ニュースな話題

政治、経済、時事などのニュース、トピックスについて書きます。


テーマ:

プレ統一地方選の結果は、1勝1敗で与野党痛み分けとなった。

しかし、マスコミの反応は厳しい。

与党が優勢とみられた愛知県知事選が大接戦となったからです。

マスコミはこぞって柳沢大臣の辞任要求が強まり、政権運営に火種と報じました。

一方で、「選挙に強い」小沢神話復活の兆しとも報じています。

民主党・小沢代表は、さぞかしほっとしただろうと思いきや、満足していないようです。

4日の講演で「もっと女性の声が大きくなると思っていたが、…」と嘆いたという。

下馬評では劣勢が伝えられていましたが、実は小沢氏は愛知県知事選も勝負に出ていたのです。

愛知県は北海道と並ぶ民主党の牙城で、今までは自民党と相乗りしていましたが、今回あえて対抗馬を立てました。

小沢氏がみているのは、常に参院選です。

夏の参院選で与党を過半数割れに追い込むためには、「愛知(定員3)で2議席取らなければ駄目」と言い、愛知県知事選をその前哨戦と位置づけてきました。

だから、かなり追い込みながら僅差で敗れたことには、ちょっとショックだったのかもしれませんね。

しかし、選挙結果はともかく、今回のような地方選挙はどうなんでしょう。

小沢流の選挙戦略にはいつも感服しますが、与野党が国政の問題を地方に持ち込むことには閉口しています。

今回、柳沢大臣の「産む機械」発言で追い込んだとされますが、そんなことは知事選でなく、ほんとうは国会でやってほしかった。

もしくは国政選挙でやるべき。

マスコミでは「産む機械」発言が選挙に影響を与えたと決め付けていますが、日経の出口調査では、

・「柳沢発言を考慮した」39%

・「  考慮しなかった」56%  という結果が出ています。

また、2チャンネラーでは、かなり冷ややかで辛らつなコメントが寄せられています。

 ・「ネガティブキャンペーンになびくほど卑しくありません

 ・「小沢は女性を「票を入れる機械」だと思っていたんだな」 等々

(※2ちゃんねらーは男が大半だからという側面もありますが。)

早く国会に復帰していただきたいものです



《参考サイト》


小沢氏何とか面目―神話復活の兆し


小沢氏、世論の反応嘆く


小沢氏、世論の反応嘆く2


民主党が“コイズミ”推薦

犬山市長

(石田芳弘 前犬山市長)


票の行方を占うトヨタ労使


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

seisakuronさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。