赤松の整形(文人木)

テーマ:
赤松1 赤松2

今日 親方とこの枝を要るか 要らないで 20~30分何回も

白い紙で隠したり はずしたりして何回も見比べて

( ̄ヘ ̄)ウーン




赤松3


結局 この一の枝を外す事になり のこぎりで ギコギコと切り落としました。

(最初は下にある後ろの枝をきる予定だったのだが・・・

 切ったら 寂しくなると思いとりあえず残す事にしました。)

それから 親方が用事があって家に帰ったので

一人で 楽しい針金掛けをする事にO(≧▽≦)O ウシッシッシィーー

赤松4


まず 下の後ろ枝を残したまま 向かって右の枝から針金をかける事に

針金を掛け終わったのですが まだ後ろの枝を切るか分かりません



赤松5


それから 向かって左の枝を掛けました。

掛け終わって 掛けた針金の太さが小さかったので 銅線で引っ張る事に

左の空間が少し寂しいと思ったので 少し枝を減らして針金を掛ける事にしました。


それから 下の後ろ枝を掛けて わだかまりが取れたので

3の枝 4の枝 後ろ枝を楽しんで針金を掛けて行きました。

それから 一番上の掛け方に悩みながら 何とか形が完成しました。


赤松7


今回の赤松は楽しんで針金が出来ました。(あーーーたのしかった(^^)v)


AD

盆栽展の準備

テーマ:

展示会の準備 4


昨日 (社)全日本盆栽協会奈良支部の展示会の準備に行ってきました。


この机を並べていくのですが・・・

この机がやっかいで 足から作っていかなければなりません

まず 土台となる 足を作っていき その上に机を乗せていきます。

それから その出来た机を並べて行くのですが

それが 机の大きさが2獣類あって 大きいな机と 小さい机を

交互に並べて それから その上に コンパネを上に乗せて

机の幅の大きさをそろえていきました。

このような状態になりました。

 

展示会の準備 1



それから 台にはる 幕を張る作業です。

最初に 足とを隠すように 水色の垂れ幕を手伝いました。

この作業は お客様に見える場所って言う事で

垂れた位置を見てもらいながら ゆっくりやっていきました。

(僕は 垂れ幕を落ちないように 抑えていただけなんだけどね・・・)

それが 終われば コンパネを隠すように 紺色の幕を上に張って

飾る台は完成しました。


展示会の準備 3


それから 奈良の支部員さんの盆栽を並べて 準備終了しました。


盆栽の写真は撮りませんでした。

気になる方や興味のある方は是非見に行ってください。

宜しくお願いします。



(社)全日本盆栽協会奈良支部

日時 11月24日(金)~11月26日(日)
   午前9時~午後5時

会場 郡山城ホール
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=34.38.55.460&lon=135.47.07.058&p=%B7%B4%BB%B3%BE%EB%A5%DB%A1%BC%A5%EB&lnm=%A4%E4%A4%DE%A4%C8%B7%B4%BB%B3%BE%EB%A5%DB%A1%BC%A5%EB&idx=9

入場料 無料
駐車場 2時間まで無料
    2時間超えると 500円

AD

お客様のジンの作り方(梅)

テーマ:

梅のジン


今日 前に買って頂いた梅を持って来てれました。


いつものように この枝を切ったとか 

この枝を下げたらもっと良くなると思うよ

と話をしてくれていました。


その中でも 梅のジンに注目しました。

お客様は 

「この梅のジンはどうやって作ったと思う?」仰いました。

「・・・ 分かりません 梅ってジンが硬いから どうやったら出来るか

 まったく分かりません」

お客様

「実はな 梅は硬いから ジンの上に水苔を乗せて3ヶ月ほど

 ほっといたら 前にあったジンが腐って 

 それを 尖った針とワイヤーブラシでこすったらこうなってんや

 本当は 畑の土が良いらしいけど なかなかうまく土を乗せられ 

 ないから 水苔でやったら こうなってんや」

「えーーーーっ 思いもつきませんでした」

お客様 

「水苔って 水持ちが良いし 腐らすのは持って来いやから

 一度やってみたら?」


僕は お客様の意見に納得しました。

「確かに 山の木のジンって 腐って風化して味が出てるんだもんね」


最後にお客様は

「若い木や 柔らかい木などはやめた方がいいで 

 あくまでも ジンが硬い場合にしておきや」

と言って帰って行きました。


本当だね これを 実行するときは よく考えてからやった方が

いいと 思います。(あくまでも 自己責任でやってくださいね)

AD

今日 僕は仕入れに行って来ました。

中でこの黒松が気にいって買ってきました。

でも 帰ってきて 親方との答えが分かれました。



黒松2


僕は親方にこの上の写真のように作ろうと思い買ってきました。

「幹がちょうどいい感じに曲がっていて 一番上の曲がりの面白さが

 目だって 面白いな~」と親方に言ったのだが・・・


親方が 

「この幹も面白いけど この方が面白いで」


黒松1

親方

「こちらの方が あまり見たことない樹形やから 変わった方がいいな~

 幹の流れが面白く 枝で幹を見え隠れしていて 一番上の曲がりは

 こちらの方が面白いと思うよ」と意見が分かれました。


( ̄ヘ ̄)ウーン  どちらから作ったほうが良いか考えてしまいました。・・・