2008/9/12

テーマ:



 そして、FREE BURMA!



 




 代々木公園での「ミャンマー軍事政権に抗議するポエトリーリーディング」がアナログ盤になってリリースされました。

 DJ BAKU『DHARMA』高木完ミックスもインクルード。





AD

2008/8/21

テーマ:


 告知!!


 2008/10/17

 18:30開演

 東京・永田町、星陵会館にて(3000円 大学生以下2500円)


 
 ビルマ(ミャンマー)・サイクロン被災者救援チャリティコンサート



 主催 ビルマ市民フォーラム
 後援 アムネスティ・インターナショナル日本/ビルマ情報ネットワーク



 で、俺はピアニスト・沢知恵さんと組んで
 『ミャンマー軍事政権に抗議するポエトリーリーディング QUEIT
 をお送りします。
 かなり凄みのあるリーディングになると思うので、是非聴きに来て下さい。

 くわしくはビルマ市民フォーラムにお問い合わせを。



 なお、収益金は軍政を経由せず、サイクロン被災者救援、復興支援に使われます。

 
 よろしく!

 



 

 
AD

2008/5/13

テーマ:

 アジアにおいて、2008年は信じられないような悲劇の年だ。

 今も何千人もの人間が生き埋めになっているとはどういうことか。


 天災を前にして、政治にかかずらっていてはいけない。
 だが同時に政治を動かさなければならない。



 SAVE CHINA!

 
   SAVE BURMA!


2008/5/9

テーマ:


 ビルマ(ミャンマー)のサイクロンによる死者数は、10万人を越えると推測されている。

 ひと晩で10万人が死ぬということ。

 我々日本人も同じ規模の「ひと晩での死」を東京大空襲で、さらには原爆投下によって体験している。だから想像しなければならない。そこで今、何が起きているかを。

 とんでもない事態である。
 
 だが、ミャンマー軍事政権は救援のための入国を拒んでいる。

 愚か者が自らの権力にしがみついて、外からの勢力が入るのを極端に恐れているのだ。
 ここで民主化勢力が国内に拠点を作ることを避けるため、彼ら軍事政権は人民の地獄をかたくなに無視している。


 愚かな。なんと愚かな殺人者だろうか。ミャンマー軍事政権に巣くう人間どもは。


 その間にも真水が飲めずに死んでいく者、伝染病で死ぬ者、二次被害で大海に流されて行ってしまう者がいる。死者の数はこれからも増えていく。

 なのに、愚かなミャンマー軍事政権は国民投票をやめようとしない。
 野党勢力が参加出来ない投票をして、政権を国民が認めたことにしようとしている。

 誰が今、投票などするのか!?
 死者の山を前にして、何をしているんだ!?

 人間を馬鹿にするな。
 死者も生者も、ともに馬鹿にするな。

 ミャンマー軍事政権の連中だって、いつか死ぬんだ。
 権力をあの世に持っていける人間はいないんだ。

 だったら、これ以上殺すな。


 俺は日本政府に呼びかける。

 ミャンマー軍事政権に、救援者の入国を認めさせるよう、一刻も早く圧力をかけなければならない。

 
 そして、ミャンマー軍事政権にはこう呼びかける。

  LET US IN!
  TO SAVE YOUR PEOPLE,MYANMAR!



 けれど、どんなに軍事政権が愚かでも、人道的支援の手をゆるめることは出来ない。
 したがって、一方で俺たちはユニセフ支援を続けるべきである。

 

 だから、今日も書く。



 SAVE BURMA!



 上記の一行を、どうかリンクつきであらゆる場所に貼り付けてください。
 あるいはこの文章すべてを。




 
 
 

2008/5/7

テーマ:


 一晩で一気に何万人もの人間が死んでしまうことを、俺は何度想像しても想像しきれない。

 それが「地獄」という言葉をはるかに超えるであろうことはかろうじてわかるけれど、一晩で一気に何万人もの人間が死んでしまい、その死体が国中を埋め尽くし、なおかつ生き延びた百万人以上の人間が家を失っている事実を、俺は想像しきれない。

 発狂したとしても、まだ、俺は想像しきれないだろう。

 ビルマ(ミャンマー)で起きたサイクロン被害。

 一晩で一気に何万人もの人間が死んでしまうことの、あまりの恐ろしさ。

 事態を想像することすら出来ない人間は、ぼう然と無力さの中に居続けてしまいそうになる。

 
 だが、俺はこう呼びかけ、自分も行動するしかないんだ。
 ぼう然としているわけにはいかないんだ。


 SAVE BURMA!


 上記の一行を、どうかリンクつきであらゆる場所に貼り付けてくれ!