聖心美容クリニック 前多 一彦 Blog

ブログの説明を入力します。


テーマ:
本日、ご来院された患者様のお話をします。


患者様:海外在住の日本人女性。

主訴:半年前に海外で受けたレーザー治療後の鼻の皮フの凹み。


診察して、すぐに分かりました。

「レーザー治療以外に、お鼻に何かしませんでしたか?」

「ヒアルロン酸の注入も、一緒にしてますけど...」

「そうですよね」

「3日目ぐらいから、ジクジクしませんでしたか?」

「はい。その後に黒いカサブタになりました」


「この凹みは、鼻の注入治療が原因だと思いますよ」

「でも、主治医はレーザー治療が原因だと言ってました」と

「そうですか... 黒いカサブタはしばらくあったでしょう?」

「はい。2ヶ月近くあって膿みが出て、とても困りました」

「・・・・」


典型的な、プチ整形後の塞栓による皮フ壊死です。

これは、ごく稀に起こる厄介な症状です。

ただ、直後に適切な処置をするかどうか?で大きな差が出ます。


じつは、私自身も1例経験があります。

ですから、私は注入の処置前には、必ずこの可能性を説明します。


「注入の仕方が悪いだけじゃないの?」というドクターもいます。

確かに、そうかもしれませんね。

ただ私の印象では、数に比例してある確率で遭遇する気がします。


じつは、注入中や注入直後に特有の症状が現れます。

これを見落とさないことが一番大切だと思います。


$聖心美容外科 前多 一彦 Blog-JD
当院で使用している代表的なヒアルロン酸。

鼻に限らず、ヒアルロン酸などのプチ整形はとても良い治療法です。


ただ、100%安全な処置は無いことも事実です。

ですから、いざ予想外の事態が発生したときに

いかに、的確な診断と適切な処置ができるか?

それが大切だと思います。



↓できればクリックをお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)

前多 一彦さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります