皆様 2006年は 有難うございました。


2006年は 自分なりに背伸びをして仕入れてを

してきたつもりだったのですが

実際に あまり変わらないと言うか 

中途半端な仕入れをしているような気がしました。


自分では気が付かなかったのですが

親方などに言われて気が付きました。


2007年は もう一度 初心に戻って

初めて改作を楽しんだ事を思い出し

皆様に 楽しんでもらえる 

盆栽を仕入れる 頑張ります。


2007年も 正芳園 正芳園のホームページを

よろしくお願いします。


AD

盆栽を片付けている時に

テーマ:

帰る前に店の前に出ている盆栽を片付けている時

白い物が・・・ ハッΣ(゜ロ゜〃)

なんだこれわ??? と思い事務所の中へ持って行きました。


看板の一部



店の前に出してある盆栽の片付けが終わり

これは 何かを考える事に・・・( ̄-  ̄ ) ンー???


考えているうちに・・・Σ(゚∀゚ )(もしかして・・・)

店の看板のところに行き・・・



看板2


ん~~~?

もう少し近づいて見てみると



看板1


ハッΣ(゜ロ゜〃)・・・ ない ない ないーーーー

看板の「ぼ」の上に打ち付けてあった木の板がない 

( T∀T )ないよ~~~(TロT)


もしかして・・・


看板の一部


板の打ち付けてあったところが腐っている~~~( TДT)


(この 看板は友達に「ぼ・ん・さ・い」と型をパソコンで作ってもらって

 2005年の8月のお盆の時に 一生懸命色を塗って作ったのに・・・(TДT) 

 これは ないよ~~)


もう 落ち込んでも仕方がない 来年 新規一転 新しい看板を

つくるぞ(^o^)/


でも どのようなデザインにしようか分かりません 

どうしよ~~~



AD

盆栽の草引きをしていて

テーマ:

先日のお話です。

親方が休みの出来事です。


僕が 盆栽を何鉢か持って 店の中で草引きをしていたら

山ちゃんが来てくれました。


山ちゃん

「草引きかぁ~

 草引きと言えば この前植木の剪定行った時に 草がいっぱい生えていて 仕事にならんかっわ( ̄^ ̄)(怒)」

「それは 大変ですね

 うちの盆栽も草引きしないと どのような盆栽か分からないでしょう」

山ちゃん

「そうやね]

 Σ('0'*)ハッ! と山ちゃんが 何か盆栽を見つけて

山ちゃん

「これいいな~ぁ この盆栽を頂くわ」

「それでは 草を引いて写真をとりますわ」

山ちゃん

草は 取ったら ダメーーー

「Σ ゚~(Д゚~lll) えっ え~~~~~っ

 なぜ? なぜ? なぜ?」

山ちゃん

「盆栽の草を引くのも楽しみな一つやんか  僕の楽しみを

取らんといて( ̄^ ̄)(怒)」

「今先 仕事の草引きの事で怒っていませんでした?」

山ちゃん

「怒っていたけど 仕事と趣味の草引きを一緒にしたらあかんで(怒)」

「すみません」

山ちゃん

「分かればよろしい(^▽^ )」


うーーーん

なんだか 複雑な感じですねぇ

でも 木の為には草引きをしっかりしないとダメなので

しっかりと 草を引いてスッキリしました。

これで お正月も 迎えそうだ (^_^)v

AD

12月11日の作業(真柏)

テーマ:

真柏1


この真柏は12月12日に整形をしました。

前から 作りたいと思って いたのですが・・・

この種木は 本当に苦手で なかなか手がつけられませんでした。

でも 今回は勇気を出して挑戦・・・ がんばるぞーーー(^o^)/




真柏2 真柏3


まず はじめに正面を決めたいのですが・・・

( ̄ヘ ̄)ウーン どちらを正面したら 良いか参ったなぁ~??

親方も僕も真柏が・・・なので

真柏の上手なお客様の教えてもらった事を思い出し


まずは 木ってある枝をジンにして ジンから少しずつ幹を削って シャリに


真柏4 真柏5


うーーん ここまでやったんだけど 何か物足りないぁ~~と思い

もう少し 真柏の幹を削って もう少し模様をつける事にしました。


それから 幹を削って さぁ 正面をそろそろ決めないと

( ̄ヘ ̄)ウーン いろんな角度から見て


真柏7


そうだ ここからの 足元がなんか 迫力が出そうやし

幹の流れがよさそうなので 正面をここにしました。


それから いらない枝を切ってジンにて

太い枝を 針金を沿わせて それから ラフィアをまいて

このようにしました。


真柏8


それから さらに 枝を切って 最終的には このような形に・・・


真柏9


吹流しになっちゃいました。


今回 こういう種木をやって 勉強になりました。

シャリやジンの彫刻 幹曲げの技術 整形の技術

など いろいろ 勉強になりました。

でも もし他の方が同じ種木をしたら 違う樹形になっていたかもしれませんね

それだけ 真柏の面白さがあるってことですね。


五葉松(苗木)の整形

テーマ:

今日は 苗木の五葉松に挑戦しようと思ってこのようなネタ木を持ってきました。

(前から 苗木はどうも苦手で失敗ばかりで・・・今度こそ成功させるぞぉーーー(^O^)/)

五葉松2

まずはじめに このような状態じゃ良く分からないので

五葉松の古い葉を取ってから正面を決めることに・・・



五葉松3 五葉松4


うーーん( ̄ヘ ̄)ウーン

上を正面にするべきか 下を正面にするべきか 迷ってしまいました・・・


それから・・・迷うこと 10分

上にすると長い枝が気になってしまい 結局 下の写真を正面にしようと思い針金を掛け始めました。


五葉松5 五葉松6


それから針金を掛けているうちに中の枝を指で押さえているところを切るべきか

切らないべきかまた悩んでしまいました。

うーーーん( ̄ヘ ̄)ウーン

またまた 悩むこと5分

やっぱり この枝が多いと思い切ることに

それから 問題の枝を切ることによりわだかまりが取れて

るんるんと針金を掛けていきました。


あとは 上の針金を掛けて完成

五葉松7

今回は 枝を掛けただけなんですが・・・ 

苗木の面白さは幹を曲げたり出来るのでいろんな形が出来ることだと思います。

(そのぶんセンスがいるんだが・・・)

そこが 苗木の面白いところだと僕は思います。

興味があったら是非チャレンジして下さいね。