強運を掴む【秘伝開運の132法則】を占い師青樹庵がズバリ大公開

30年のベテラン占い師が算命学、東洋占星術、九星学、風水、観相、手相、呪術で運気上昇お手伝い。


テーマ:
青樹庵です。

まえに適職と才能を無料鑑定しました。多くの方にお教えしましたが、今日ふと考えましたよ。

「あの適職と才能をどう使い分けているのかな?」
きちんと使い分けていないような気がしてきました。

適職も才能もあなたが持つ能力です。

能力にはちがいないんですが、使い方がちがいますですよ。

★適職とはね、ちょくせつ収入につながる能力です。金銭をともなうもの。

★才能とはね、収入にならない能力を云います。あなたの中に潜在している能力とせつめいすれば分かりやすいかな。

たとえば適職が「太陽」で才能が「鋼鉄」の人がいるとします。

この「太陽」という星は、
のんびりとしていて遊びが好きで、自分のやりたいことしかやらない趣味人的な質を持ちます。

慾がないからあくせく働くのをキライます。
しかしフシギと食べるのに困らないところがあります。

「鋼鉄」は前進力の星です。
じっとしていられない。
働かざる者は食うべからずと考える人です。

身体をつかって汗をながして生きる人。
白黒がはっきりしていて気が短い。

適職が「太陽」で才能が「鋼鉄」のあなたは
どんな生き方をしたら完全エネルギー燃焼できるのでしょうか。

対社会性はあくまで「太陽」なのです。
自分の好きな分野で趣味的に仕事をすれば長つづきしますし、その分野で成功します。

ただ欲がありませんから
人と競争してまで出世しようとは思いません。
「鋼鉄」的な仕事につくと苦しくなって辞めてしまうでしょう。

「鋼鉄」の働き者とは正反対ですね。
しかし才能ですから直に表には出てきません。

出てきませんが
「鋼鉄」の特徴である正義感がつよく気は短いが礼儀正しい人なのです。

性格として見れば
「太陽」的なものも
「鋼鉄」的なものも持っているのです。

外から見える性格は「太陽」ですが、
うちに有るものは「鋼鉄」です。
それが外に有る「太陽」を後押ししているのです。

仕事で通用するのは「適職」だけです。
そこをきっちりと分けて使ってくださいね。

もっと見る → 才能とは適職とは 

青樹でした。
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

【運の法則】でラクに開運:青樹庵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります