薬草も良いけれど

テーマ:
神谷さんはこんなようなことを言っとったです。
 
 
「漢方の材料、薬草がない。
 中国等からの輸入に頼りきっている。
 だが、中国っていう国はこっすい(≒狡猾)んだ(笑)。
 現代人は薬でカラダを維持しているところがあるでしょ。
 その調達リスクを減らすため、国産したいというのもある。
 ただね、薬草っていうのはやせ地でつくるものなんだ。
 過酷な環境でも生きれることで、
 生命力というか、薬効を作る、というところがある。
 朝鮮ニンジンなんか、その最たるもの。」
 
 
神谷さんところで、薬草と思しき植物も栽培実験されてそう。
 


 

漢方知っている人に、これ漢方ですかね??
なんて聞いてみたら
「乾燥した製品は知っているけど、実物見たことないから分からない。」
とのこと。
 
Hさんは冬虫夏草の見つけ方等、熱心に語ってくれたことがあったが、
ボクは、あまり興味がないんだな。
 
なんで興味がないか、
しいて理由を上げるとすれば、マニアック、
つまり、マーケット、もっと言うと需要が限られていること。
 
栽培したとして、どう加工していいのか、
どう使っていいのかも分からない。
「それで誰が買ってくれるの?」の
答えも見つからない。
 
自分としては、生命力/栄養価の高い
野菜を作るって方が大事ですわ。
それができたら、野菜 が 薬草 になるでしょうから。
 


いつも読んで頂き、ありがとうございます。
せいしょーせんせーのでしのブログ
昨日のアクセスランキングーーーー王冠王冠王冠

 

1.黒大豆作られてたわ

 

2.葉面散布を用いた生長調整

 

3.タマネギの実を大きくするには、、、

 

 

AD

リブログ(1)

  • 良薬とは?

    昨日 の続き。 神谷さんはこんなことも言っとったです。 「魚でもそう。 天然の鮎は、肝が苦いんだ。 ホンモロコの肝も、その苦さゆえ、 薬膳として重宝されている。 天然のフグは毒素を持つが、 養殖ものは持たない。」 ~ 良薬は口に苦し。 生存競争を勝ち抜いて、つまり、命のバトンを通じたもので生命が成…

    せいしょーせんせーのでし

    2016-07-17 23:55:00

リブログ一覧を見る