その人は都会のビルに挟まれたマンションの一室に居た。


世界をまたにかけるデザイナーだったその人は…脳溢血で3ヶ月前に倒れたとのこと。

右半身の自由がきかないそのひとは、急性期でリハビリが必要というのに酒に呑まれている状態だった。


働くことができないその人が言った…「部屋に住める期限が迫ってる」と。


私は公式な手続きなど付き添いながら手伝い、体の自由がきかないその人の為に日当たりのよい

南向きの1階の部屋を歩いて観て探した…『希望』を持ってもらうのが天命だから。


リハビリも再開しその人の瞳に輝きと力が湧くのが観えたとき


その人は言った「やっと終りましたね」と。


私はその人に告げた『今が人生の岐路ではじまり』であることを。


『行動力が未来を変える 生きているかぎり終わりはない』


それが真実


清宮一成 @ 中野 占術師☆彡のブログ











AD