2011年02月10日(木) 21時30分00秒

生活介護の人員配置について

テーマ:自立支援
生活介護の人員配置について

こんばんは☆

笑顔を力の源にしている箱田です。

梅田のマクドでハンバーガーとコーラを食べようとしたら・・・・
$知的障害者支援員:箱田成司のブログ-110209_181103.jpg
入ったマクドがカフェ専用マクドでコーヒーとソフトクリームしか売ってませんでした(T_T)


さて、本日は

生活介護について

生活介護の報酬単価について

に引き続き、

生活介護事業の人員配置の基準について記載したいと思います。

生活介護は平均区分と人数から計算をするみたいなので、計算方法が(1)~(3)になります。

(1) 平均障害程度区分が四未満 利用者の数を六で除した数以上

(2) 平均障害程度区分が四以上五未満 利用者の数を五で除した数以上

(3) 平均障害程度区分が五以上 利用者の数を三で除した数以上


ではでは、定員40名

区分4以下の人が10名

区分4~5の人が30名

区分6の人が10名


とすれば、

10÷6=1.6666  10人に対して約2名
30÷5=6     30名に対して6名
10÷3=3.333   10名に対して約3名

合計約11名の職員が必要という事になります。

(職員数の計算方法資料↓)
障害者自立支援法に基づく指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に関する基準

ややこしい計算をしましたが、結局、

区分4以下の方が   6:1
区分4~5の方が  5:1
区分6の方が   4:1


という計算になります。

この人員配置基準は多いのやら・・・・。

少ないのやら・・・・。

どちらなんでしょうね?
AD

コメント

[コメントをする]

1 ■はじめまして^^

読者登録、有難う御座います('-^*)/
あまり更新しませんが、何時でも覗いて下さいね。

2 ■じぇんじぇん

少ないっ!


区分6の方の場合、ほぼマンツーだと思うんだけど
場合によっては、利用者1人に職員が2人いないとできない介助や支援だってあるのに(怒)


だからみんなへばるのに(泣)

3 ■Re:はじめまして^^

>しまさん

こんばんは☆

コメントありがとうございますm(__)m

こちらこそよろしくお願いします(^O^)/

4 ■Re:じぇんじぇん

>みをさん

区分6にはマンツーの配置基準にしてほしいですよね!てか、「人員配置でそれを定めろよ!」
と、思います(;一_一)

国が定めた人員配置が最低基準であり、それが、施設側からすると最高基準になってしまうんですよね(>_<)

悲しい現実です(T_T)

5 ■無題

少ないと思います。
しかし多くするには税収が足りません。
ケア施設のスタッフの給料は薄給ですから、
改善の余地は多分にあります。
しかし税収がありません。
何故かというと、これらの職業の方を厚遇にしても景気刺激にはつながらないからです。
ですから、ケア施設のスタッフ等の報酬を引き上げることが即景気対策につながるという絵が描ければ国が動きます。
難しい問題ですよねww

6 ■無題

税収がないのではなく、遣い道の問題かと思います。


施設って金溜め込んでるとか、家族に負担してもらえばいいとか、古臭い考えが今でも思われてる。


場合によっては、命を預かることもあるくらい、重い仕事だとわからない限り変わらない。


それをケアするスタッフがどのくらい神経をすり減らしてるか、現場にいない人には現実的には受け止められないことが多いよ。残念だね。

7 ■Re:無題

>尾藤克之さん

こんにちは。

貴重なコメントありがとうございますm(__)m

ほんとうに、現場で働くスタッフの給料の低さには悲しくなりますね(>_<)
でも日本全体を見る「福祉だけ。」という風にはいかないのは難しいですね。
個人的な意見ですが、報酬単価に関しては、障がい分野は多い方かと思います。
やはり、経営のやり方にも問題があるような気がする今日この頃です。

8 ■Re:無題

>みをさん

児童、障がい、高齢この三福祉はすべて、人の人生そのものを預かる仕事だと思っています。

書類だけで物事を考えている人に、その重さはわからへんし、制度を決められるのは悲しいですね(T_T)

しかし、総合福祉法は当事者も入って考えられているとの事なので、少しは期待しています。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード