です。

この方は、めまいや食欲不振、
そしてひどいひどいだるさに
困っていらっしゃっていました。

北海道では、膵炎と診断され
色々な整体院や針に通っていました

ただ、一向に改善しないので
思い切って当院に来る
決心をしてくださったそうです

いづれは故郷に帰っていく方なので
こちらにいらっしゃれる間に
通えるのは数回

限られた時間でどこまで
できるのか?

しかも非常にめまいが出る方で
当院にくる途中でも
めまいや体の重みで
何度も電車の中で気分が悪くなって
いました

それでも通ってくださる
その姿に私たちも応えたい、
その一心でお休みの日も
特別に店を開けていました

僕(院長)はこの方の
お腹を触って感じたのは
膵炎ではないのではないか?と
ということです

文章にするのは非常に
難しいのですが

お腹の張り方、
つまりは胃腸の動き方
で、内臓に疾患が出ているような
感じがそれほど見受けられなかったのです

はっきり言って
栄養の状態のほうが
心配なぐらいで

膵炎のことを気にして
節制しているのを
やめてしっかりとした
食事をとるほうが
良いのでは?と思いました

長くなるので次回に続きます
AD
いいね!(19)  |  リブログ(0)
2016-05-16 16:14:25

のどを指で押されているような苦しさがなくなりました

テーマ:自律神経とパニック障害

こんにちは、
今日の改善例は、
八王子市在住の60代女性です。

実のお母さまを亡くしてから
ずっと息苦しく
のど元を指で押さえられているような
感覚があると訴えていました

息をいったん思い切り
吸い込まないと苦しくて
たまらないともおっしゃっています。

院長が担当をしましたが、
後頭骨のゆがみや
自分でぐいぐいと首をどうしても
押してしまう癖のせいで

やはり首が逆に張りを持たせていました

また、精神的なショックがあるとき、
どうしても力が肩に入ってしまうことで

腕が内側にまくような圧力がかかります。

そうすると、肺を圧迫するような態勢に
なりますので、
息苦しさを誘発します。

それだけではなく
いわゆる自律神経失調症の症状には
典型的な

のどに何かがつまっているような
違和感があり、

大切な人を失った精神的なショックから
あまりにも神経が過敏になっているので
このような症状が起きやすくなります。

ただこの方は
この症状が出始めてから
1週間と日が浅く
薬も服用していないことから
それほど難しくないと感じました。

実際、その通りで
今回が2回目の整体だったのですが

のどの圧迫感や
息苦しさはかなり取れてしまったと
おっしゃっています。

AD
いいね!(5)  |  リブログ(0)
2016-04-24 11:07:44

猫背が内臓機能を低下させている

テーマ:院長日誌
「先生、猫背が気になります」
「幼いころからこんなに猫背です」

このような相談を受けます。
猫背が気になるのはどうしてですか?

単に見た目がみっともない、恰好悪いと感じているならそれは
少し浅はかです。

猫背であることは、見た目以上に恐ろしい状況を招くことがあります。
肩こり、首コリ、頭痛はもちろん
一番困るのが、内臓の機能を低下させることです。

猫背ごときで内臓機能を低下させることは
想像がつかいないでしょう。

ですが、肩が前に入ってくることで
肺を圧迫し息苦しさを招いたり
右側にある肝臓の硬みを招くことが
多々あります。

肝機能が落ちてくると
だるくてたまらなくて起きれなかったり
集中力が続かなくなります。

ちなみにうつやパニック障害の
自律神経失調症の人は
例外なく肝臓の機能が落ちています。

そのような方は、決まってこう言うのです
「息苦しいです」
「不安感やあせりがひどいです」

不安感や焦りも内臓機能の低下から
来ていることがあります。

元来の性格もあるでしょうが
体の不調があるとそれにも増して
ひどい不安感と焦りを抱いてしまうのです。

AD
いいね!(28)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。