初めて?のレタス

テーマ:



この日聞いた話 を、詳しく書くわ。


神谷さんは、レタス野菜 について

こんなようなことを言っとったです。


◆レタスのこと
昭和35年、レタスを持ち込んだ。


レタスは霜で腐るというのがあったから
青竹をかぶせて、霜の害を防いだ。


名古屋の方にもっていくと、3箱で2万円になった。


土方が日当が40円の時、で、
どうやって食うかを知らんかった人がほとんどの時に、だよ。


次の年には、大型トラック1杯で2万円だ。



これね、

『ワタシが初めて、アメリカから輸入した』

ようなイキオイだったけど

そりゃ、ないだろうな、と。


神谷さん、
「鳩山政権時代のCOP3の講演は、

 英語ができんもんだから、宮崎大学の杉本教授に頼んだ」って

言ってたんですわ。

コチラ 参照)


英語できんから、講演断った人が、

アメリカから輸入せんやろう、と思ったまで。


とは、いえ、リアリティあったなぁ。


笹竹は、今でもやられる防寒法です。

昔と比べて手に入りにくいので、

カンタンとは言えなくなっちゃいましたが。

今なら、寒冷紗かねぇ。


皆のできんことをやる

まわりと同じことをやっててはダメの典型ですね。

AD

リブログ(1)

  • リメンバー、アメリカ

    神谷さんはこんなようなことを言っとったです。 「7町歩の果樹園の経営をしていた。 20歳のときアメリカに5年行った。 帰りに、グレート36というレタスを持ってきた。 靴下の中にタネを入れてだよ。」 真実かどうかは分からないですが、寒冷紗がないから、笹の葉で囲って霜の害を防いだようで、作った1年…

    せいしょーせんせーのでし

    2016-12-29 23:55:00

リブログ一覧を見る