中辻 隆徳のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
今日は、画期的な鼻尖形成術・・・鼻尖縮小術+α法を受けていただいた患者様です。

このたびは、急なお願いにもかかわらずブログならびに症例写真にご協力
くださり誠にありがとうございます。

20代女性 術前正面 メイクなし 

術後13日目 メイクあり
 
まだ完全にはむくみはとれていませんが、鼻先がシュッとしました。
さらに鼻中隔延長効果も出ています。

あおり像 術前 メイクなし

術後13日目 メイクあり
 
団子鼻がよい感じに改善されていると思います。

ななめ 術前 メイクなし
 
術後13日目 メイクあり
 
きれいなプロフィールラインになりました。
ただし、まだ術後約2週間の状態ですので、また経過をご報告いたします。

鼻尖縮小術+α法は、通常の鼻尖縮小術とは大きく違い、鼻翼軟骨の立体配置を変えて、
さらに皮下軟部組織と鼻翼軟骨を使用し、鼻尖部に移植する方法です。
クローズド法(傷が鼻の中だけ)で、耳介軟骨の採取も不要な画期的なものです。

 
札幌院院長の前多先生オリジナルの方法で、すでに学会や、専門医学雑誌
(上の写真)にもご発表されており、たいへん大きな反響のある術式です。
他院の先生からはMaeda法と呼ばれることもあるそうです。
(前多先生はご謙遜されますが 笑)

ありがたいことに札幌出張の際に見学させていただくことがありましたが、いざ執刀してみると
当然、自分なりに課題がみつかります。 (とくに写真を見比べていると 笑)
当の前多院長はじめ、幸い、他のクリニックで、この方法をはじめられた先生も
いらっしゃいますので(たとえば、滋賀の麗先生(ブログはコチラ)、いろんな先生方
とディスカッションし、技術向上に努めていきたいと思っています。

術直後の状態については次の機会にでも・・・

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
できれば1日1回下のボタン(美容外科)のクリックをお願いします。
皆様のひと押しが明日への活力になります!

にほんブログ村


広島院サイトがリニューアルされました!
コチラ





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)