2008-07-28 18:23:44

統合失調症 誤診からの脱出

テーマ:精神医療ニュース
精神科・心療内科・メンタルクリニック・メンタルヘルス・うつ病・パニック障害・躁うつ病・発達障害・統合失調症・不登校・ADHD


精神科や心療内科ではたくさんの人が統合失調症と誤診されています。

誤診・誤処方については

精神科セカンドオピニオン
http://mental.hustle.ne.jp/home/

精神科セカンドオピニオンの掲示板
http://mental.hustle.ne.jp/pub/

毒舌セカンドオピニオン
(精神科医 笠 陽一郎医師のホームページ)
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/4511/

がとても参考になります
また、このサイトから一冊の本が誕生し7月11日に発売されました。

「精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて」
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち(著),笠 陽一郎(著)

〇本の紹介〇

(精神科セカンドオピニオンのサイトより)

あなたの治療はまちがっていませんか?

今度はあなたを助けたい。
心病む仲間へのエールです。
日本精神医学界初の本!  患者・家族と医師によるコラボが実現

~正しい診断と処方を求めて~  \2,400(+税)

わが国の精神医療は本当にこれでいいのでしょうか?
誤診・誤処方日常茶飯事。多剤大量処方は当たり前、QOLより鎮静主眼。
強迫も発達障害も見極めつかず子供の不登校は即統失!
薬剤の副作用に無頓着ですべて病気の症状にしてしまう。
こうした実態が目の前に現実として日々繰り広げられています。

乱脈治療に苦しんで、生きる希望もなくさまよい続ける患者たち。

そんな中でめぐり合えた一条の光。

私たちの体験をお伝えして少しでも同じ病に苦しむ人々を救いたい!
こんな私たちの願いを込めてこの本は企画されました。
”1人でも多くの被害者を助けたい。自分の経験を誰かに伝えたい。
許せない怒りを刻みたい。ちっぽけな小冊子でもいいじゃないの。
とにかくみんなでやってみよう・・・”  (Dr.笠)
この大テーマの下、1年余かけて患者・家族と医師のコラボによる、史上初の試みがやっと実現するにいたりました。 <編著> 誤診・誤処方を受けた患者・家族
&精神科医 笠陽一郎
第1編 誤診・誤処方の体験記

NO.1 不登校からのはじまり

NO.2 今は感情がある。だから、今は私で生きている。

NO.3 正しい診断を求めて

NO.4 解離を生きる

NO.5思春期の子どもと統合失調症

NO.6統合失調診断からの脱出「私、窓から景色を見ている。不思議だな-」

NO.7なぜ4人の医師は統合失調症と診断したのか

NO.8心が壊れるとき

NO.9薬のせいだったなんて

NO.10服薬遵守が「自分がばらばらになってしまう」不安を引き起こした 

NO.11 誤診からの脱出 

NO.12ただ治りたいだけだった

NO.13無知ということ 

NO.14苦しかったとき

NO.15 これからはやわやわと

NO.16 精神病……娘の場合は…… 

NO.17プロである精神科医が間違えるなんて 

NO.18自分が精神病になるなんて

NO.19親と子の長い回り道

NO.20発達障害に気づいてほしい

NO.21いじめから誤診へ、この地獄からの脱出

NO.22息子の人生を奪おうとした発作 

NO.23「発達障害」とわかり解決した長年の疑問

NO.24薬剤性精神病 

NO.25遠回りの年月

NO.26貧困な精神医療に振り回されて

NO.27安易で悲惨な誤診名「人格障害」と鎮静処方

NO.28直感と診断名の埋めがたい溝 

 ・コラム
第2編 患者家族のためのサポート情報

・精神疾患の基礎知識 

・薬物療法の基礎知識 

・セカンドオピニオン実現への道

・精神医療の荒廃
[資料]

・セカンドオピニオン実例集
・原点
患者・家族をはじめ、精神医療にかかわる
すべての人のために!
患者・家族と医師が協働してつくった
命のガイドブック!!
<著者について>
★誤診・誤処方を受けた患者と家族たち
「私たちの思い、経験を生かした本をみんなでつくろう」。ウェブサイト「精神科セカンドオピニオン」を通して、本書出版のために集まった患者とその家族たち(取りまとめ役はアトム氏)。本書には、名前を掲載している以外にも、多くの患者と家族が参加・協力している。
★笠陽一郎(りゅう・よういちろう)
1947年愛媛県松山市生まれ。神戸大学医学部卒業。
「精神病」者の自立と解放を軸に闘い続ける医師。1日相当数の外来診療の傍ら、ウェブサイト「精神科セカンドオピニオン」でセカンドオピニオンを無償で提供する。

注文はインターネットなどでもできますが
http://book.jubei.jp/4990301412/

出版社のシーニュに直接
頼んだ方が早く届くようです
シーニュ
FAX(03-3327-0577)

また精神医療の問題については

「医者が心の病に無力なワケ」
ビョーキを治す方法、教えます


船瀬俊介,南孝次,大沢博,神津健一[著]

本体価格1,300円

出版社 三五館

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html/ref=ms_a_1_p1/503-7569886-3147903?ie=UTF8&uid=NULLGWDOCOMO&edi=J1GoAq0fkvE4FG6s9RSZIoC7uIQBil6LoP%2BBHqwex74%3D&a=4883204235

抗うつ薬SSRIについては

「うつを克服する最善の方法」

著者:生田哲


がもとても参考になります。
知る事で守る事のできる命があります。精神医療の被害に遭う方が減ることを願います
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

hideさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。