聖書早読み

聖書を読めばすべてが分かる!
聖書は世界のベストセラーで全人類必読の書です。
実は、聖書には世の中の問題の根本原因と解決法が書いてあります。
聖書を読んだことがない方でも分かるような内容にしますので、どなたでもご覧頂けます。

数あるブログの中から本ブログにお越し頂き、

ありがとうございます。


初めての方は、最初のページからご覧頂くと

内容がよく理解できます。


第1話『聖書概論』はこちら



「いいね!」して頂いた方には「いいね!」返しします。

読者登録して頂いた方のブログも拝見いたします。


リブログ、メッセージも大歓迎です。

コメントはシェアした方が良い場合のみ公開します。

NEW !
テーマ:

今回は、『創世記』16章の復習です。
いよいよアブラムに息子が生まれます。

彼の妻サライは子を産まず、彼女はエジプト人のつかえめハガルによって
子を持ちます。

しかし、ハガルは自分がはらんだことがわかると、女主人サライを見下げる
ようになります。

そのため、サライはアブラムにそのことを告げると、アブラムはサライに
ハガルに対して好きなようにするよう許可します。

すると、サライはハガルを苦しめたので、彼女はサライの顔を避けて逃げ、
主の使は荒野にある泉のほとりで彼女に会い、女主人のもとに帰って、
その手に身を任せるよう命じます。

また、彼女に「大いに子孫を増して、数えきれないほどに多くする」と告げ、
みごもっていて男の子を産むので、イシマエルと名づけるよう命じます。

ハガルは実際に男の子を産み、イシマエルと名づけます。
アブラムが八十六歳の時の話です。

(創 16:1-16)


アブラムの妻サライは子供ができないのを気にかけ、はしためによって
子を儲けようと考えます。

ところが、はしためハガルは妊娠しているとわかると、サライを軽蔑する
ようになり、サライは夫アブラムの許可を得て彼女をいじめます。

そこで、彼女は荒野に逃げて行きますが、そこで天使に帰るよう諭され
ます。

また、彼女の子孫が沢山殖えると知り、これから生まれる男の子の名を
イシマエルとするよう告げられます。

この後、ハガルは戻って男の子を産み、天使の言葉通り、その子を
イシマエルと名づけます。


1回目の解説の時に書きましたが、このイシマエルがアラブ人の祖と
なります。

しかし、彼ははしための子であるため、アブラムの相続者とはなれず、
正妻サライから産まれた子が相続者となります。


人気ブログランキングに参加しています。

1日1回クリックして頂けると励みになります。

      ↓                  ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ



『聖書早読み』トップへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。