腕の神経痛

テーマ:

ありがとうございます。みやき鍼灸整骨院の宮木です。

 

寒さや冷え、あるいは疲れのために、

腕のつけ根から手の親指側、手のひら、小指側に、

重だるい痛みを感じ、時には激痛がはしるのは、

腕の神経痛の症状です。

 

腕の神経痛には痛む経路によって、橈骨神経痛、正中神経痛、

尺骨神経痛の3つがあります。

 

頸椎からくびのつけ根、わきの下、

上腕から前腕の親指側が痛むのが、橈骨神経痛、

 

上腕から前腕の手のひらの真ん中にむかって、

痛みが走るのが正中神経痛、

 

前腕の小指側に痛みが走るのが尺骨神経痛です。

 

治療法としては、これらの3つのうち、痛みのある経路に沿いながら、

腕のつけ根から手先に向かって、

親指で小さな輪をえがくようにマッサージするか、

この神経経路の指圧治療で痛みがとれます。

 

みなさまがより健康でありますように。

 
 
AD

五十肩

テーマ:
ありがとうございます。みやき鍼灸整骨院の宮木です。
 
五十肩は、肩の関節が老化するにつれ、
関節周囲のじん帯(肩関節をつつんだり、
しめくくったりするひも状の組織)や筋肉、
腱などが異常をきたし、
軽い炎症を起こしたために起こる症状です。
 
正確には肩関節周囲炎といって、
40代、50代の人によく見られます。
 
満員電車がカーブにさしかかったり、急停車したりしたとき、
つり革にぶらさがっていた側の肩から腕にかけて、
悲鳴をあげたくなるほどの痛みが走った経験はありませんか。
 
こんなときは、寝ると肩が冷える、重だるい、
痛むといった症状があるはずです。
 
これが五十肩の典型的な症状で、ひどくなると、
手を動かすだけで痛み、腕をうしろに回したり、
上にあげたりすることもできなくなります。
 
なお若い人にも、
外傷によって起こることがありますから注意してください。
 
こんな時は、くび、肩、背中にツボがあるので、
押してみて、痛いところや気持ちが良いところ、
コリがあるところを指圧してみてください。
 
みなさまがより健康でありますように。
 
AD

肋間神経痛

テーマ:

ありがとうございます。みやき鍼灸整骨院の宮木です。

 

筋肉の疲れが残っているときや風邪をひいたあとなど、

上体を無理にねじったりすると、

背骨からわき腹にかけて激痛がはしることがあります。

 

また深呼吸でとくに息を吸うときや、高い声で話をするだけで、

痛みがからだ中に響きます。

 

こんな症状が乳の高さを中心にしてわき腹にあるときは、

こらえようもないほど苦しいものです。

 

かならず専門医の精密検査を受け、肋骨骨折、カリエス、

胸部がんなどについて調べてもらってください。

 

しかし熱もなく、

エックス線にも異常がなければ、

まず肋間神経痛と思ってまちがいありません。

 

なお第11肋骨と第12肋骨に、大きな外力が加わったり、

なじれたりしても、神経の根部が刺激され、

肋間神経痛がおこります。

 

こんなときは、背中、胸、腹にツボがあるので、

押してみて、痛いところや気持ちが良いところ、

コリがあるところを指圧してみましょう。

 

みなさまがより健康でありますように。

 

AD

むちうち症

テーマ:

ありがとうございます。みやき鍼灸整骨院です。

 

追突などによる自動車事故で、強い衝撃のために、

くびの関節に一時的な捻挫症状が起きることがあります。

 

これがいわゆるむち打ち症と呼ばれるもので、

衝撃を受けたとき、

くびがムチのように振れるところから、

むち打ち症と名づけられましたが、

専門的には頚椎(けいつい)捻挫いわれています。

 

捻挫は、関節が一過性にふつうの可動域よりも強く動いて、

痛めた状態をいいます。

 

むちうち症も、くびの7つの骨のどれかが瞬間的に強く動揺し、

骨と骨を結んでいるじん帯や、

その部分の細くて小さい筋肉が、

一時的にのびた状態をさしているのです。

 

なお、じん帯や筋肉がもとにもどるあいだに、

熱、はれ、小さな出血、むくみをともない、

 

同時に頭やうでの神経が影響を受けて、

肩がこる、頭が痛む、耳鳴りがする、

うでがしびれる、というような症状が起こります。

 

 

寝ちがい

テーマ:

ありがとうございます。みやき鍼灸整骨院です。

 

朝おきたとき、くびが痛くてたまらないといった経験は、

誰にもあるでしょう。

 

これはいわゆる「寝ちがい」というもので、くびから肩にかけて、

するどい痛みが走ります。

 

その名のとおり無理な姿勢で寝たために、

くびを痛めるのが原因です。

 

また、クーラーの冷たい風にあたると、

同じ症状起こることもあります。

 

こんなときは、くびの筋肉を触ってみてください。

固く緊張しています。

 

寝ちがいは、このくびすじのうしろ両側にある僧帽筋と、

横くびを斜め前下に走る、

胸鎖乳突筋がおかされて起こる場合がほとんどです。

 

なお、症状が重ければ、筋肉