「イヌの色んなナゼ?がわかる犬の行動科学セミナー」


うちのイヌ、言うことを聞いてくれません!

「コマンドに従わない」

「出来るときと、出来ないときがある」

「コマンドを出した方がいいの?出さないほうがいいの?」


第3回 行動科学セミナーのテーマは

「ドッグトレーニング」です。



「しつけ」や「問題行動の改善」において、「トレーニング」は重要なものとして考えられています。

では、この「トレーニング」とはそもそもなんなんでしょうか?

「トレーニングが上手くいく / いかない」を分けるものは、あるのでしょうか?ないのでしょうか?

あるとすれば、それはなんなのでしょうか?


また、最近は「イヌの自主性を伸ばす」と言った話も耳にします

「自主性を伸ばす」とはどういうことなのでしょうか?

「自主性を伸ばすトレーニング」ということは、「コマンド」は出さない方がよいのでしょうか?



行動科学の視点から「ドッグトレーニング」に迫っていきます。

今回は受講される皆さんにも参加してもらえるようなワークを高山先生のほうで考えられているそうです。

「イヌをトレーニングするための大事なところ」を、目と耳と体で体験してください。



■セミナー概要■


・コマンドについてちゃんと考えてみよう

「トレーニング」の大きな要素である「コマンド」

では、この「コマンドを聞くイヌ/聞かないイヌ」の差はどこにあるんでしょうか?

「聞くとき/聞かないとき」があるのはなぜなんでしょうか?

どうすれば、確実に「コマンドに従う」ようになるんでしょうか?

「主従関係」や「「信頼関係」といった抽象的なものではない、本当の「関係作り」とは?


・「イヌの自主性を伸ばす」ってどういうこと?

最近、「イヌの自主性を伸ばす」といったことが言われるようになってきていますが、

これってどういうことなんでしょうか?

「自主性を伸ばす」のがよいのなら「コマンド」はない方がいいんでしょうか?

「指示に従わせる」ことと「自主性を伸ばす」こと。

一見矛盾するこの2つには、実は共通点があったんです。


・コマンドの応用

コマンドを、ただの「指示」からもう一つ発展させてみましょう。

キーワードは「イヌが安心する」です。

イヌが不安がる、怖がる、興奮して暴れる、噛む、唸るような場面で

「イヌが安心できるようになるためのコマンドの応用」とは?

※内容は予告無く変更となる場合がございます。



・質疑応答

イヌの行動に関することなら、どんなことでも聞いていただいて構いません。

普段の悩みでも・・・。

こんなときどうすれば?・・・でも

このような機会はなかなかありません、ぜひ多くの飼い主さんに聞いてもらいたいと思っています

質問時間は多めに取る予定ですので是非。


【日時】 8月19日(日)

【場所】 新潟テルサ

【時間】 午後1:30(開始)~午後4:30(終了予定)

【料金】 3500円/人

【講師】 高山仁志(ocean style)

【主催】 聖籠ドッグスクール

Grooming Studio JETS

【企画】 DLC-PRO






AD