聖心美容クリニック 伊藤哲郎

でもほぼ美容以外ブログ


テーマ:



すっかり感想を書くのも忘れてしまっていたこの映画。
こういった終戦とテーマを取り扱った作品ということもあり、劇場はいつもよりだいぶ年齢層が高めでした。

物語は広島、長崎の原爆投下によって終戦を迎えた直後から始まります。厚木空港に降り立ったGHQ最高司令官マッカーサー。


トミー・リー・ジョーンズが演じているのですが、サングラスにコーンパイプの格好はなかなか似合ってます。

GHQ主導による日本統治の手始めに行われたのが、戦争犯罪人の検挙。後の東京裁判にて裁かれることとなります。

戦争犯罪人として、検挙すべきかどうかに問われたのが、昭和天皇。
天皇は戦争の開戦を主導したのか、同意したのかといったことが争点となります。
その情報を集めるべく、任命されたのがフェーラーズ准将。



親日家でもあるフェラーズ准将。調査に与えられたのが10日間しかないのにもかかわらず、一方である女性を探しにちょくちょくとどこかに。


アメリカの大学にて知り合った日本人女性。
お互い思いを寄せ、恋心を抱くように。

日米関係の悪化により、二人は音信不通に。

その彼女を探すためにも奔走。
このくだりは完全にフィクションらしいです。

結局は天皇の戦争責任に対して無実を証明するものは見つからずに、マッカーサーに最終報告を。

そこで、今後の政治的野望もあるマッカーサーが行ったのが、天皇との謁見。




ちなみにこちらが実際の写真。

なかなかの再現度ですね。
映画の中ではいろいろと面会にあたり、天皇に触れてはいけないとかなどマッカーサーに対して決まり事の説明があります。中にはそんなことまで決まっているんだとびっくりさせられます。

結局、そんなのお構いなしのマッカーサーでしたが・・・

最終的には周知の通り、天皇は罪に問われることはないという結末。

その理由は天皇には戦争責任を問わせることは可能だが、それによて日本国民の混乱を招くより、不問として、統治を行いやすくするほうがアメリカにとってはプラスになるという勘定。

天皇の是非を問うという作品ではないですが、GHQの判断によっては現在、天皇制が廃止されてたかもしれないと考えると、日本はどんな感じになっていたのかなと考えさせられます。



にほんブログ村

アンチエイジング ブログランキングへ

伊藤哲郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります