葉面散布を用いた生長調整

テーマ:

 
神谷さんは言った。

「葉面散布っていうのは、植物の調整に使うんだ。
 周年収穫のホウレンソウ で説明しようか。
 タネ蒔いてから25日で収穫って計画するけれど
 天候によっては、遅い早いもあるし、
 同じハウス内でも、生長が良いとこ悪いところがある。」

そこからナゼか小声で

「そういうときに、2号の葉面散布で調整するんだ。
 色つや出したたり、日持ちさせたいときは、
 希釈濃度700倍が基準になっている。
 が、例えば、植物を伸ばしたい、
 栄養成長を望むなら1000倍まで薄くするし
 実をつけたい、生殖成長を望むなら
 500倍まで濃くする。
 濃淡で調節するんだ」

「今、質問があったが
 タマネギだと、タマを大きくしたいのなら
 (栄養)成長を抑えればよい、
 つまり濃くすれば良いんだ。」


ふーーーーん。

そうなんでしょうか。
果菜なんかは、チッソが多いと樹ボケするから
C/N比で、炭素(C)が多い方が良いと聞いたことはあります。

使っているワタシはどうかといいますと、
ぶっちゃけ、よく分からん。

診断、意図、結果で書くと
今がどんなんか分からんとほどほどに認知(診断)していて
どうしたいって言っても「ほどほどであればって」意図するから、
基準の700倍からそんなに外れないから
ほどほどの結果。

だから、ほどほどを目指すならまずは、
 700倍で!!

ただいえるのは
 ・枯れガチになったのは、濃かったのかも、、
 ・ダイコンとか実が小さかったのは、薄かったのかも、、
 ・葉面潅水したせいか、玉ねぎジュクジュクだったかも、、
  (乾いた実を作りたければ、収穫前の施肥や潅水は
   避けた方がいいかも。)
です。

あとは、一番厳しいアナタが試してください!!

AD

リブログ(1)

  • タマネギの実を大きくするには、、、

    さきほどの質問 についで、聞くと、、 Q.タマネギができなくなる、といえば、  タマネギを作ったのですが、実が大きくならなくて、、、  どうしたら良かったのでしょうか? A.あのねぇ、福島とか、北海道とか  大きな産地も今後できなくなるんだ。  植物にとって、窒素よりも大事な  リン、カルシウム…

    せいしょーせんせーのでし

    2016-07-12 23:55:00

リブログ一覧を見る