聖心美容クリニック 前多 一彦 Blog

ブログの説明を入力します。


テーマ:
昨日の、ブログの続きです。

1年半前に、他院で部分切開法を受けています。


ある意味で、よく見る症例と言えます。

二重全切開+α法」(Ver.3)で修正。


まず、下垂の評価には不可欠な「上方視」から。

20代女性 術前  メイクなし
術前上方視
術後6ヶ月(昨日) メイクなし
術後6M上方視

とても良い仕上がりだと思います。

まつ毛の上に、被るタルミも解消しています。

まぶたも、楽に開くようになりました。


20代女性 術前  メイクなし
術前
術後6ヶ月(昨日) メイクなし
術後6M

特徴的な、プクッとした二重?も良くなり、

左右差のある、二重幅もほぼ揃っています。


まだ、赤みがある時期ですが、

切開にありがちな、凹凸も最小限かと。

術後6ヶ月(昨日) メイクなし
術後6M閉瞼

「部分切開法」で、よく見る中央部の凹み変形も、

全切開法ですが、「+α」による内部処理によって、

逆に、目立ちにくく綺麗になっています。


術直後の状態  オペ室で撮影
術直後
術直後閉瞼

5mm幅でタルミを取り、他院術後の癒着を剥離。

眼輪筋、ROOF、瘢痕組織、腱膜を適量切除。


今回、眼窩脂肪は切除せず、内側の補填に使用。

挙筋腱膜は、ミュラー筋上を剥離+前転固定。


(Ver.3)では、内部固定の吸収糸はあえて1種類とし、

皮膚縫合に、巨匠(土井先生)の技を用いています。


切除組織

患者様も、この仕上がりに満足してくださり、

症例写真にも、両目掲載を快諾してくださいました。



同じような、修正希望の患者様は意外と多く、

全国から、お問い合わせ、診察、修正に来られます。


ただ、その様な患者様を修正していて、

さらに、「意外な希望」に、驚かされることが...


修正前の、「ハム状の、幅広い感じが好き!」

という患者様が、ごく少数いるということ。


もし、そういう人を「+α法」で修正して、

良い仕上がりに、出来たとしても。


「二重が狭くなった、くっきり過ぎる!」と、

予想外の、クレームに悩まされることが...


ですから、カウンセリング時に必ず見せて、

どちらが好きか?、確認する写真があります 笑



↓できればクリックをお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


美容外科ランキング
いいね!した人  |  リブログ(0)

前多 一彦さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります