冬にする講演の前フリ ~ その3

テーマ:

その2  の続き。


神谷さんのコトバ足らず、私の理解足らずですが、

続けていってみましょー。


次はニンジンの話。




タネ蒔いてます。

蒔き時期は、この辺りでは8/中~9/上なんです。

スライド記載の日付は8/19。

普通ですな。


蒔き方が、従来見せて頂いた手法 と違います。

従来は、三角ホーで蒔き溝を作って、

そこにすじ蒔きでしたが、

今回は、30センチくらいの蒔き床を作って、

そこにばら撒きしています。

タネは、白っぽいので、

従来通りコーティングされているもののよう。




蒔いた場所に寒冷紗を掛けてしまう。

この寒冷紗が炭化なのかなぁ。

どうみても、お茶栽培の方がよく使う、

シートのようだが、、、。

我々が容易に手に入るものだと、除草シート?


ん?

シート掛ける前に、土は掛けたのだろうか?


従来は、畝上に潅水チューブを設置してから種蒔き、

蒔き溝に軽く土をかけて終了でした。

潅水チューブから霧状の水が出て

水遣りする仕組み。


ニンジンは好光性種子だけど、

保湿のため、軽く土を掛けた上で、シート掛けてると思います。

土+シートの保湿により、

潅水チューブからの水遣りを減らせるってことじゃないかなぁ。

どぅ思います?




9月23日撮影のもの。

ばら蒔きだから、ニンジンの出方もバラバラ。

間引きしていないことが分かります。

あ、土表面見てください。

しっかり追肥がしてありますね。

「ほれ、見てみぃ、

 土表面は乾いていて、白くなっているんじゃ」

なんて言われてたかなぁ。


そして、その日に見た、該当場所と思しきニンジン。

わっさーーーと茂ってて、

間引き少なそう、と見受けました。


昨年より、デキが良さそうでした。






AD

リブログ(2)

  • ニンジン栽培のおススメ

    神谷さんが説明していたニンジン栽培方法について、自分なりに ホームページ にまとめました。 お聞きしたプレゼンの静止画にコメントをのっけたもの。 ちょっとやってみたら分かるんですが、そのまんまマネすると雑草対策が大変なので要注意です。 ~ ニンジン栽培って、草抜き(間引き&雑草抜き)が大変。吉良…

    せいしょーせんせーのでし

    2016-09-29 23:55:00

リブログ一覧を見る