息子の排泄 後、会議室で繰り広げられていた話題は


なぜ神谷さんの畑は雑草が生えにくいか?

でした。


神谷さん、大下さん、高山さんが前のほうにいて

話を展開されていましたよ。


神谷さんは、

「そんなこと、聞いとっちゃアカンのだよ。

 気づかんと、盗まんと。」と前置きしてから

話はじめてくれました。


要約すると

(土の表面が)乾いとれば、雑草は生えにくい

ってことでした。



「土が乾いている時にトラクターを打ちなさい、

 絶対練ってはダメ」っておっしゃってました。

ハイ、コレ、キュウリ栽培指針 の⑦にもありました。

耕すのと、練るのとナニが違うの?ってところですが、

「練る」=「空気を入れない」と考えれば良いと思いますわ。


吉良商店製の資材に入っている、

放線菌、光合成細菌などの微生物は

湿度に弱い、別の言い方すると

土中に水分が多すぎると休むことができない。

だから、なるべく乾燥、つまり、空気に触れさすんだ、

言われてた思いますわ。


ついでに、これらの菌(たぶん好光/好熱/好塩菌なる微生物群)、

管理が ものすごーく ムズカシーんだって力説してました。

有名大学の教授が、貯蔵法を聞きにきたけれど

よぅマネできんかった、言われてましたよ。

AD