テーマ:

皆さんこんばんは、聖心美容クリニック横浜院院長の片岡です。

 

今日はロサンジェルスで行われている、Plastic Surgery The Meeting 2016(American Society of Plastic Surgeons ASPS) に参加し、PRS Best Paper Award 2016の受賞式に出席してきました。

 

 

ご存じの方も多いとお思われますが、聖心美容クリニックのプレミアムPRP皮膚再生療法についての医学論文が、形成外科学誌Plastic and Reconstructive Surgery(PRS)のベストペーパーアワード2016を受賞しました。

 

 

9年前から始まった聖心美容クリニックを代表する治療技術である『プレミアムPRP皮膚再生療法』

 

皆の力で治療精度を高め、世界に認められるまでになりました。今後もこの素晴らしい治療技術を大切に育てていきたいと思ってます。

 

今まで協力していただいた方々、スタッフ、そして治療をお受けいただいた患者様に感謝申し上げます!

 

鎌倉統括院長がまたまた漢になりました! 私も少しではありますが、漢に近づけたかな〜

 


にほんブログ村
クリックをお願いいたします! 
片岡にして下さい! 清き一票をお願いします!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「学会」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

こんにちはニコニコ

 

横浜院 看護師のseiです魚

 

現在の横浜院を ちょこっと紹介させていただきますライト

 

横浜院は現在、ドクター2名医者、看護師6名sao☆(うち産休中1名)、

受付カウンセラー4名女性の、

12名で患者様をお迎えさせていただいております星星星

 

 

とても明るく、仲良く、笑いの絶えない、アットホームな横浜院ですが、

 

出会いもあれば、別れもありますよね・・・・桜桜 泣

 

 

先月末で、受付カウンセラーのYさんが退職することとなり、

横浜院で明るく送り出そうと、送別会を行いましたおんぷ

 

 

いつも通り、ワイワイ♪おんぷガヤガヤ♪おんぷおしゃべりをし、

美味しい料理を堪能しました魚♥

 

美味しかったーのどぐろーーーハート

 

しかし、楽しい時間はあっという間にすぎ・・・

 

最後に、聖心での思い出を詰め込んだアルバムを、Yさんにプレゼントです本!

 

入職当時の写真や、

制服での集合写真、

みんなで行った研修旅行、

笑顔の写真をたくさん、

 

こりゃ、Yさん泣くかな?泣くかな~ほわーん?

 

 

 

・・・と思っていたら、

 

 

えぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!!!!?(笑)

 

 

 

誰よりもスタッフ思いの片岡院長が、1番に泣いておりましたキラキラ2

本人は顔を拭いただけだと言っておりますが。。。

 

Yさんがとても喜んでくれた、素敵な送別会となりました♪

 

 

そんな男泣きをする、優しくて熱い片岡院長と、

いつも明るく優しく笑顔の絶えない、佐々木先生と、

個性豊かな看護師と受付カウンセラーがいる、横浜院ニコ星

 

皆様に安心していただけるよう、喜んでいただけるよう、

日々精進してまいります!!!

 

これからも、横浜院をよろしくお願いいたします!!!!

皆様のご来院を、お待ちしております!!

 

 

目本日もブログをご覧いただきまして、ありがとうございましたバイバイチュー

こちらをポチしてくださいクリック風船

   


にほんブログ村


ゆめみる宝石聖心美容クリニック 横浜院ゆめみる宝石
http://www.yokohamain.com/
ご予約は、フリーコール0120-911-935までまじかるクラウン
お電話お待ちしておりますスマホビックリマーク

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんばんは、聖心美容クリニック横浜院院長の片岡です。

 

昨日は二重埋没法、プレミアムPRP皮膚再生療法、スマイルボトックス、アグネス施術(鼻毛穴)、水光注射(BRM-EB)、輪郭注射2件、ライムライト施術

 

今日は眉下切開手術、二重埋没法、ウルセラシステム施術、スマイルボトックス、輪郭注射2件、ライムライト施術等がありました。

 

近畿地方や千葉県、都内からも患者様におこしいただきました。ご遠方からのご来院誠にありがとうございます。

 

 

今日の診療も無事に終わりました。

 

明日からASPS学会PRS Best paper Awards 授賞式のため、今夜ロスに出発します。例によってギリギリのパッキングですが、パスポートを忘れないようにしなければ(笑)

 

6〜7年くらい前にも、カナダのASPS学会に参加させていただいたのですが、ブースにあったベイザーリポシステムが欲しいと事務長にねだった記憶がありますね。

 

今回も最新の機器をチェックしてきたいと思います。

 

さっそくスタッフからお土産のオーダーをいただきました^^

 

ほんの一例症例提示してます。院長は辛いよシリーズにしようかな(笑)

 

私の診療は9月30日(金)からとなります。その間は佐々木先生の診療となりますので、よろしくお願いいたします。

 

当院のプレミアムPRP皮膚再生療法はPRS Best Paper Award 2016を受賞しました!


にほんブログ村
クリックをお願いいたします! 
片岡にして下さい! 清き一票をお願いします!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんばんは、聖心美容クリニック横浜院院長の片岡です。

 

昨日はプレミアムPRP皮膚再生療法、水光注射(BRM-EB)、ヒアルロン酸注入

 

今日はビスタシェイプ、ウルセラシステム施術、ボトックス注入(顎、しわ)、輪郭注射、ライムライト施術等がありました。

 

抜糸に来られた患者様達の経過も良く、うれしく思います。今後の経過もしっかりと診させていただきます。

 

症例写真のご紹介です。

 

50代女性の方です。眉間や額のシワにお悩みです。

 

今回額と眉間にプレミアムPRP皮膚再生療法を行い、眉間にはボトックス注入も併用しました。

額や眉間のシワの治療には二つの要素があります。

 

一つはシワの動きを弱めることと、二つ目はすでに刻み込まれてしまった溝状のシワを改善することです。

 

眉間や額の動きをボトックス注入で弱める治療は効果的ですが、額の場合は注意が必要です。

 

中高年者の場合、上まぶたのタルミや眼瞼下垂などの原因で眉毛挙上から額のシワが強く出る場合が多く、安易に額にボトックスを注入すると、眉毛が下垂して目が開けにくく重く感じる場合が多いからです。

 

ですので上瞼のタルミが原因の場合は眉下切開手術をお勧めする場合が多いです。

 

ただ、手術に抵抗があったり、加齢に伴う痩せやすでに刻み込まれてしまった溝のようなシワには、プレミアムPRP皮膚再生療法が大変効果的です。

 

眉間の縦ジワは皺眉筋の過緊張が原因ですので、これをボトックスで弱める事は大切です。この部位のボトックス注入は目が重くなる心配は無いので、プレミアムPRP皮膚再生療法と同時におこなうことは重要です。

 

プレミアムPRP皮膚再生療法単体で皮膚再生を行っても、非常に強い皺眉筋の過緊張によりシワが刻まれてしまうからです。

 

また皺眉筋の過緊張を弱めることが、眉毛挙上のバランスを整えることも多く、結果額のシワにも好影響を与えることがあります。こちらの症例写真でも眉毛挙上の改善を認めております。

 

眉間エリアのヒアルロン酸注入は血管閉塞による壊死や失明の報告が一番多いエリアですので、リスクや効果から考えても私はプレミアムPRP皮膚再生療法をお勧めいたします。

当院のプレミアムPRP皮膚再生療法はPRS Best Paper Award 2016を受賞しました!


にほんブログ村
クリックをお願いいたします! 
片岡にして下さい! 清き一票をお願いします!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんばんは、聖心美容クリニック横浜院院長の片岡です。

 

昨日は目頭切開(Z形成)、二重埋没法、プレミアムPRP皮膚再生療法、ビスタシェイプ、ボトックス注入、水光注射(BRM-EB)、輪郭注射等がありました。

 

今日はアクアフィリング豊胸術(200cc)、二重埋没法、水光注射2件、輪郭注射等がありました。

 

多くの患者様にご来院いただきまして、誠にありがとうございます。

東北・関西地方や都内からもお越しいただき、感謝申し上げます。

 

昨日帰宅すると、予約していたiPhone7が届いてました^^

マットブラックです。スタッフもお店で予約したそうですが、一足先に来ましたね♪

 

昨日は時間が無かったのでまだ移行してませんが、今晩いじくってみようと思います。

 

あとはカバーを選びたいのですが、僕好みのハードケースが見つかりません…

 

マグプルあたりが欲しいのですが、まだiPhone7用のは出てないようですね。


にほんブログ村
クリックをお願いいたします! 
片岡にして下さい! 清き一票をお願いします!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)