強運を掴む【秘伝開運の132法則】を占い師青樹庵がズバリ大公開

30年のベテラン占い師が算命学、東洋占星術、九星学、風水、観相、手相、呪術で運気上昇お手伝い。


テーマ:
こんにちは【運の法則】でラクに開運:青樹庵です。

先日、頭領運(とうりょううん) を (ずりょううん) と読んだ読者さんがいて、自分の思いこみに気付きました。

というか、(ずりょううん)という、思いがけない言葉のひびきがね、なんとも楽しくて思い出し笑いをしています。

運命の世界では、この「頭領運」という言葉は何気に使われるんですよ。
トップに立つ運 = 頭領運。

なので、なんの気もなく、ただ日常用語として書きました。

書けばわかる。だれでも知っているという思いこみ。
×ですね。専門用語は使わない、それが正解でした(汗)

運命学をやっていますと、漢字慣れしてしまうんですね。

そもそも中国からわたってきた学問ですから、漢字だらけなんです。わたしの弟子も、さいしょのカベは漢字に有るようですよ。

ときにはね、わたしでさえ読めないような、むずかしい熟語が出てきたりします。

ブログを書くときは、なるべく「ひらがな」を使うようにしてはいるのですが、

たとえば「運命」を「うんめい」「ウンメイ」と書いてもピンとこない。

漢字で「運命」がドンピシャだとおもうのですが、これも、わたしの思いこみかな(汗)

てなことを書きながら、読者さんからいいネタをもらったとヨロコンデいます。

なんでも記事にしてしまいます(笑)これからもよろしくお願いいたします。

はい、今日は16日生まれです。


★ 16日生まれ → 少しとくべつです。

生まれる日によって、平凡な人生になる人も、独特な人生になる人も居るということです。

だからって、どっちが良いとか悪いとか考えないでくださいね。

人によって思いはさまざま、ふつうの人と結ばれてふつうに子育てをして、ふつうに暮らすというもの人生ですし、

一度きりなら、おおいに活躍してドラマチックな人生を進む。これもまた人生。

平凡か、そうでないか、途中ではなかなか気付かないものです。

人間の一生って、うまく出来ていて、終わりに近づいても、とくべつなコト以外は忘れているんですよね。

げんざい置かれている自分を見て、平凡だったとかドラマチックだったとか思うわけです。

寄り道をしましたが、つまり16日に生まれた人は、ややふつうではない。

どうなるかと云いますと、
霊感を持っているので、神秘的なことに興味を持ちます。

これを1つの才能として見れば、あまり現実的な仕事は向きませんね。

目に見えない世界で実力が出る。目に見えない世界って何かな。

なにかを生み出す、作り出す。ひらめくことで活躍できる。芸術方面がいいです。

大きな花を咲かせて後世に名を残すことも夢ではありません。

女性なら、もちろん主婦、母親もいいですよ。


もっと見る → 同じ生年月日に生まれても考え方がちがうわけ 

青樹でした。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

【運の法則】でラクに開運:青樹庵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります