2009/2/6

テーマ:


 本日、入手しました。

 大人のための、特注漆塗りホスーK!
 その途中経過。





readymade by いとうせいこう




 
 (橘)右之吉さん的には、これをTANITAに組み立ててもらってから、さらに仕上げをしたいそう。
 確かに、浅草文扇堂・(荒井)修さんの表側とか、扇面に何も描かれていない。


 職人が真剣に酔狂をすると、さすがに凄い。
 わくわくする。





readymade by いとうせいこう


 電池のフタ部分に紋。
 修さん発案の「エコ連」の文字も光っている。




AD

2009/2/3

テーマ:


 今日は節分。新しい年の始まり。 

 MJ阿修羅展の特別音声ガイドを収録(阿修羅ファンクラブに入ったりすると東京国立博物館内で聞けるらしい)。相変わらずの、あの男のおかしさに爆笑する。

 で、その前に黒眼鏡の男の誕生日プレゼントを銀座で購入(笑)。
 銀座のギャラリーで現代美術見たりしてから、黒眼鏡と待ち合わせた録音スタジオに移動。
 収録後はさしで新年会。


 
 話は変わるが、昨年末から俺が腰に下げているのは一点ものの特別ホスーKなのだった。このことを報告するのを忘れていた(ことを思い出したのだ)。

 文化放送『グリーンフェスタ』(podcast→オーディオpodcast→社会/文化→いとうせいこうGreen Festa)でデコりイベントを行った際、ネイルアーティストに作ってもらった逸品を気に入って買ったものである。


 それでは自慢します。


 ジャジャーン!!


 
 
 readymade by いとうせいこう




 裏は……
 





readymade by いとうせいこう





 世界一派手な歩数計であることに間違いはない。


 
 とか書いていたら、(荒井)修さんからメール。
 (橘)右之吉さんが酔狂で作ってくれていた漆塗りのホスーKが完成したらしい。

 早速見に行かなきゃ。






AD

2008/12/1

テーマ:


 数年前浅草で知り合ったひと回り上の大先輩・アキちゃん(かつて六本木でこの人を知らなければモグリと言われていた夜遊び界のレジェンド)のお誘いを受けて、(荒井)修さんと葉山のアキちゃんの別荘へ。

 着くなりアキちゃんは「本日はいとうさんのために大パーティになるのよ」と微笑む。

 どういうことかわからずにいると、俺のためというのは冗談として、夕方になるにしたがい、次第次第にすさまじい人数(子供たち十数人含む)がアキちゃんの別荘に集結……。

 チーズ・フォンデュからイタリアの腸詰め、タジン鍋まで、気さくなお客さんたちがうまいもの尽くしを競い始める中、「あれ、ムーミンじゃん!」「せいこうさん、どうも」みたいな再会から、「シティボーイズさんの衣装を昔……」「あ! お久しぶりです」的な挨拶まで、あり得ない夜を過ごす。

 アキちゃんのネットワーク、やばいです。
 俺もあんなパーティ出来るように人間力を高めたいです。おす。


 さて、気分よく本日は昼間から葉山で寿司食って日本酒飲んで、黒イチジクのドライフルーツとか俺の好みのものをゲットして帰ってきて、ノリノリでただいまから

ホスーKのネーミングコンテスト!!



 で、悩んだあげくのノミネートはこちら!!



 NO.1
 「THE帯同ズ」(ザ・たいどうず)by里月

 NO.2
 「SOZORO」(そぞろ)by青蛙

 NO.3
 「アンギャメン」by N

 NO.4
 「K-WALK」by イトウ


 

 以上、4案から皆さんが支持する1案を採用させていただきます。


 投票は一人一票で、コメント欄に書き込んでください。
 

 では、投票開始!!!!



AD

2008/11/2

テーマ:

 ついに本日、ホスーKがマーケットにドロップされました!

 てことで文化放送で販売記念の公開収録イベントやってきた。


 出てくれたSHEILAさんがめちゃくちゃ食いついてた(くわしくはコチラの11/2)。うれしかった。


 で、打ち合せをひとつすませてから電車に乗ると、大きなサングラスのかわいい感じの女の子が。
 と思いつつ、本を取り出して読んでいたところ、誰かがチョンチョンつついてくる。
 なんだろう?と思って顔をあげると、相手はさっきの女の子で、サングラスを取ったらなんと(長崎)莉奈ちゃんだった!
 過去のスペシャ番組で俺のアシスタント兼奥さんという設定だった女子である。
 ちなみに、俺も莉奈ちゃんも東京都葛飾区出身だ。

 お母さんと浅草で待ち合わせだという彼女に、これも何かの縁だと思い、文化放送からもらった幾つかのホスーKのうちのひとつ、ジェリーをあげる。



 あ、昨日の、俺も講師で参加しての長池講義は抜群に面白かった。
 柄谷(行人)さんが数日前に思い至ったという理論の発表が特に鳥肌もので、いわゆる“柄谷的交換様式モデルのD象限の、アソシエーション、世界宗教とも説明される「X」は、A象限の「氏族社会」の抑圧されたものの回帰である”という、フロイトの援用(とはいえ、フロイトのように原父殺しを理論的な前提とする必要がない、と柄谷さんは強く語った)。

 一昨日の深夜に大阪で行われた、なんばハッチでの「いとポメ≡」ライブも面白かった。
 ダブ的な演奏の境地がいくらでも深まってゆく。

 両方に出てる自分の落差が一番面白いかもしれない。



 

2008/10/26

テーマ:


 お待たせしました。

 11/2に発売される俺モデルのホスーK、最後のメンバーの名前を決定します。

 「マダム」(キーボード)、「ジェリー(・ビーンズ)」(ギター)、「ゼブラ」(ベース)、「大也(ダイヤ)」(ボーカル)に続いて、ドラムスのこちら!






 応募総数、のべ230のアイデアが寄せられた中、栄えある栄冠を勝ち取ったのは……












 えー、発表の前に、金曜日の京都MUSEでのお話でも。
 
 リハを終えた俺とアイゴンは清水寺に直行したのであった。
 たまたま2週間ほど前に、金子貴俊くんから「秘仏公開」の話を聞いていたからである。
 参道に到着し、ぶらぶら歩いていると時刻は午後4時近くになった。
 そこで初めて俺たちは、午後四時でその日の公開が締め切られることを知る。
 走った、走った。
 そして、間に合った!

 なんか偶然うまくいったなと思っていると、次に訪れた八坂神社でも不思議が起こる。
 ぶらついているうち迷い込んだ先で、アイゴンが彼の知人の実家であるスダレ屋(数十分前に俺はそのスダレ屋の話を聞いていた)を発見したのである。
 さらに、同行していたアイゴンのマネージャー馬場ちゃんが探していた店が、そのスダレ屋の斜め前だったのだ。

 縁がつながっている奇妙な感覚でライブハウスに帰ろうと錦市場のあたりへ入ると、そこでは一緒にライブする金澤義くんにばったり会いもした。

 秘仏本尊のおかげでもあろうか。



 


 さて、ホスーKの方だが、俺が腰に下げていたやつだから、一週間分の記録が残っている。清水寺の分が間に合えば、一万歩は軽く越えているので見てやって欲しい。

 で、栄えある……









 その前に、“縁がつながっている奇妙な感覚”は翌日も続いたことを報告しておこう。

 俺は大阪で行われた『国際人形劇フェスティバル』が観たくて観たくて移動。
 人形浄瑠璃も公演をしたので、出演者の豊竹咲甫大夫さんにはチケットを押さえていただいていたのだが、他の海外人形劇劇団は当日でいいとタカをくくっていた。

 ところが、行ってみるとすべて完売!


 途方にくれて大阪中央公会堂の中をとぼとぼ歩く俺は、やがて偶然にも咲甫さんの楽屋の前につく。
 思わず泣きつくと、咲甫さんは事務局にかけあうために部屋を飛び出してくれた。
 
 で、残りは一枚もないという事務局の答えにぼう然としていると、そこに大阪CO2映画祭で会ったことのある市役所の人が登場。
 同じくプロデュースをしているらしいのだった。
 なんたる偶然の連続だろう。
 
 とはいえ、それでも入れはなしないとの結果。

 立ち尽くしていると、事務の人がちょっと現場に聞いてみると言い出してくれる。
 「あと一人だけダメか」と電話で聞いている相手が偶然にも……ということなのだが、その時の俺が気づくはずもない。


 現場はなんとかOKだと言ってくれた。
 立ち見で実券でという条件で、俺はありがたくも「ヒューバー・マリオネッツ」の公演を観られることになる。

 そして、部屋に入ってみた俺は驚愕した。
 舞台前面で客入れをしているのが、『こちらアニマルプラネット新聞社』で俺とタッグを組んでいた人形遣いの友松さんだったからだ。

 向こうも向こうで驚愕していた。
 「最後の一人を入れてくれって、せいこうさんのことだったんですか?」

 電話を受け、一人ならなんとか入れましょうと返事をしたのは、まさに彼だったのである。そんな奇跡があるだろうか。


 さらに俺は、柄にもなくしつこいおねだりをしてみた。
 「文楽のあとにやる『ラク・パカ』にも入れないでしょうか?」
 「……うーん」

 友松さんは考え込んだ。
 パンパンに客が入っているのだろうし、彼に言っても……と思っていると、友松さんは答えた。
 「僕がナレーションをやるんで恥ずかしいんですよね」
 「友松さんが?」
 「ええ」

 友松さんはドイツの影絵集団『ラク・パカ』の公演において、まさに日本側の重要人物だったのであり、もしも頼むなら彼しかいなかったわけである。

 またまた偶然の連鎖。


 実は人形遣いたちのシンポジウムに、俺が昔NHKの番組で会ったことのある松尾カニタさん(タイ出身・FM COCOLOのDJ)が入っていたのにも驚いたのだが、あまりに偶然がつながり過ぎていたので面倒になり、挨拶には行かなかった。



 イタリアの世界遺産『オペラ・デイ・プーピ』まではさすがにねだれなかったけれど、観られないと思った公演がふたつの偶然で観られたことは、とにもかくにもまことに不思議だった。
 
 人形劇の素晴らしさ、俺の興味の根本に何があるかはいずれ書きたい。








 てことで、そういう連鎖の線上で、ホスーKの残りメンバーの名前を発表します。


 「マダム」(キーボード)、「ジェリー(・ビーンズ)」(ギター)、「ゼブラ」(ベース)、「大也(ダイヤ)」(ボーカル)に続いて、ドラムスは!?



 タラタラタラタラタラーーーー












 チャーン!!!




 



 
 『サミダレ』に決定しました!!!!


 

 「on ドラムス」さん、おめでとうございます!

 日本的でありながらカタカナにすると、なんかシャープで、しかも女性ドラムスかなと思わせる想像もわき、いや男でタラタラタラッと五月雨的な細かいフレーズも得意なアーチストかなとも考えさせてくれる広がりが素晴らしかったです。


 「on ドラムス」さん、早速このブログ記事の下にある封筒マークを押して、住所氏名電話番号を教えてください。
 なるべく早く実物(サミダレ)をお送りします。





 ということで、ホスーK。

 「マダム」(キーボード)、「ジェリー(・ビーンズ)」(ギター)、「ゼブラ」(ベース)、「大也(ダイヤ)」(ボーカル)、「サミダレ」(ドラムス)という布陣になりました。




 

 しかし、皆さんおわかりの通り、肝心のバンド名が決まっていないのでした。


 なので、すかさずバンド名コンテストを始めます。




 いかしたバンド名と、あなたが欲しいメンバーを書いて投稿してください。

 採用された方には、お好きなホスーKを俺が個人的に差し上げます。


 

 じゃ、期待してます。

 よろしく!










 

 
 

 

2008/10/12

テーマ:

 浅草今昔展に関連しての江戸博でのトークショーは大変面白かった。

 (荒井)修×(橘)右之吉×(山口)智子×俺は、そのまま浅草に移動して食事をしながら、延々「暦作成委員会」の作業。
 その間も、修&右之吉両氏の刺激的な江戸トークは続く。
 智子さんと俺は、まことに役得。

 そのあと、ワタナベイビーが今週金曜のやつの誕生日ライブのためのビデオ撮影をしたいと言っていたので、ベイビーの家に寄る。
 
 そこから観音様の前を通って家に帰ろうとしていると、前から平成中村座終わりのお客さんたちが上気した顔で歩いてくる。
 いいもんだなと思っていると、中にフジテレビの阿部知代さん、(吉崎)典子さんが!
 「わー!」
 「わー!」
 「久しぶり!!」
 みたいなことになる。


 今日も色んな人に会った。





 さて、11/2に発売される俺モデルのホスーK、命名シリーズも今日が最後。

 
 「マダム」(キーボード)、「ジェリー・ビーンズ」(ギター)、「ゼブラ」(ベース)、「大也(ダイヤ)」(ボーカル)に続いて、俺自身が今使ってるメンバー。





 on ドラムス!!












 パープル・ソーダ……でもないし







 
 MR.ブドウ…………てのもなんだし。




 うーん、もうひとついいあだ名を思いつかない。



 ということで、このメンバーのあだ名を公募します!

 
 どしどし考えて、この下にレスつけて応募してください。


 これだ!と思った名前があれば、即座に採用。
 で、その名を考えてくれた人には、このホスーKを“俺が使っていた一週間の過去歩数データ付き(笑)”で、プレゼントします。

 よろしく!



2008/10/11

テーマ:


 昨夜は、発売前のこんなスニーカーをもらってはき、「いとポメ≡」のライブを夜中に。




 
 楽屋や会場には懐かしいナイトクラビング系の友人たちが。


 その一人がホスーKについて、「大変でしょう、いちいち名前付けるの」と心配してくれる。

 「いや、まあ、その日の思いつきだからね」
 「でも、どれを通すかモメたりするでしょう?」
 「ん……? モメる……?」
 「だから会議とかで」
 「……会議? なんの?」
 「え?」
 「ん?」
 
 ということで、あだ名を付けたりしてるのは俺一人のまったくの思いつきだとは、友人は思っていなかったのである。
 考えてみりゃ、そうだ。
 勝手な企画を立ててる俺がおかしい。


 とはいえ、始めてしまったものは仕方ないのである。
 俺もやめる気さらさらないし。



 さて、「マダム」(キーボード)、「ジェリー・ビーンズ」(ギター)、「ゼブラ」(ベース)に続く今日のメンバーは……








 ボーカル……













 大也(ダイヤ)!




 どうぞよろしく!





2008/10/10

テーマ:


 相次ぐ株価暴落。
 こうして、20世紀の世界構造が終わっていく。
 アメリカ売りとか日本売りのレベルじゃない。
 これは世界売りだ。


 さて、ではありながら、今日もホスーK(俺モデルの歩数計。11/2にTANITAから発売)のメンバーを紹介しよう。

 
 マダム(キーボード)、ジェリー(ギター)に続いては、ON ベース!!


 


 
 やつのあだ名は……










 ゼブラと決定!!





 直接呼ぶときは「ゼブラさん」と「さん」付けでお願いします。




 明日くらいには、「ビルマ(ミャンマー)・サイクロン被災者救援チャリティ・コンサート」の情報をお届けします。
 こちらも是非チェック、よろしく。


2008/10/9

テーマ:


 この間、エゴラッピンのよっちゃんが家に遊びに来てくれた時、ファナ・モリーナ『セグンド』を置いていってくれて、以来その電子音楽バックのボサノバ風ボーカルを気に入っていたのだけれど、そのファナが11月にビルボードLIVEに来ると知り、さっそく予約。楽しみだ。




 さて、本日もホスーKメンバーを紹介するぜ。

 昨日の「マダム」(キーボード)に続いては、こいつ!!



 カモン、ギター!!!



 


 やつのあだなは……







 ジェリー・ビーンズ!!!
(略称ジェリー)


 どうぞよろしく!