日本人、日本食が健康なワケ?

テーマ:

神谷さんは、こんなようなこと言っとったです。


「海の塩と人間の血液のエン(≒塩)は同等。
 日本は海に囲まれている。
 日本の水はミネラルを多く含んでいるし、
 魚、海藻等、ミネラルを多く含んだモノを食べるから、
 頭が良くて、健康という日本人を特徴づけた。
 (中略)
 諸外国から和食が人気があるのは、そのためだ。
 中国が、竹島だのなんだのと侵略を
 企てるのも、原油というよりは
 海産物という資源を狙ってかもしれん。」


あ、ワタシ、和食すっきやから、分かるなぁ。


先日、諸外国から見たアツい和食のテレビ見てたら、
豆腐 とか カニカマとかエライ人気あるんだってね。


豆腐⇒TOFU って、軟らかさが、6段階くらいあって
スーパーの大きなスペース使って陳列されたりしてました。


ソーセージやハンバーグの本場、ドイツでも、
ベジタリアンが増えてて
その原料を肉ではなく、ダイズにする動きが出ているとか。


カニカマが、安くて、カニの風味が味わえるから
ヨーロッパで人気がある、とか。


どうだろう、むしろ、日本だと
そんな時代は過ぎて、やっぱ添加物少ないほうが良いよねって
さらに先進んだ感じ?だよね?。


そういう取り組みは、日本の方が先進しているから、
食の部分で日本人はかなり活躍できるかもね。


なんてことを思いましたよ。

AD