うまいこというなぁー

テーマ:

神谷さんはこんなことを言っとったです。


「植物は昼間は、炭水化物を作るんだ。
 CO2をよく食べると、作った炭水化物で葉が重たくなり
 夕方、葉が垂れることになる。
 だから、葉が垂れてたら、(萎れたなぁと嘆くのではなく)
 よく仕事をしたのぅと褒めてやらなアカン。
 そして夜に冷えると、この炭水化物から
 グルタミン酸や糖を作りだすんぢゃ。

 これらが、植物のカラダをつくったり、

 実を作ったり、大事な仕事をする。
 ウチの葉面散布液は、このグルタミン酸や
 糖への転用を促進するんぢゃ。」




「こうやって説明しても、
 あぁ、なんかうまいこと言うなー、
 酷いと、騙されたらアカン、って
 話を聞くだけで、行動に繋がらない。」



あぁ、事実、自分も、うまいこというなぁー、
と感心しとったです。


同席した人は、

夜に大事な仕事をするってのは、聞いてたけど

葉面散布との絡みで、自分の中で繋がりましたわ、

って言っとったです。


AD