2メートルの深耕?

テーマ:


きゅうり農家 鈴木さんのハウスです。


左側は2メートルの棒を持っているところで

右側は挿したところ。


「炭化肥料を入れた場合、10アール当たり

 35~40トンのきゅうりをとる」

と書かれています。


「よう見て、ウチの教えとるところには

 クサないから。」

と神谷さん。

土表面には、雑草の姿がありません。


実際見たときは、異様なじゅわーっとした多湿温室の中、

きゅうりばかり見てて、そんなところ見てなかったワイ。


「土中の水分が30パーセント以下なら

 クサみちゃー生えんもんだてー。」


んーー、まぁ、放置しておくと草が生えるのは

温帯の土の特徴でして、

例えば、砂漠なら、そりゃ、生えんはねぇ。



「棒が刺さらん、刺さらん、いうヤツがおるが、

 細い棒を使わにゃ。

 土ってのは、割と圧(≒圧力)があるでの。」

と神谷さん。


(圧力) = (押す力) ÷ (面積) です。

断面積の小さい、細い棒を挿して、2メートルです。


ちなみに、神谷さんは

先がとがった堆肥用の温度計を挿してたかなぁ。


「ここ挿していいですかねぇ?」って太い棒挿そうとしたら

「んなとこ、挿すじゃねぇ!!」って目で殺されたのを

思い出しました。

これ、晴れた日にやるほうが、

深く挿せて、気持ちイーです。


あ、というか、あまり2メートル(≒他人様)にこだわっても、、、

という気がします。


昨日の自分と比べるのが、よろしいかと思います。



AD