2017年5月25日(木)

「メジュゴリエ」で出現されている「聖母マリア」から、

世界に向けて伝えられた「マンスリー・メッセージ」です。

 

 ☆ ☆ ☆

 

いとしい子たちよ。

神様は、私が改めてあなたたちに回心を呼びかけることを許してくださいました。

 

かわいい子たちよ、あなたたちの心をすべての皆さんが招かれている恩寵に対して開いてください。

皆さんは平和の証し人であり、この平和のない世界における愛であってください。

 

あなたたちのこの地上での人生は過ぎ去っていきます。

祈りを通して、あなたたちが天国や天国の物事を切望し、あなたたちの心がすべての物事を、それまでとは違って見えるように祈ってください。

 

あなたたちは一人ではありません。

私はあなたと共にいて、私の御子イエスの御前で皆さんを取りなしています。

私の呼びかけに応えてくれてありがとう。

 

 

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

[解説]

 

今月の大切なポイントは、下記のメッセージにあるように思われます。

 

あなたたちのこの地上での人生は過ぎ去っていきます。

祈りを通して、あなたたちが天国や天国の物事を切望し、あなたたちの心がすべての物事を、それまでとは違って見えるように祈ってください。

 

つまり、地上での物事はすべて過ぎ去っていくものなので、それにとらわれることなく、視線をより高い天国や天国の物事に向けて求めていき、天国の次元からこの世の物事を見つめ、とらえていく時、地上での出来事なども、これまでとは違って見えるようになる、ということであるように思われます。 そして、そのことを祈りを通して理解していくように求められているのです。

 

 ☆ ☆ ☆

 

「聖母マリアの秘密」のHP: http://seibomaria.com

 

 

このマリア様の写真はメジュゴリエの聖ヤコブ教会の公式の「絵葉書」(2)です。

私(菊谷)が現地で撮った写真ですが、教会の絵葉書になりました。
(その経緯は「聖母マリアの秘密」のP420~421に記されています。)

 

 ☆ ☆ ☆

 

メジュゴリエの聖母マリアからの「マンスリー・メッセージ」はHPでも読んで頂けます。

 

 

 

 

 

 

AD

2017年5月27日(土)

「アンマ来日プログラム」が終わった翌日、鎌倉江ので祀られている弁財天様にお参りしました。

 

マリア様と神々様の菊谷です!」と言う時の神々様の中には、もちろん 「弁財天様」が入っています。 弁財天(サラスワティ)様抜きでは、『聖母マリアの秘密』の物語はありません。 それほど、私にとっては大切な神様です。

 

鎌倉では、「銭洗弁財天宇賀福神社」に参拝しました。

 

 

その時、美しい「龍神雲」が現れました。 

弁財天様と龍神様は切っても切れません。

 

 

 

 

 

 

 ☆ ☆ ☆

 

午後、江の島の「弁財天様」に移動しました。

島に渡る橋の上からは、くっきりと「富士山」が見えました。

手前には「龍神様」のような雲も・・・。

 

 

力強い江の島弁財天様にお参りします。

 

 

すると、龍神様がご出現。

 

 

さらに別の龍神様も・・・。

 

 

次には、子龍のようなかわいい龍神様も・・・。

 


さらには天女様(天使様)の舞いの姿も・・・。

 

 

最後に、龍神様をお祀りする 「竜宮」 で 感謝のお祈りを捧げました。

 

 

夕刻になると、美しい夕陽が海を染めていました。

         

        「江の島から眺めた夕陽」

 

弁財天様と龍神様と一緒に過ごした、素晴らしい一日でした。

皆様に、自然の神々様からの豊かな祝福がありますように。

 

 ☆ ☆ ☆

 

『聖母マリアの秘密』 のHP: http://seibomaria.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

2017年5月26日(金)午前6時頃、4日間にわたって行なわれた「アンマ来日プログラム」が終わりました。

アンマと共に、セヴァ(奉仕)で「アンマ来日プログラム」を支えて下さった皆様、ご協力下さった皆様、本当にお疲れ様でした。 そして、有り難うございました。

 

 ☆ ☆ ☆

 

渋谷の会場を後にすると、「麻賀多神社」と「天之日津久神社」に参拝するため、成田市に向かいました。

 

どういうわけか「日月神示」を降ろされた神様と、「ルルドのマリア様」、そして「ファティマのマリア様」がつながっておられるので、ご挨拶をする流れとなりました。 

龍神様のお導きなのか、雨が降りしきるなかでの参拝となりました。


これから「聖母マリアの秘密」と「日月神示」がどのようなつながりをみせて物事が展開していくのか、見守っていきたいと思います。



            「天之日津久神社」

 

 ☆ ☆ ☆

 

続いて、四谷に移動し、「須賀神社」を訪れました。

映画「君の名は?」の最後のシーンに使われた場所ということもあり、流れのなかでお参りすることになりました。

 

境内に入り、御祭神を見ると、主祭神はなんと 「建速須佐之男命」 でした。 またしても・・・。

天神は、これらの出来事を通して、大きな流れを見、感じるように、私たちを導いておられるように思われます。 (そのことについて、「お話会」などでお伝えしています。)

 

どうぞ、良いタイミングで見えない世界からの大切なメッセージに心を向けて頂ければと思います。

 

インドの聖者アンマが、『聖母マリアの秘密』にこれほどまでの祝福を繰り返し与えて下さっているのには、大きな意味があるように感じられるのです。

 

            「須賀神社」

 

 

「君の名は?・・・」

「マリアさまと神々さまの菊谷です!」

 ☆ ☆ ☆

 

『聖母マリアの秘密』 のHP: http://seibomaria.com

 

 

AD