2009/2/17

テーマ:


 PSさん、村上春樹スピーチの速報要約リンクをありがとう。


 一般に、「卵」と「壁」の比喩が印象に残るようだけど、俺は最後のこの文節が好きだ。


 壁はあまりに高く、強大に見えてわたしたちは希望を失いがちだ。しかし、わたしたち一人一人は、制度にはない、生きた精神を持っている。制度がわたしたちを利用し、増殖するのを許してはならない。制度がわたしたちをつくったのでなく、わたしたちが制度をつくったのだ。

 
 変哲のない普遍的な言葉だ。
 しかし、だからこそ、この演説はいい。

 しかも、それをイスラエルへ行って、イスラエル人のただ中で発言することの勇気。
 それをハマスの「ロケット弾」に対しても言う冷静さ。

 
 重ねて、言う。 
 この演説は素晴らしい。


 
 あらゆるクラブでこの文節のポエトリーリーディングが始まることを期待する。





 
AD

2009/2/16

テーマ:

 村上春樹は結局「エルサレム賞」を受賞した。
 そして現地入りしたのである。

 俺は受賞を辞退すべきだとは思わなかった。
 過去のソンタグのように受賞して、その受賞演説の中で痛烈に世界のあるべき方向を述べればよい。
 これは作家が作品を書く言葉とは別種の言語をもって、世界政治に直接触れ得る貴重なタイミングである(あらゆる言葉を作家は吟味、使用すべきである以上、社会言語から隔離されていることは原理的に不可能だと俺は考えている)。


 つまり、村上春樹の演説こそが、まさに彼を世界のムラカミか、そうでないかを決めるであろう。


 演説家の俺にはまことに気になるところだ。







 ちなみに、一方その頃、ローマでの先進国首脳会議での中川昭一財務大臣兼金融担当相の、この記者会見の応答(広い意味では演説)の画像はどうか。


 これは、その前のなんだかかっこいいロイターの中川昭一の記事と違う。
 (ロイター発のこの記事では、なんとわざわざずいぶん昔の顔写真を使っており、その意味も不明)

 では、違いはなんなんだ? 時間の問題なのか?


 泥酔であれば政治生命はないだろう。
 世界同時景気後退と戦うための世界会議の記者会見でこれは周囲を含めたるんでいる。
 日本はどうすべきかのシリアスな注目の中で、しゃべれないほど酔っていてはいけない。

 脳溢血などの問題が疑われれば、彼自身のためにすぐさま休んでもらった方がいいし、むろん日本の政治のためには大臣の一刻の猶予も不可能である。
 ちなみにオバマは法案成立のための一票を獲得するために政府専用機まで飛ばして改革に集中している状況なのだ。


 
AD

2009/1/17

テーマ:

It is said that 90% of the Israel nations are supporting the invasion upon Gaza.
We could compare the situation with that of DPRK or of Japan during the WWII.

However, giving up hope comes to nothing.

So, then, I want to appeal to "all Jews living OUT of Israel":
Wouldn't you think what your homeland is doing now insane?
And is it you who could talk your friends or relatives, the medias in Israel out of continuing that most effectively?

"All Jews living OUT of Israel", get your homeland to regain the reason.
Call on them to calm down at once.
Tell them that it's absolutely impossible for the invasion to be a key to solve the long-standing problems, and that they/you are dealing with their/your serious and fundamental problems improperly.

"All Jews living OUT of Israel", each one of you who is scattered all over the world, it's only you who can save your homeland.

They might muddle up the fact that Israel is on the verge of crisis in its domestic politics due to the larger financial loss than America with the long-standing religious problems--that might be possible within Israel, but impossible in front of the international community. That would be nothing but an exposure of Israel's hardship.

"All Jews living OUT of Israel", would you please call your collegues in your homeland, send mail to your lover, come and talk with your parents so that they could regain the reason?

To begin with, dear Jewish friends in my country, would you call on your friends to finish the "war" (as there is too much difference between the two sides both in quality and in quantity, we can hardly call this a war) as soon as possible?

Today, the one who holds the key for peace is not America nor the United Nation, but "all Jews living OUT of Israel", and their network--I think.

Our friends, "all Jews living OUT of Israel", and the 10% Jews who are DARING TO TAKE OBJECTIONS within Israel, to remonstrate a state is never a dishonor to you.

It is your boast that you have endured every despotism of states and have never broken the supremacy of the reason, isn't it?

I'd like to say again:

"All Jews living OUT of Israel", would you please call your collegues in your homeland, send mail to your lover, come and talk with your parents so that they could regain the reason?


Seiko ITO writer, activist


translated by
mors immortalis 2009-01-17 07:19:45
AD