高齢者住宅コンサルのブログ♪

地主様、家主様、建築・不動産会社様、医療・介護会社様 必読!
高齢者住宅での遊休地活用、ローコスト建築、医療・介護との連帯、
満室経営を実現させるためのノウハウ等をお送りさせていただきます。


テーマ:

本日は障がい者グループホームの内覧会でした。

 

 

正直に申しますと、

初めて内覧会を企画させて頂き、

初めて当日の運営サポートをさせていただきました。

 

初めて・・・。

 

もちろん、

お客様にも正直にお伝えしております。

 

お仕事ですから、

お金も頂戴しております。

 

しっかりとプロの立ち位置です。

 

でも初めての経験でした。

 

ここに至った経緯は色々あったのですが、

貴重な経験をさせていただきました。

 

感謝です。

 

 

時間を3回に分けて内覧会を実施しました。

 

 

今回は専門職、

つまり相談支援員さんを誘引しました。

 

40名程のご参加をいただきました。

 

その内、4組は親子で見学にいらっしゃいました。

相談支援員さんが連れて来てくれたのです。

 

私は初めて、

障がいをもった親子を目の前で見た気がします。

 

ここからは表現が正しくないかもしれませんので、

ご了承いただきたいのですが。

 

まず自分に言い聞かせたのは、

「かわいそう」という目で見ないように。

 

「ふつう」を装おう。

 

ローコストオペレーションだったので、

私も「ふつう」にご案内をさせていただきました。

 

接客ですね。

 

色々とお話も伺いました。

 

何となく気持ちが入ってしまう。

 

「かわいそう」ではありません。

 

何かしてあげたい・・・。

 

自閉症の方は、

がんばって笑顔を見せてくれた気がしました。

 

お部屋を気に入ってくれましたが、

親元を離れる不安も口にしていました。

 

また別の方は、

「日曜日には帰っていい?」と親御さんに確認していました。

 

もう一人の方は、

「家までの電車がわからない」と不安そう言っていました。

 

同じを子を持つ親としては、

ちょっと泣けてしまいました。

 

 

障がいがあっても、

親の役目は子供の自立です。

 

親子の会話を聞きながら、

色々考えることが多く、

感情移入してしまいました。

 

私にこの仕事には向いていないようです。

 

 

専門職の方とも結構をお話をさせていただきました。

 

わかったことは、

障がい者グループホームは、

建てればすぐに入居者が来るということです。

 

ただし・・・。

 

ただし、

選ばなければという条件がつきます。

 

①基本はシェアハウスと同じ発想ですから、

入居者同士の相性を加味する必要があります。

 

②グループホームは、

基本は朝と夕のサービスですから、

きちんと日中活動ができる方に限られます。

 

③ある程度の自立度の高い方が対象になります。

 

グループホームを探していて、

断られる方はどこに行っても断られるのが現状のようですね。

 

そこは何とかしてあげたいところですが、

福祉に寄り過ぎても難しい。

 

我々の課題です。

 

来年の制度改正で、

障がい者の住まいがもっともっと求められます。

 

本日は現場を知って、

きれいごとじゃない実情もわかって、

大変有意義な1日でした。

 

6月9日(金)は、

高齢者・障がい者住宅 土地活用研究会です。

 

会員の皆様にも共有したいと思いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

中国・大連に来ています。

 

と、その前に久々のブログ更新です。

 

しかも久々にログインして見てビックリ。

 

新しい読者様、

新しいメッセージ、

新しいコメント・・・何ヶ月も無視していました。

 

大変申し訳ございませんでした。

 

このあと、

ゆっくりコメントさせていただきます。

 

さて、大連は6年振りです。

 

忘れもしない東日本大震災の時以来です。

TVニュースをこっちで見て驚愕した思い出が蘇ってきます。

 

電話も通じず、

とても心配しました。

 

あれから6年ですね。

 

大連も変わりました。

 

古くは北京オリンピック、

上海万博等を通して、

中国国内だけではなく、

諸外国を意識した市民感覚の国際化が進んだのでしょうか。

 

街がきれいになっていたのが印象的でした。

 

日本では当たり前の清掃車や

清掃員が道路や公園を清掃しています。

 

緑もきれいに整備されていました。

 

 

6年前にはあまり印象になかったように思います。

 

汚い国よりもきれいな国の方が発展します。

 

中国も十分発展していますが、

更なる発展を予感させました。

 

地下鉄も乗りましたが、

きちんと並んでいましたね。

 

ただ車事情はまだまだぐちゃぐちゃでした。

 

 

今回大連に来たのは、

外国人技能実習制度の介護分野への解禁にともなって、

中国東北地方の介護人財や学校等を視察に来ました。

 

 

技能実習生は、

中国人に限ったものではありません。

 

東南アジアはじめ、

各国でも色々な動きが出ています。

 

なぜ今回、

中国、それも大連を中心とした東北地方なのか。

 

今回の制度のポイントは、

①女性の海外進出

②それも中高年の進出

③逃げないこと

 

だと思っています。

 

今回での制度では、

東南アジアの国々に注目が集まっています。

 

中国に比べて人件費もまだ安いし、

日本で同じ給与をもらえるとすれば、

人件費の安い国の方が仕送りも多く送れます。

 

また国としても若く、

働き盛りの人がたくさんいるのも事実です。

 

しかしこんなデータがあります。

 

外国人技能実習制度で来た外国人の内、

ここ5年以内で失踪してしまった人が1万人を超える・・・。

 

まあまあいなくなってしまうんですね。

 

若い外国人は逆に辛い(?)労働に耐えられないのかもしれません。

 

また国内の外国人ネットワークにより、

より甘い蜜の方に流れてしまうのかもしれません。

 

もちろん、若い外国人がみんなそうとは言いません。

 

ただ、ビザの問題もありますが、

ある程度の落ち着いた年齢の方で、

特に家族を国に残していたり、

へたな誘惑に負けない意思を持っている人・・・。

 

①30~50歳位までの女性で、

②家族を持ち、

③5年間の勤務に耐えうる意識の高い方

 

が選考基準になるのではないでしょうか。

 

もちろんN4以上が前提で、

できたらN2、N1は理想ですが、

「逃げないこと」という要素も

面接では見抜かないといけないのではないでしょうか。

 

そう考えると、

今回の大連視察で、

特に東北部の田舎の方は理想的だと言えますね。

 

8人の中国人と面接しましたが、

選考基準をクリアしている方が2~3名はいましたね。

 

労働生産人口が減っている日本にあって、

外国人を「使う」のではなく、

「お手伝いいただく」という受入れ側の姿勢も大事ですよね。

 

何と言っても信頼関係よりも強いものはありませんからね。

 

 

おいしいものもいただきました。

 

 

なぜかさくらんぼ狩りもしましたね。

 

 

素敵な佇まいの農家でした。

 

 

↑鍵穴から見た感じです。

 

一応、仕事でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年も終わりですね。

 

今年はどんな年だったか。

 

私は年末に1人で洗車しながら振り返るつもりです。

(洗車は年1回と決めています・・・。)

 

結構頑張ったかな。

 

いや、もっとやれたはず。

 

満足沸点の高い私は、

自己満足するのが苦手です。

 

今年以上に来年も。

 

毎年、前年以上に頑張っていたい。

 

かと言って、

上昇志向があるわけでもない。

 

面倒な話なのでここで終わりにしておきます。

 

 

さて、ブログ更新が1年振りです。

 

ひどいですね。

 

今年の最初の反省です。

 

なぜ復活させたか。

 

実は会社からの閉鎖勧告が出たからです(笑)。

 

それはマズイ。

 

ただメルマガも毎週更新しているし、

そこまで情報も・・・。

 

でも閉鎖も悲しいし。

 

ということで、

また今日から不定期発行いたします。

 

このブログは高齢者住宅の情報メインで始めました。

 

時を経て、

高齢者のみならず、

障がい者、広義の土地活用事業にまで広がりました。

 

また有益な情報提供ができるよう、

来年以降もがんばります。

 

もしかしたら鈴木家ネタも多いかもしれません。

 

本日まで4日間、

家族で沖縄に来ていました。

 

毎年の恒例行事で、

家族も新鮮さを感じてくれません。

 

今年は、

美ら海水族館も行きませんでしたし、

ソーキそばも食べていません。

 

今年は普通のことはしない。

 

なので、

子供たち3人連れて釣りをしました。

娘はもちろん初めてです。

 

まあまあサマになっています。

 

長男は飽きるのが早かったですね。

 

でも慣れるのも早かった。

 

次男はお笑い担当です。

 

蟹を釣ろうと頑張っていました。

 

旅行は観光も良いですが、

体験ものも盛り上がりますね。

 

釣れても釣れなくても会話が生まれるし、

それぞれの性格もわかるし、

楽しいですね。

 

ということで、

来年は土地活用の最新コンサルティング事例をご紹介できればと思います。

 

お世話になりました。

 

東京に戻って

2日仕事して冬休みに入ります。

 

年内に更新できるかどうかわかりませんので、

ここでご挨拶をさせていただきます。

 

本年も大変お世話になりました。

 

来年も引き続き、

よろしくお願い申し上げます。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
建築会社ですが、
障害福祉事業に取り組む意思を固めた会社があります。

理由その1
すぐに一番になれるから。

商圏内であれば、
100室程度のグループホームを運営できたらトップになります。 
 
たった100室と思うかもしれませんが、
それ以下でも行けるかもしれません。
  
まだまだそれくらいの市場なのです。

それなので、
小さな民間の障害福祉の会社や社会福祉法人も
ある意味では敵ではありません。

もちろん運営におけるハードルはあります。

理由その2
近親者に障害を持った人がいる。
 
これは研究会のメンバーを見ても言えます。
 
同じ福祉という括りでも、
高齢者には無反応ですが、
障害者にはもの凄い反応を示す社長がいます。
 
おそらく身内の苦労を見ているからこそ、
何とかしようという社会的意識が働くのでしょう。

理由その3
障害者の就労の仕組みを確立したから。

同県の経営者で、
サ高住で東北から関東までドミナント戦略で、
進出した会社が障害者雇用を快諾してくれたのです。


本日の会社は、
コンサル契約が始まって、
すぐに複合型の障害者施設を受注してくれました。

来春、引渡しです。

そこの経営・運営を見させてもらってから、
いよいよ障害福祉事業に参入します。

言うほど簡単ではありません。

苦労も失敗もあるかもしれません。

しかし手綱を引くことを許さないくらいの本気度を
社長には感じます。

来年からは、
新卒の下枝さんがチームに合流してくれます。

ローテ期間中から、
こちらの会社に同行してくれていました。

今月からその同行が復活します。

こちらも戦闘モード全開、
本気を出す番です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日は1日会議の日


細かな打ち合わせも含めると、

結構な数の確認や承認、

ジャッジや決め事をしたかと思います。


また明後日は高齢者住宅研究会の総会があるため、

これまた色々な準備等の打ち合わせをしました。


最近よくあるのが、

こうした打ち合わせにおいて、

決まったことと全く違うことを

1人で勝手に進める人がいます。


「いやいや打ち合わせと違うじゃん」


100歩譲って、

伝わってなかったのかもしれません。


とまれば、

こちらにも非はあります。


「ごめんよ。」


いやでも、

ちゃんと確認して納得もしたはず・・・。


「テキトーに返事をしたのか?」


と疑いをかけられかねません。


わからなければ、

きちんと確認するクセをつけてほしいものです。


わからないものはわからない。


それは仕方ありません。


何となくこうだろうな~できちんとハマル人も確かにいます。


そうではなく、

やっぱりチンプンカンプンな人も世の中にはいます。


自身が後者だと認識したのなら、

納得がいくまで確認しないといけません。


「あの打ち合わせは何だったんだ~」

ということになってしまうからです。


マイペースなのか、

理解が弱いのか、

何も考えていないのか、

プライドが邪魔しているのか。


相手の時間を奪うことは

最も思いやりのない行為だと思います。


私自身もそうなっていないよう

セルフチェックをしつつ・・・、自戒を込めて。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。